ALLアプローチ協会

グランフェルト三角について・・・上腰三角の重要性!

皆さん こんにちは 
ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。

越谷レイクタウンのスタバから
記事を作成しております。

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
グランフェルト三角(上腰三角)とは?
というテーマでお伝えしていきます。

実際に私が腰痛専門の整体院で開業しているので
個々の部位を治療することがあります!

文献としては、ヘルニアと関係があることが言われていますね!

ぜひ、あなたも腰痛治療の上達に役立てて頂ければと思います!

【グランフェルト三角って?】
上腰三角とも呼ばれており、第12肋骨、背筋群、内腹斜筋のこの3つの組織に囲まれている

三角形の部位ですね!

では、ここがなぜ大事なのかというと内臓治療に役立てるから&痛みに関係しているからです!

まず、内臓治療の関係から話します。

内臓治療の中で上腰三角と関係しているのは、腎臓ですね!

なぜかというと、上腰三角のやや下(右と左で高さ違います!肝臓の関係で!)ではありますが腎臓が収まっているんです。

この周囲は、広背筋や腰方形筋など筋自体が薄いので感覚が繊細なんです。そのため、腎臓が周囲の組織と

癒着するとフランフェルト三角を腎臓が圧迫することで神経痛などが出やすいです!

また、内臓治療の場合で腎臓をやる際は

腹部からよりも背面からの方が筋自体が薄いのでアプローチしやすいというのも特徴にあります!

 

痛みとの関係もあり

臀部痛や股関節痛、体幹伸展時痛などとも関連しております!

この周囲には広背筋や内腹斜筋、脊柱起立筋、下後鋸筋などが密集している場所でもありますので

上記のような痛みのある方にはぜひ治療していみて頂ければと思います!

毎日テクニックや治療のメルマガを配信しておりますのでご登録よろしくお願い致します!
ユーチューブも行っておりますので、そちらの方もチャンネル登録もよろしくお願い致します!

【治療の関連記事はこちら↓】
大腰筋・内臓・経絡治療からのアプローチ
https://goo.gl/UfDWcL
交通事故ー頸椎治療
https://goo.gl/TA2WtV

それでは、また明日!
山口 拓也

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 便で簡単健康チェック
  2. なぜ、背中の痛みが内臓治療で改善するのか?
  3. 自分のコミュニケーション能力を把握する現状分析方法
  4. 内臓と頭蓋の関係性【頭蓋仙骨療法&内臓治療】
  5. 頭蓋仙骨療法 素人でもできるセルフメンテナンスのご紹介‼︎

関連記事

  1. 内臓治療

    【内臓治療セミナー事前学習】 肝臓アプローチのイメージをより明確にする 前半

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. 内臓治療

    内臓・経絡・経穴と大腰筋の調整

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  3. ALLアプローチ協会

    ネットワークビジネスのメリットとデメリットとは‥?理学療法士のあなたへ‼︎

    ネットワークビジネスのメリットとデメリットとは‥?理学療法士のあなたへ…

  4. ALLアプローチ協会

    大殿筋の基礎・血管などの重要性【腰痛との関連】

    大殿筋の血管、神経の重要性【腰痛との関連】From 山口拓也埼…

  5. ALLアプローチ協会

    【評価テクニック】経絡と筋膜を掛け合わせた評価方法

    こんにちは!ALLアプローチ協会 山口拓也です。本日も、当協会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. 健康・体質・栄養

    頭痛と本気で戦う(基本知識)
  2. ALLアプローチについて

    大網、小網の機能って知ってる?内臓治療に活用する!【免疫】
  3. セルフメンテナンス

    【栄養指導・たんぱく質 パートⅡ】セラピストに必要なタンパク質指導の知識
  4. ALLアプローチ協会

    内臓治療を内臓以外からアプローチする秘密の方法とは・・・?
  5. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】逆流性食道炎に対するアプローチと思考方法
PAGE TOP