ALLアプローチ協会

リハビリセラピストでも聞いたことがある経絡×筋膜×内臓治療について(経穴編)

リハビリセラピストでも使える上肢経絡治療について

From 山口拓也
埼玉 越谷 治療院より

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
リハビリセラピストでも使える上肢経絡治療について
というテーマでお伝えしていきます。

 

今回は、経絡治療について解説して行きたいと思います。

これを読んでいる皆さんは、経絡治療をしたことが無い人がほとんどだと思いますので

聞いたことがあるかもしれない経穴でなおかつ簡単に使える内容をご紹介して行きたいと思います。

【そもそも経絡って何?】

経絡ですが、正直「経絡とは?」で書かれている言葉は難しくてリハビリセラピストは特によく分からないと思います。

本によって様々な言われ方があります。↓

・鍼灸学では、経脈と絡脈のことである。2つを合わせて経絡です。
経脈:身体を縦に流れる脈のこと 12の正経 8の奇経がある
絡脈:経脈同士で連係したり、網状に全身をまとうという意味がある

と言ってもよく分からないですよね・・

もう少し詳しく話しますね。

経絡とは、古代中国の医学において、人体の中の気血栄衛(今でいうと代謝物質で気や血など)の通り道として考えられたものらしいです。

ここで知ってもらいたいのが、経穴と井穴を覚えてもらいたいんです。

●井穴は、経気が出(脈気の出ところ)を主っているところ。簡単にいえば、エネルギーの始まりや終わりを表しています。

●経穴は、中国の中医学から由来しております。経験的な知見から発見されたものらしいですよ。「気と血」のエネルギーの通り道であるといわれる経絡上にあって、気血が出入りし、経絡が合流したり分枝したりする経絡状の重要なところ

私自身、この2つ(経絡・経穴)のポイントを治療します。

どちらもメリットがありますのでぜひ覚えていただけると幸いですね。

 

では、まずは経穴での治療についてです。

経穴なのですが、実はWHOでも治療効果が認められるくらい効果があるんですね。

それはなぜかというと、非常に重要視される神経・血管・筋肉の走行上に位置することが多く体性ー内臓反射などで医学的関連があります。

※ちなみに体性ー内臓反射とは?
求心路が体性感覚神経、遠心路が自律神経系からそれぞれ構成される反射機構のことです。
つまり、皮膚や筋肉などの刺激が内蔵に反射されることです。簡単にいえばね・・
他にも内蔵ー内臓反射や内臓ー体性反射などもあるので知っておくと良いですよ!

 

ここで、大事なのが神経・血管・筋肉の走行上で重要な部位と重なっているところ・・・

これが大事なんです。

筋肉が重なり合っている部分だったり、循環障害が起きやすい部位が経穴になっていることがほとんど・・・

だから、セラピストのみなさんにも知って欲しいんです。

明日からぜひ筋骨格治療する際は経穴を意識してみてはどうでしょうか?

とりあえず、次の記事から重要な経穴について解説してきますね。

 

【穴井の重要性について】

穴井のメリットは、昔のメルマガでも書かせて頂いたかもしれませんが内臓や筋膜の調整が同時に行えます。

私なんかは、経穴への治療はほとんど行わず穴井から治療して経絡上のラインを意識しつつどこが悪いのかを探りながら治療するのでほとんど穴井だけのアプローチはほとんど終わりにしています。

内臓・筋膜への強力な同時アプローチは、穴井だけだと思っています。

筋膜ラインとの関係性も深いですからね。

ぜひ、これを読んでいる皆様も経絡治療を取り入れてはどうでしょうか?

 

本日の記事は以上となります。

ご興味あればユーチューブチャンネル登録やメルマガ登録よろしくお願い致します。

もしよければ、FBなどでいいねやシェアをしていただければと思います。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

心理学×筋膜・経絡・内臓セミナーはこちらから↓

自律神経障害セミナーのご案内はこちらから↓

自律神経障害セミナー

 

ピックアップ記事

  1. 【五十肩】「仰向けで寝ていると右肩が痛くなる…。」そんな患者様には〇〇を診ろ!
  2. 片頭痛と戦う ミトコンドリアを強化しよう!
  3. 【症例報告】経絡治療を片麻痺治療に活かす!
  4. 【症例報告】内臓治療 腸の調整によりリウマチの左肘痛が改善した症例
  5. 内臓治療・感情との関連とは?(上級者向き)

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    坐骨神経痛の運動学的視点から改善させる方法

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。…

  2. 山口拓也

    頸椎の重要性【筋膜・ジンクパターン・内臓治療との関連】

    頸椎の重要性【内臓治療との関連・ジンクパターン】 皆さん こん…

  3. ALLアプローチ協会

    脂肪と炎症と毒素(太ると良いことないなぁ~)

    おはようございます。all アプローチ協会  関東支部長  鈴木 …

  4. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】アレルギーに対する内臓アプローチの思考方法

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. ALLアプローチ協会

    内臓治療に必須!周波数・調和・共鳴について

    いつも動画をご覧になっていいただき、誠にありがとうござ…

  6. ALLアプローチ協会

    【内臓治療×基本動作】内臓と立ち上がり動作の関係性について

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 内臓治療

    生理痛に対する内臓・筋骨格・頭蓋治療について
  2. 健康・体質・栄養

    【血管アプローチ】下肢の血流を改善する7つのポイント
  3. ALLアプローチ協会

    「もどり」が早い人の問題となりやすい内臓システムとは?
  4. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】方向転換時の膝の痛みを改善させるアプローチ方法とは?
  5. ALLアプローチ協会

    心臓の解剖学的イメージ【膜】
PAGE TOP