ALLアプローチ協会

リンパ系アプローチテクニックの重要性について・・・

リンパ系アプローチテクニックの重要性について・・・

 

From 山口拓也
埼玉 越谷 整体院より

 

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

 

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
リンパ系アプローチの重要性について
というテーマでお伝えしていきます。

 

私自身リンパ系に関しての考えがあまり臨床で抜けていた時期があるのですが、

やはり体の中にある体液の1つなのでとても重要ですよ。

では、リンパがなぜ重要なのか?

リンパのうっ滞の要因などなど解説していきたいと思います。

【リンパについて】

リンパのうっ滞は、様々な障害を生じます

抹消だけでなく、頭部や顔面の円滑な生理運動には必要不可欠です。

特にリンパ系の機能として、最も重要なのは免疫系の機能です。

リンパテクニックをすることにより、免疫機能を明らかに強くするというデータが数多く存在するほどです。

 

だからこそ、我々もリンパテクニックをする必要がありますよね。

(リンパが悪いと↓)

リンパの流れが悪い→組織にうっ滞と浮腫が生じる→細胞外環境に物質代謝産物を蓄積させ、細胞の代謝を妨げる→機能障害・疾患が生じる

(機能障害・疾患)

①筋肉の活動性低下、筋組織の緊張亢進

②結合組織、筋膜の緊張

③内臓系の機能低下、特に免疫系に負担がかかる

④自律神経系への障害(バランスが取れなくなる)

⑤1次呼吸の障害

などなど

免疫系の負担だけでなく筋膜にも影響しますね。

そうすると、骨格や頭蓋、経絡など全体への負担に・・・

全て繋がっているってことですね。

 

【リンパ系のうっ滞の要因】

①筋肉の活動性

筋肉の活動性に大きく影響されるため、筋緊張の異常を取り除く必要あり・・・

 

②横隔膜

横隔膜は最も重要なリンパポンプである。

リンパは、肺呼吸の呼気相で深部のリンパ管叢に充満する。

 

③腸蠕動

腸蠕動は大部分のリンパに対しポンプの役割をする

 

④動脈血管の脈

血管の脈拍はリンパポンプの役割をする

 

⑤神経支配
自律神経系はリンパ管に刺激を与え、胸管や他の大リンパ管にリズミカルな収縮を生じさせる。交感神経のインパルスは、リンパ節の受容体を介してリンパ管およびリンパ節の流れに影響を与える。

⑥結合組織および筋膜の緊張状態

 

【リンパテクニックの禁忌】

①未治療の悪性腫瘍

②発熱を伴う急性の炎症

③血栓症

④非代償性心不全

 

【リンパアプローチで重要な部位とは・・・?】

①頸胸隔膜(シブソン筋膜)

最終的に、リンパは胸鎖関節の左右(鎖骨下)の静脈角に置いて静脈血流に還流します。

なので、この部位と周辺のアプローチは非常に重要ということになります。

頸胸隔膜、胸鎖乳突筋、斜角筋肉、胸鎖関節、上部胸椎、上部胸肋関節が重要となります。

 

②筋膜の緊張調整

筋緊張亢進、組織の緊張、骨のアライメント不良によるリンパの流れの妨害

 

③横隔膜の聴力の解放

横隔膜の機能を診察し、必要に応じて治療する。

横隔膜の可動性および運動の振り幅が良好であれば、胸管のドレナージも良好に保たれる。

 

④内臓のリンパ排出の改善

脾臓、小腸、盲腸、肝臓、胆嚢、胸腺、肺の治療が必要。

 

【ちなみに・・・】

操体法の足揺らし操体もリズミカルな運動により抹消のリンパを促せます。

当協会のセミナー受講していただいた方はできると思いますので、リンパも意識していただければと思います。

 

本日の記事は以上となります。

ご興味あればユーチューブチャンネル登録やメルマガ登録よろしくお願い致します。

もしよければ、FBなどでいいねやシェアをしていただければと思います。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 糖尿病の方に行う代替医療・東洋医学テクニックの解説(内臓治療・頭蓋仙骨療法)
  2. ハンス・セリエのストレス内臓反応
  3. 【血管アプローチ】下肢の血流を改善する7つのポイント
  4. 東京スカイツリーへ出かけてきました!【2017年11月18日 プライベート】
  5. 足底腱膜の重要性について【解剖‐役割‐痛み】

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    肩こり(五十肩・四十肩)に対する内臓アプローチ トップ3

    肩こり(五十肩・四十肩)に対する内臓アプローチFrom 山口拓也…

  2. ALLアプローチ協会

    ここで再確認!頭頸部後面ランドマーク・後頭下筋群の触診

    ALLアプローチ協会 触診大好きセラピスト ブル と申します。本日…

  3. ALLアプローチ協会

    【肩こり治療】多角的な肩こりに対するアプローチ(姿勢の観点)

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます…

  4. 山口拓也

    多裂筋の治療が腰痛改善のヒントとなる?【解剖・腰痛・コアマッスル】

    多裂筋が腰痛治療のヒントとなる・・・From 山口拓也埼玉 越…

  5. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】免疫のひし形とは?

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。本…

  6. 山口拓也

    筋膜×経絡×内臓調整のヒントについて

    今回のテーマは、「筋膜・経絡・内臓を掛け合わせて調整す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. セルフメンテナンス

    水分摂取について・・・【脱水の問題点・臨床での水分指導・体への影響】
  2. ALLアプローチについて

    肝臓治療における「経絡アプローチの実践」
  3. 受講者の声

    【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナーin東京】受講生さんの声(大塚先生)(谷内先生…
  4. ALLアプローチ協会

    足揺らし操体×経絡治療!【全身調整テクニック】
  5. ALLアプローチについて

    セラピストが理解すべき膝関節の構造・機能・評価について
PAGE TOP