ALLアプローチ協会

なぜ変形性股関節の痛みに外旋六筋が原因となりやすいのか?

いつも当の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんにむけて

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

今回は、

「なぜ変形性股関節の痛みに外旋六筋が原因となりやすいのか?」

というテーマでお話していきます。

 

変形性股関節の患者様の痛みは、

「骨が変形しているからもう取れない…。」

とか、

「手術しないと痛みは取れない…。」

といったように、

お医者さんから説明を受けて、

半分諦めているような患者様やセラピストって多いと思います。

でも実際に臨床をやっていると、

確かに骨の状態によっては痛みが取り切れないケースもいるとは思いますが、

筋骨格系のアプローチでも、

十分に痛みを改善させることは出来ますので、

もしあなたが変形性股関節症の痛みに結果を出したいのであれば、

是非このままブログを読み進めていただけたらと思います。

 

 

変たす形性股関節症の方の特徴として、

「股関節屈曲」

の可動域や動きが悪くなってしまい、

痛みを伴っている方が非常に多いと思います。

リハビリセラピストであれば、

基本動作や歩行、ADLの獲得へと繋げていくことが重要になってきますが、

立ち上がりという動作に対して、

まずは、

股関節屈曲がどれだけ上手く行えるか?

が、かなり重要だと私は考えます。

特に、

静止座位~離臀までの間で、

股関節屈曲の動きが要求されます。

ここで崩れてしまうと、

その後の立位までの動作と、歩行などに、

大きく影響を及ぼして今います。

なので、

まずは、股関節屈曲の痛みを改善させていくことは、

極めて重要だと思っています。

 

では、

「股関節屈曲に作用する主動作筋は何か?」

それは皆さんお判りだと思いますが、

「腸腰筋」です。

臨床では、

この腸腰筋がしっかりと機能せず、

「大腿直筋」、「大腿筋膜張筋」などの二関節筋で代償してしまい、

股関節のアライメントが崩れて、十分な股関節屈曲が行えないといった結果を招くことが多いです。

一般的な理学療法士は、

緊張が上がって短縮している

「大腿直筋」、「大腿筋膜張筋」をマッサージで緩めて、

腸腰筋の筋力強化訓練を行うのがセオリーだと思います。

しかし、

正直これで結果が出る人ってごく一部で、

その場は改善してもすぐ戻ってしまう。

そんなケースがほとんどです。

(これは過去の僕です。笑)

 

ここで必要なのが、

「腸腰筋が収縮しづらくなっている原因って何か?」

という視点です。

その原因と考えられる筋肉の一つに、

「外旋六筋」

が挙げられます。

それはなぜか?

詳しく解説していきますね♪

 

【腸腰筋と外旋六筋の関係性】

腸腰筋の走行にまず注目してください。

腰椎の肋骨突起から大腿骨大転子に走るのが「大腰筋」。

そして、

腸骨窩から大腿骨大転子に走るのが「腸骨筋」になります。

走行を見てみると分かると思いますが、

腸腰筋は股関節の屈曲以外に、

「股関節内旋」

という作用も持っています。

それに対して、

「外旋六筋」は、

文字通り、

「股関節外旋」

という作用を持つ筋群になります。

要するに、

「外旋六筋」に筋短縮があると、

「拮抗する作用である内旋が入りづらい状態になってしまう。」

ということです。

そんな状態で立ち上がりを行えば、

股関節屈曲を無理やり入れる形になり、

防御的に大腿筋膜張筋が過剰に入ってしまいます。

ちなみに、

大腿筋膜張筋は「股関節内旋」にも作用する筋なので代償しやすいです。

そうなると、

大腿骨には付着しない筋肉で股関節の屈曲を作る形となり、

そりゃもう股関節に負担をかけてしまうので、

痛みに繋がります。

 

こうやって説明してみると、

「外旋六筋」が股関節の屈曲の動きに影響しているかが見えてきたとは思いますが、

セラピストのほとんどが見落としているところでもあると思います。

 

そして面白いのが、

かなり改善率が高いということです。

患者様によって改善の程度に違いは当然ありますが、

ほぼすべての患者様で痛みに変化を出すことが今までの私の臨床経験の中では出来ています。

 

【まとめ】

今回は、

「変形性股関節症の痛みに対するアイデアとヒント」

をお伝えしました。

まずは、

「股関節屈曲」

の痛み改善、可動域拡大を図ることは極めて重要で、

結果を出すために原因となりやすい筋肉が、

「外旋六筋の短縮」

になります。

 

 

股関節屈曲時の痛みが改善されると、

立ち上がり、歩行、靴下の着脱などのADL動作にも、

かなり大きなプラスの影響を与えることにも繋がりますから、

是非明日からの臨床で活用していただけたらと思います。

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太

 

心理学×筋膜・経絡・内臓セミナーはこちらから

もしよろしければ、FB、ツイッターなどでシェアしていただけると幸いです 

ピックアップ記事

  1. 幸せを感じて幸せに寝る。朝良い便を出す方法
  2. ポジショナルリリースセラピーって何?【筋硬結~筋緊張~治療への応用!】
  3. 【膝OA】膝の痛みを一気に取り除く!ピンポイントアプローチとは?
  4. セラピストが消化と吸収を理解すると? 慢性腰痛 五十肩 変形性膝関節症
  5. コミュニケーションの3つの構成要素(メラビアンの法則)

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】なぜ肝臓を治療する必要があるか分かりますか?

    みなさん、こんにちは。関西支部の井上です。&n…

  2. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅢ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  3. ALLアプローチ協会

    【五十肩・肩関節拘縮】 結帯動作の可動域制限・痛みのワンポイント

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます…

  4. ALLアプローチ協会

    松果体って大事なの?【メラトニン‐チャクラ‐活性化】

    松果体って大事なの?【メラトニン‐チャクラ‐活性化】皆さん こんに…

  5. 内臓治療

    【内臓セミナー事前学習】腎臓のイメージを大切により深く

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  6. ALLアプローチ協会

    ストレス反応を知ることで内臓・腰痛にアプローチ 腰痛 内臓 ストレス

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【経絡・内臓治療】東洋医学における腎臓アプローチ
  2. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療】腰椎圧迫骨折の痛みを改善させる方法~後頭下筋~
  3. メンタルアプローチ

    【メンタルアプローチ】皮膚と感情との関係性、アプローチ方法
  4. 内臓治療

    内臓治療におけるしわ寄せとは?
  5. ALLアプローチ協会

    【頚椎症】新人セラピストでも結果が出せる!簡単セルフメンテナンステクニック公開!…
PAGE TOP