ALLアプローチ協会

ボウストリングの重要性〜症状の戻りを減らせる秘訣とは〜

 

from 山口拓也
スタバ デスク より

いつもALLアプローチ協会 公式ブログを読んで頂き誠に有難うございます。

本日の記事は、「ボウストリングの重要性」というテーマでお伝えさせて頂きたいと思います。

皆さんは、ボウストリングって知っていますか?

あまり聞きなれない方も多いと思いますが、非常に重要な概念になります。

これを知っておくか?知らないか?症状のもどりやテクニックの持続効果が大きく変わってきます。

ボウストリングを学んで臨床に是非生かしてみてください。

【ボウストリングとは・・・?】

ボウストリングとは、「身体の前方を縦に連結している筋膜」を指し、身体の前後バランスの維持に関与しています。

もしあなたが、背部のアプローチをしても”前部”のアプローチもしないと背部の状態が戻ってしまいます。

だからこそ、ボウストリングを意識して評価しなければいけません。

 

そして、ボウストリングは

8つの隔膜を結びつけてそれらの動きを調整していると言われています。

以前、8つの隔膜について解説したブログとYouTubeがありますので興味がある方はこちらから↓

 

【ボウストリングの名前の由来】

弓と弦を英語で”ボウ”、”ストリング”と呼びます。

ボウ→弓

ストリング→弦

これは、脊柱を弓と表しています。

よくみたら、脊柱の彎曲って弓に非常に似ていますよね。

そして、弦は前方の筋膜を表しています。

 

【YouTubeからはこちら↓】

【ブログ記事はこちら↓】
体液循環に最も関与する筋膜アプローチ 8つの隔膜のご紹介

 

さらに、ボウストリングは大後頭孔の部分で硬膜に連結しており1次呼吸にも関与しています。

ボウストリングに対する機能障害では、非常に重要なアプローチ部位でもありますので

しっかりアプローチしましょう。

 

【筋膜調整について】

ボウストリングは、身体の前方に縦に連結している筋膜です。

具体的な解剖部位で言えば、

頬筋、咬筋、顎二腹筋、胸骨、肝冠状間膜、上部白線、仙骨前筋膜、骨盤隔膜などです。

筋膜アプローチは非常に重要なテクニックです。

 

それはなぜか・・・?

筋膜は様々な組織を包んで、分けて、守って、支えます。

その機能の中で最も重要なのが、組織液の流動を促進・誘導して

その導管を通じてリンパの流れを促進することと言われています。

様々な筋膜の層が相互につながって、頭から足まで連結しています。

筋膜系の正常な緊張を回復することが重要になっってきます。

 

【ボスストリングのアプローチの重要性】

ボウストリングの流れとして

頭蓋底→鎖骨内側を下り→縦隔に接続→肝鎌状間膜・肝冠状間膜・→白線、臍、正中臍索、膀胱→骨盤隔膜

という流れになっていきます。骨盤角膜から、骨膜として膝や足底腱膜まで繋がっています。

なので、いくら背部の治療をしても

前方の治療をしないと曲がった背部をまっすぐにすることは難しいです。

円背や猫背などの場合は、どれだけボウストリングにアプローチできるかがポイントとなってきます。

 

以前にボウストリングの部位のいくつか動画で解説しましたので興味ある方はこちらから↓

 

本日の記事は以上となります。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

ピックアップ記事

  1. 【頭蓋・内臓】発達の過程から考える頭蓋骨と内臓のつながり
  2. セラピストは、どの治療テクニックから学べばいいのか?
  3. ポ○モン育ててる場合じゃない!細菌育ててモテましょう!
  4. 【経絡治療】内転筋の過緊張を一気に緩和させる経絡アプローチとは?
  5. セラピストに必要な治療効果を上げる5つの瞑想をご紹介

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【症例報告】内臓治療 腸の調整によりリウマチの左肘痛が改善した症例

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  2. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法における顎関節治療について・・・

    顎関節治療の重要性・・・From 山口拓也埼玉…

  3. ALLアプローチ協会

    冷え性改善治療【内臓アプローチや筋骨格テクニック】

    冷え性改善治療【内臓アプローチや筋骨格テクニック】From 山口拓…

  4. ALLアプローチ協会

    【触診】ソフトタッチVSハードタッチ どっちが良い?悪い?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  5. ALLアプローチについて

    湿布は効かないという固定観念を手放す

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー改め…

  6. ALLアプローチ協会

    腰痛といえば、腸腰筋アプローチ(触診・機能・役割)

    from 山口拓也整体院 デスク よりいつもALLアプローチ協…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. セルフメンテナンス

    【ベースアプローチ】自分の施術効果を120%引き出す3つのポイント
  2. 筋骨格系

    【大腿骨頸部骨折】歩き始めの痛みがなかなか取りきれないあなたへ
  3. 内臓治療

    脈診とは?【内臓評価・テクニック・東洋医学】
  4. ALLアプローチ協会

    ストレス反応を知ることで内臓・腰痛にアプローチ 腰痛 内臓 ストレス
  5. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】8つの内臓システムと各内臓毎のシステムについて
PAGE TOP