ALLアプローチ協会

プロテインの種類と選び方

おはようございます。

all アプローチ協会 関東支部長  鈴木 正道です。

前回たんぱく質についてお話させていただきました。

復習はこちらから↓
蛋白質の選び方と注意点
https://goo.gl/Gzjhq2

今回は、理学療法士・作業療法士・柔道整復師の方へ向けて

プロテインの種類と選び方につていお伝えしたいと思います。

みなさんは患者様に蛋白質の話をすると、プロテインを飲んだ方がいいのか?

どんなプロテインを飲んだらいいのか?

など、

いろいろ質問を受けることはありまんせんか?

プロテインにも値段の違いや種類の違いがあります。

ある程度簡単に説明でき、さらにプロテインを摂取することで利点とデメリットも説明できると

この人の指導していることは実践してみようと思えるかもしれません。

そこで、

私プロテインは飲んだことないのでわかりません

プロテインなんかより、ちゃんと食事で

と言っても

どうして食事の方がよいのか、しっかり説明できるほうが

信頼得られそうですね!

 

今回お伝えするプロテインはこちら

WPC:ホエイプロテインコンセントレート(濃縮乳清蛋白質)

WPI:ホエイプロテインアイソレート(分離乳清蛋白質)

HMBプロテイン

 

【WPC】

薬局などで売っているプロテインで、価格は3000円~4000円

安いWPCは蛋白質含有量が80%ぐらい

ちょっと脂肪分も含まれていて、製法の途中で乳糖をすべて取り除けていないため

→やや腹を下しやすい

【WPI】

少し大きめのスポーツショップなどで売っている。価格は5000円~6000円

蛋白質含有量は90%以上

乳糖や脂肪分はほぼ除去されている。余計な物はあまり入っていない

【HMBプロテイン】

HMBとプロテインは、

BCAAの中でもロイシンを代謝した時、5%しか得られない代謝産物(HMBCa⁺)をプロテインにしたものである。

アミノ酸は20種類あり筋を作るには必要不可欠だが、

そのアミノ酸くっつける働きをしているのがHMBCa⁺である。

HMBの効果としては

蛋白質の合成・筋成長促進

プロテインを20杯ぐらい飲んでHMB3g

1日の目標HMBは3g

HMBプロテインでとってしまった方が効率的に筋を作りやすい。

 

蛋白質は1日体重×1.5~2g 必要

蛋白質摂取が十分であればWPCやWPIをとらなくても

HMBプロテインだけで栄養としては足りている

しかし、蛋白質を食事から摂取しきれていない場合はWPI or WPC  + HMBプロテインが効果的

 

プロテインを飲むだけではHMBが不足するため、

筋トレで筋を成長させたい場合にはHMBプロテインを摂取したほうが効率的

 

【プロテイン摂取に対する注意点】

プロテインには有機の物はほぼないため結局、添加物なども一緒に摂取するため

長期間の摂取するのであれば

バランスの良い食事の方が進められる

また、プロテインだけでなくサプリメント全般に言えるのが

一度に摂取する量が多いと体の中で

代謝・排泄機能に負担がかかり副作用も懸念される。

蛋白質の過剰摂取で危険なのが

「脱灰」です。

 

【脱灰とは】

蛋白質を取り過ぎると体内で大量の酸を生みだし、血液が酸性に傾きます

我々の体には酸塩基平衡という濃度調整機能があり

血液が酸性に傾いてくるとアルカリ性の物質を使って中和します。

この時体内のカルシウムが中和に使われます。

血液中にはカルシウムはそんなに多く存在しないため中和には追いつきません。

そのため大量にカルシウムを貯蓄している骨がターゲットになります。

血液が酸性に傾くと、

骨から大量にカルシウムが溶け出して血液を中和する(脱灰)ことで

もとの弱アルカリ性に戻します。

役目を終えたカルシウムは本来であれば再び骨に戻されます。(再石灰化)

この脱灰と再石灰化によって血液のPHを一定に保つことを恒常性(ホメオスタシス)といいます。

しかし、蛋白質を取り過ぎた状態が続くと

血液が常に酸性に傾き、脱灰が異常に促進されます。

つまり、骨かがおびただしい量のカルシウムが溶け出してしまいます。

その結果、骨がもろくなるだけでなく

筋や血管、メンタル面にもカルシウムは作用しているため

体のあちこちで不調をきたすようになってしまいます。

 

まとめ、

プロテインにも種類があり、それぞれに利点・欠点がある。

蛋白質を取ることは体を作る面でも、代謝を促す面でも重要で

高齢者でも栄養不足・蛋白質不足が問題となっている。

一度に大量摂取をすると体には調整反応が出てしまう。

そのため、極端な摂取を続けることは体調を崩すことにつながる。

 

栄養不足の方にはサプリメントで解決することを勧めるのではなく、

良質な蛋白質を食事でバランスよく摂取することを勧めることが望まれる。

その際、良質な蛋白質について詳しく伝えることができるセラピストでありましょう。

 

良質な蛋白質についてはこちらから↓

蛋白質の選び方と注意点

https://goo.gl/Gzjhq2

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

ピックアップ記事

  1. セラピストが最低限知るべき栄養学の知識とは?
  2. 浮腫に対しての内臓治療アプローチ
  3. 【脊柱治療】脊柱の問題は脊柱にはない!?
  4. 「筋トレ」なんてしなくても筋力が上がる真実。
  5. 【骨格調整】脚長差が体に及ぼす影響(腰痛)(股関節痛)

関連記事

  1. 健康・体質・栄養

    便秘と下痢の定義とは?食物繊維&内臓治療&栄養指導について!?

    皆さん こんにちは ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。…

  2. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】免疫のひし形とは?

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー渡会…

  3. ALLアプローチ協会

    しゃがみ動作での膝の痛みを改善させるには?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます…

  4. ALLアプローチ協会

    小腸・大腸の6つのアプローチポイント

    from 山口拓也 整体院 デスク よりいつもAL…

  5. ALLアプローチ協会

    本を読むときは、速読すべし(効果・実践・ノウハウについて)

    本を読むときは、速読すべし(効果・実践・ノウハウについて)from…

  6. ALLアプローチ協会

    グランフェルト三角について・・・上腰三角の重要性!

    皆さん こんにちは ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

 

 

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 内臓治療

    自律神経障害 冷え性に対する内臓治療紹介‼︎
  2. ALLアプローチ協会

    【血管アプローチ第5弾】慢性疼痛の原因もやもや血管とは?(五十肩・腰痛・膝痛)
  3. ALLアプローチ協会

    筋膜治療の精度を最大限引き上げる7つの要素とは・・・?
  4. ALLアプローチ協会

    【評価テクニック】評価に必要な3つの診とは?(問診・視診・ 触診)
  5. ALLアプローチ協会

    内臓と感情のタイプを徹底解説‼︎ 【内臓と感情で性格分析?】
PAGE TOP