ALLアプローチ協会

なぜ、背中の痛みが内臓治療で改善するのか?

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

今回は、

「なぜ、背中の痛みが内臓治療で改善するのか?」

というテーマでお話していきます。

「背中の痛み」

に対して、

あなたはどのような治療を行っていますか?

 

元々は、

頚椎症や五十肩、脊柱管狭窄症などで、

頸部痛や腰痛、肩の痛みがあって来られる方で、

だんだんと痛みが改善してくると、

今度は、

「背中が痛いです。」

「肩甲骨と肩甲骨の間のところが痺れて…。」

「背中が最近重だるい感じがして…。」

と訴え始める患者さんっていませんか?

 

正直、

昔の私は、

原因が良く分からず、

なかなか症状を改善させることができなくて、

悔しい思いを良くしていました。

皆さんもそういった経験ってありませんか?

 

たしかに、

脊柱起立筋や菱形筋が硬くなっているから、

ストレッチやマッサージを行ってみるが、

全く改善しない…。

脊柱の治療など行ってみても、

その場はいいが、すぐ戻ってしまう。

そんな経験をして悩まれているセラピストも多いかと思います。

 

今回は、

そんなやっかいでいまいち原因が良く分からない、

「胸背部痛」

に対する治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

いきなり結論から言いますが、

「内臓治療」

によって、

この背部痛が改善するケースが非常に多いです。

 

ではなぜ、内臓治療によって背中の痛みが改善するのか?

について詳しく解説していきますね!

 

【内臓と背部痛の関係】

背中の痛みや痺れ、重量感を訴える方の特徴として、

「胸椎後弯」「円背姿勢」

俗に言う、

「猫背」

になっている方が多いです。

現代人は、

デスクワーク中心の仕事をされている方が多いので、

猫背になっている方は多いですが、

その影響で、

菱形筋や脊柱起立筋、僧帽筋などが、

ばっつばっつに張っている方がほとんどです。

だからと言って、

背中の筋肉を緩めたり、

脊柱の矯正を行ったところで、

ほとんど改善しないのが実情です。

 

ここで一つ視点を変えていただきたいのですが、

円背によって背部の筋が伸びて張っているということは、

腹側はどうなっているだろうか?

短縮して固まっている傾向にあります。

こことで特に重要になってくる筋が、

「横隔膜」

になります。

だいたいの方が、

横隔膜が短縮して、

腹部がつぶれている状態かと思います。

つまり、

腹部の筋筋膜の短縮が原因で、

背部が伸張されて痛みや痺れなどを生じている。

という可能性もあるということです。

 

さらに一歩踏み込んでいくと、

「なぜ横隔膜が短縮してしまっているのか?」

について考えていきます。

ここで出てくるのが、

「内臓」

とのつながりです。

 

横隔膜は、

あらゆる内臓と膜で繋がっています。

特に主要なのが、

「肝臓」

です。

肝臓を覆うような形で横隔膜が位置しており、

肝臓と横隔膜は膜で繋がっています。

他には、

「心臓」

もそうです。

心臓を覆っている

心膜は、

アナトミー・トレインで紹介されている筋膜ラインの、

「ディープ・フロント・ライン(DFL)

に含まれており、

横隔膜と筋膜のつながりがあります。

他にも、

胃、膵臓、脾臓、大腸、肺など、

たくさんの内臓の影響から、

横隔膜の硬さを作るのです。

 

なので、

内臓治療を行うことで、

横隔膜の柔軟性が生まれ、

腹部の伸張性や胸郭の柔軟性向上によって、

胸椎後弯、円背姿勢、猫背の改善がみられ、

結果として、

背中の痛みや痺れの改善に繋がるケースが、

非常に多いです。

 

【特に原因となりやすい内臓ベスト3】

第1位 肝臓

横隔膜と接ししている面積がダントツに大きいので、

影響を及ぼしやすい内臓の代表格です。

まず診ておくべき臓器だと言えます。

 

第2位 胃

胃と肝臓が「小網」という膜で繋がっている事と、

胃自体が横隔膜の停止部に癒着しやすいため、

横隔膜の硬さの原因となっていることが多いです。

診ておきましょう!

 

第3位 心臓

DFLのつながりもあるが、

「胸骨」の動きが心臓のせいで制限されることがあり、

胸骨の可動性向上による胸椎後弯が修正されて、

背中の痛みや痺れの改善に繋がるケースもあります。

 

【まとめ】

今回は、       

「なぜ、背中の痛みが内臓治療で改善するのか?」

についてお伝えしました。

なかなか取り切れないこの背中の痛みに対しては、

局所に囚われず、

反対側の腹部に視野を広げていくことが、

今日の話のポイントですね。

是非明日からの臨床に活用していただき、

より多くの患者さんに貢献していただけたらと思います♪

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太

 

【メルマガ登録】
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです 

ピックアップ記事

  1. 【腰痛治療 パートⅢ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する
  2. 原因不明の全身倦怠感を改善させる方法
  3. セラピストが知っておきたい東洋医学の基礎知識
  4. 多裂筋の治療が腰痛改善のヒントとなる?【解剖・腰痛・コアマッスル】
  5. 【頭蓋・内臓】発達の過程から考える頭蓋骨と内臓のつながり

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    セラピストのためのエビデンスに基づく「白湯の作り方」

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。…

  2. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】なぜ肝臓を治療する必要があるか分かりますか?

    みなさん、こんにちは。関西支部の井上です。&n…

  3. ALLアプローチ協会

    治療直後に痛みが変化せず、テンパってしまうあなたへ

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  4. 内臓治療

    内臓・経絡・経穴と大腰筋の調整

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  5. 内臓治療

    内臓治療の精度・効果を更に上げる3つのポイントとは?

    内臓治療について・・・From 山口拓也埼玉県 越谷 整体院よ…

  6. 内臓治療

    【大公開!】内臓治療における症状別傾向と対策 part③背臥位編

    【大公開!】内臓治療における症状別傾向と対策 part③背臥位編&…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    アイパターンについて
  2. 山口拓也

    あなたは、相手の立場で話しておりますか?コミュニケーションで最も大切な事とは?
  3. ALLアプローチ協会

    便秘に対する7つの筋骨格・内臓・生活習慣アプローチとは?
  4. 健康・体質・栄養

    大腸、小腸について!経絡治療?役割は?内臓治療?
  5. ALLアプローチ協会

    「朝起きると痛い…。」腰痛に打ち勝つ方法とは?
PAGE TOP