ALLアプローチ協会

リウマチに対する代替医療・東洋医学のテクニックについて

 

from 山口拓也
自宅 デスク より

いつもALLアプローチ協会 公式ブログを読んで頂き誠に有難うございます。

本日の記事は、「リウマチに対する代替医療・東洋医学」というテーマでお伝えさせて頂きたいと思います。

皆さんは、リウマチの方に対して同のようなアプローチをしているでしょうか?

軟部組織に対するマッサージしか行えていませんでしょうか?

骨格の調整は、怖くてできないですよね。

リウマチに対しての代替医療について解説させて頂きたいと思います。

その前にリウマチの基礎について解説させて頂きますね。

【リウマチって何?】

関節リウマチは、自己免疫疾患の1つです。

異物を認識し排除する免疫系が、自分自身の正常な細胞や組織に対して過剰に反応して
攻撃してしまい症状を起こす疾患を自己免疫疾患と言われています。

関節に炎症が起こり(滑膜炎)滑膜に血管や細胞が増えて、滑膜が厚く腫れます。

どんどん腫れ上がった滑膜は、靭帯や軟骨を破壊しいずれ骨そのものを壊してしまいます。

 

【リウマチの原因って何?】

遺伝的要因や細菌・ウイルスなどが要因として考えられていますが、未だ原因不明と言われています。

他にも、ストレスや出産、過労なども関与しているのでは?と言われたりもしていますね。

 

【リウマチに対する注意事項】

①喫煙NG

関節リウマチと喫煙は強い関係にあると言われています。

喫煙をしていると、抗リウマチ薬が効かなくなると言われており

関節破壊を進む要因となります。

受動喫煙にも気をつけましょう‼︎

 

②関節保護

皆さん知っていると思いますが

関節保護では、小さい関節や小さい筋肉を使わず大きい関節や粗大筋を使用するのが基本です。

なので、生活習慣で関節の負担がどれだけ掛かっているか把握しておきましょう。

 

③リウマチの場合は、負荷のかかりすぎる運動はNG

運動量の調整や休息のバランスをしっかりとれるように

生活習慣の指導をしっかり行っておきましょう。

 

④精神面の安定

ストレスとリウマチには強い関係があるので

ストレスに対するアプローチも重要になってきます。

 

⑤骨粗鬆症

リウマチの場合、骨粗鬆症も合併していることもありますので

注意しておきましょう。

 

【リウマチに対する代替医療・東洋医学アプローチ】

リウマチは、自己免疫疾患ですから

免疫系のアプローチをしていく事が基本となります。

なので、まずは免疫系に関与する内臓を把握しておきましょう↓

 

(免疫系に対する内臓アプローチについて)

・肝臓テクニック

リンパ球の4分の1は肝臓に集まっており免疫に関連が強い。

肝臓のマクロファージと言われているくっパー細胞が異物を貪食している

 

・脾臓テクニック

抗体を作ったり新しい血液を貯めたりしています。

 

・小腸・大腸テクニック

腸内細菌が、免疫の7割関与していたりしているので

しっかりアプローチしておきましょう。

 

・肺テクニック

体温調節や皮膚、免疫に関与しているのが肺です。

 

・胸腺テクニック

Tリンパの成熟や分化など免疫に関与する1次リンパ器官です。

 

(炎症を抑える内臓アプローチについて)

・副腎テクニック

 

(免疫・炎症を抑える・頭蓋骨アプローチ)

・頭蓋仙骨療法のテクニック

リウマチの場合は、1次呼吸と2次呼吸を最大化できるように

アプローチをして免疫力を最大限アップさせておきましょう。

 

(感情ストレスのアプローチ)

・感情ストレスの場合は、もしアプローチできれば

脳に直接エネルギーテクニックを行いましょう。

 

(まとめ)

リウマチのアプローチでは、

自己免疫疾患ですから

免疫系のアプローチをしっかり行いましょう。

 

 

本日の記事は以上となります。

最後までお読みいただき誠に有難うございました。

もしろよろしければ、FB・ツイッターなどでシェアして頂けると幸いです。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

 

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

ピックアップ記事

  1. 肩甲胸郭関節リリースによる絶大的な3つの効果・役割とは・・・?【リハビリ・セミナ…
  2. 【内臓治療】なぜ肝臓を治療する必要があるか分かりますか?
  3. 臀筋群と上・下殿皮神経、坐骨神経の重要性【支配・走行・障害について】
  4. 内臓治療を患者様から怪しまれずに上手く説明するには?
  5. 肝臓治療における五行の活用 「相乗」 「相侮」

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【症例報告】リウマチの症状に圧倒的な結果を出した2症例

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  2. ALLアプローチ協会

    「もどり」が早い人の問題となりやすい内臓システムとは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  3. ALLアプローチ協会

    後脛骨筋の解剖学的特徴について…

    後脛骨筋の解剖学的特徴について…From 山口拓也 埼玉 越谷…

  4. ALLアプローチ協会

    どうしても取れない腹部の硬さを取りきる3つのポイントとは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございま…

  5. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】立ち上がり時の痛みへの対策~運動療法・セルフメンテナンス~

    皆さんこんにちはALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡会…

  6. ALLアプローチ協会

    頭蓋治療について【クラニオセイクラル‐1次呼吸‐頭蓋仙骨療法】

    頭蓋治療について【クラニオ‐1次呼吸‐頭蓋仙骨療法】皆さん こんに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    内臓評価時間を短縮する問診スキル「西洋編」
  2. 内臓治療

    内臓治療におけるシワよせ ~大腸・肝臓編~
  3. 山口拓也

    トータルコンサルティング(経営塾)のご案内
  4. 内臓治療

    胃反射点~治療 生理学 どんな人に治療するのか?
  5. ALLアプローチ協会

    【筋骨格治療】階段降段時の膝の疼痛に対して介入すべき筋とは?
PAGE TOP