ALLアプローチ協会

なぜ「咬筋」の治療が頭痛改善に繋がるのか?

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

本当にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー

渡会 賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など、

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える

治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

今回は、

【なぜ、「咬筋」の治療が「頭痛」の改善に繋がるのか?】

というテーマでお話していきます。

 

咬筋は、

頬骨と下顎骨に付着する筋で、

収縮する事で、

下顎骨を上方に引き上げ

文字通り、

咬む時に働く筋です。

 

そんな咬筋の短縮や筋硬結が、

頭痛に繋がるといったことが多く、

臨床でも、

際にこの咬筋を調整することで、

頭痛が改善するケースが、

非常に多いです。

 

この記事を読む前から、

咬筋が頭痛に関与していることを、

知識や経験から知っている方もいるかもしれませんし、

知らなかったという方もいるかなと思います。

では、

「なぜ、咬筋が頭痛の原因となりやすいのか?」

解剖学をベースにした、

私の考えを、

皆さんにシェアさせていただきます。

 

【頭痛の中でも〇〇の痛みに関与】

頭痛と一括りで言っても、

こめかみに強く出る場合や、

側頭部後頭部

様々な部位に同時に症状が出現するなど、

人によって、

症状の出方や出る部位は様々だと思います。

特に、

こめかみタイプの頭痛に、

咬筋が関与していることが多いです。

後頭部にも関与している場合もありますが、

こめかみの痛みが咬筋の治療で改善するケースが、

私の臨床経験上多いです。

こめかみと言うと一般用語ですが、

医学用語で言えば、

蝶形骨にあたります。

 

こめかみに痛みを訴える方の蝶形骨を触ってみると、

位置が歪んでいたり、

左右で片側だけ硬くなっていて、

動きが悪くなっている場合が多いです。

だからと言って、

蝶形骨の調整だけ行っても、

なかなか頭痛が改善しないといったことが、

臨床上多いです。

 

【咬筋と蝶形骨のつながり】

咬筋は、

アナトミー・トレインの書籍で記されている、

筋膜ラインで説明すると、

実は、

ディープ・フロント・ライン(DFL)

に含まれる筋になります。

DFLに含まれる筋は他には、

頸長筋斜角筋など、

頚椎に付着る筋が含まれます。

「頸長筋なんかは、

頚椎の前面にビターーとくっついている筋です。

DFLは、

1頚椎(C1・環椎)とも繋がっており、

C1の上部に蝶形骨が位置しています。

そのため、

蝶形骨と咬筋というのは、

「筋膜を介してつながりがある。」

ということになります。

 

こめかみの頭痛の方で、

蝶形骨に歪みや硬さがあったとしても、

蝶形骨の硬さだけの問題ではなく、

咬筋が原因で蝶形骨の歪みや硬さを作り、

頭痛に繋がっているというケースが、

よく診られます。

 

また、

「蝶形骨」は、

脳脊髄液の還流である、

1次呼吸や頭蓋仙骨リズムを正常に保つために、

「ギア」の役割を果たしている重要な骨のため、

この蝶形骨が歪んでいたり、動きが悪くなると、

頭蓋骨全体の動きに影響し、

頭痛を引き起こしやすいです。

なので、

蝶形骨の動きに深く関与する筋へのアプローチは、

頭痛の改善に繋がりやすいということを、

覚えていただけたらと思います。

 

【まとめ】

今回は、

【なぜ、「咬筋」の治療が「頭痛」の改善に繋がるのか?】

というテーマでお話しました。

頭痛の中でも、

「こめかみ」

の痛みに関与していることが多く、

「蝶形骨」

の歪みや動きの悪さを引き起こしている場合が多いです。

その蝶形骨と咬筋は、

「ディープ・フロント・ライン(DFL)

筋膜を介してつながりがあるため、

咬筋が頭痛のか原因となりやすいということです。

 

頭痛なんて、

特別な治療技術や知識が無いと治せない。

そもそも、

リハビリでは頭痛で処方が出るわけでもないので、

私たちセラピストの管轄外と思われている方も、

あなたはそうではなくても、

あなたの周りのセラピストはそう思い込んでいる方が多いと思いますが、

筋骨格系だけのアプローチでも、

十分頭痛改善へと結果を出すことが出来ますので、

是非とも参考にしていただき、

より多くの頭痛で悩む患者様に、

貢献していただけたらと思います♪

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

本当にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー

渡会 賢太

 

【コラボセミナー】

 

【腰痛改善テクニックセミナー】

 

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです

 

 

 

ピックアップ記事

  1. なぜ、背中の痛みが内臓治療で改善するのか?
  2. 坐骨神経痛の運動学的視点から改善させる方法
  3. 大殿筋の基礎・血管などの重要性【腰痛との関連】
  4. ALLアプローチ協会の仲間(スタッフ)募集中‼︎
  5. 心理学×筋膜・経絡・内臓セミナーin東京 12月17日 本当にレベルの高い1日 …

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】8つの内臓システムと各内臓毎のシステムについて

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  2. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅣ】体幹機能を支える神経システムと内臓の関係性

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  3. ALLアプローチ協会

    【五十肩】なぜ、仙腸関節の調整で肩の可動域が良くなるのか?

    【五十肩】なぜ、仙腸関節の調整で肩の可動域が良くなるのか?From…

  4. 筋膜

    【筋膜×経絡】頑固な側腹部の硬さを効率的に緩めるには?~実技編~

    ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡会賢太です。本日も…

  5. 山口拓也

    臀筋群と上・下殿皮神経、坐骨神経の重要性【支配・走行・障害について】

    臀筋群と上・下殿皮神経の重要性【腰痛・痛み・痺れの関係とは?】Fr…

  6. ALLアプローチ協会

    【大腿骨頸部骨折】筋膜リリース なぜ足部と下腿を治療する必要があるのか?

    いつも当協会の公式ブログ読みいただき、本当にありがとうございます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

 

 

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. セルフメンテナンス

    片頭痛と戦う ミトコンドリアを強化しよう!
  2. ALLアプローチ協会

    【膝OA・TKA】膝伸展可動域改善に有効な筋ランキング ベスト5
  3. ALLアプローチ協会

    セラピストが消化と吸収を理解すると? 慢性腰痛 五十肩 変形性膝関節症
  4. 山口拓也

    胸椎の重要性【胸椎治療‐自律神経‐セルフメンテナンス‐内臓治療との関係】
  5. 内臓治療

    内臓治療における必要な生理学 膵臓治療編
PAGE TOP