ALLアプローチ協会

一歩踏み込んだ胆嚢の内臓アプローチ

おはようございます

Allアプローチ協会 鈴木 正道です。

 

今日は胆嚢の内臓アプローチに

関する考え方と方法について

お伝えさせて頂きます。

 

今月はひたすらに

胆汁・胆汁酸の生理的作用について

皆さんにお伝えさせて

頂いてきました。

 

胆汁・胆汁酸の働きについては

皆さんに伝わっているといいなと

思います。

 

胆汁に関するメルマガまとめ、
①胆汁酸でインナーアプローチ
②痩せる、血糖値を下げる胆汁酸の効果!
③胆汁酸活性化食事指導の実際

 

1ヶ月胆汁まみれの情報ですが


メルマガを読んでいただくだけでも

わかるように解説しています。

 

胆汁・胆汁酸をわざわざ調べる

必要がないように情報をまとめました。

 

今回は胆嚢自体にアプローチを

行っていく方法をお伝えします。

 

内臓アプローチを応用的に

考えることができるように

ならなければ胆嚢を

押すことしかできません。

 

胆嚢の反射点を使うアプローチも

当協会ではお伝えしていますが、

 

今回はより解剖・生理学的に

解説していきたいと思います。

 

動画で解説していますので

是非参考にしていただければ

幸いです。

 

動画でご覧になる方はこちらから↓

 

【胆嚢の位置】

胆嚢の位置ですが

肝臓の右葉の真下に位置します。

 

臍と右の乳頭を結ぶ線上で

肋骨との交点をある程度の位置の

目安にしておくとアプローチ

しやすいと思います。

 

 

【胆嚢にアプローチするのはどんな時?】

胆嚢にアプローチする時は

体幹の伸展の制限や

胸郭の可動制限が

腹腔からの張りから影響している

疑いがある場合など

 

または消化器系の症状の訴えで

腹痛や、胃のムカムカ、

お腹の張りを訴える場合などに

アプローチしていきます。

 

右の方の可動域や頚部の柔軟性、

体幹の側屈・回旋の制限にも

影響しています。

 

【胆嚢のアプローチポイント】

①胆嚢はためておく袋であって

重要なのは胆管である。

 

胆管は肝臓の中と肝臓から出て

十二指腸までの通路となる総胆管に

分かれます。

 

この総胆管の捻じれや

胆管と胆嚢をつなぐ胆嚢管など

胆嚢のアプローチと言っても

胆汁自体を分泌するきっかけは

腸に食べものが入った時に

分泌されるホルモン(コレシストキニン)

がきっかけで分泌されるので

分泌される胆汁の流れを妨げないよう

内臓の動きを整えておくことが必要です。

 

②アプローチするのはどこに対して?

Step1:胆嚢自体

胆嚢自体にアプローチすることは

簡単です。

胆嚢の触診位置に手を当てて、

胆嚢自体が緩む方向を探すか、

優しい振動を与えて緊張が

緩んで行くのを待ってあげるだけで

大丈夫です。

 

実際私は最初、

胆嚢のアプローチには

これだけでした。

 

胆嚢自体が張っている場合は

こういった直接介入でオッケーです。

 

Step2:肝臓の中の尾状葉胆管・毛細胆管

肝臓の中で肝細胞間に張り巡らされている

毛細血管(固有肝動脈)のそばには、

門脈の枝も一緒に張り巡らされていますが、

そのそばにはさらに胆管も一緒に並んでいます。

 

肝動脈・門脈の枝は一緒になって静脈から

中心静脈へ流れ込みますが、

胆汁は細胞間では管を持たず、

細胞間をしみわたるように

胆汁が流れ出てきます。

 

胆管から総胆管・胆嚢へ流れ出る胆汁の流れを

イメージしながら、肝臓にアプローチする

ことが必要なのがイメージできますでしょうか?

 

肝臓のポンプ手技や、肝臓のリフトといった手技が

ありますが、肝臓自体の動きを改善し肝臓の中の

液体の流れを改善することで胆汁の流れを整えて

行きましょう。

 

実際肝臓のポンプやリフトをして、動きや柔軟性が

上がっている時は、胆嚢・胆汁のアプローチも

一緒にできているということです。

 

Step3:総胆管・十二指腸乳頭

総胆管が包まれる膜は肝十二指腸間膜という

肝臓と十二指腸をつないでいる膜の中を

管が通っています。この膜はそのまま十二指腸から

大網に連結して横行結腸までつないでいきます。

この肝臓から十二指腸をつなぐ膜は

肝臓と胃をつなぐ、肝胃間膜(小網)とも

一枚の膜で繋がっていますので

こういった膜が横行結腸の下垂や

胃の下垂などでテンションがかかったり

緊張していないか横行結腸・胃の位置を

修正して胆嚢の緊張や張りが改善されるか

評価してみましょう。

 

Step4:周辺臓器

胆汁の話の中で一つだけ話していない

内容がありますが、その内容が

「腸揉み」に関する話です。

Step3の内容も周辺臓器に関する

構造的な関係性の話になりますが、

腸と胆嚢は、胆汁が再吸収される

腸管循環の関係もありますし、

十二指腸・小腸ではホルモン分泌の

刺激によるスイッチの関係性もあるため

腸のアプローチは胆嚢のアプローチに

生理学的に重要になります。

 

胆汁酸の排泄や再吸収を促すには

腸の動きを改善することがとても

重要になるので、

食物繊維をとるだけではなく

小腸・大腸の内臓アプローチも併用して

行うことで胆嚢の生理学的なアプローチも

できてくるので是非そこまでイメージして

胆嚢のアプローチを実践してみてください。

 

肝臓のアプローチの考え方や

胃のアプローチの考え方も過去に

お伝えしていますが、

 

内臓個々のアプローチだけでは

息詰まることが多々ありますので

臓器全体から筋・骨格系まで

考えを発展して考えていきましょう。

 

皆さんのアプローチの考え方の

気づきになれば幸いです。

 

本日も最後までご購読いただき

ありがとうございました。

ALLアプローチ協会 鈴木 正道

<FB・ツイッターなどでシェアして頂けると幸いです>

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 血管血質アプローチ 重要ポイントまとめ】セラピストが関われる血管・血質に対するア…
  2. 【内臓治療】逆流性食道炎に対するアプローチと思考方法
  3. 意外と知られていない頭蓋仙骨療法テクニックの部位とは?
  4. 内臓治療をやる上で重要なイネイトインテリジェンスについて
  5. セラピストが消化と吸収を理解すると? 慢性腰痛 五十肩 変形性膝関節症

関連記事

  1. ALLアプローチについて

    腎臓治療について【反射点一覧ー内臓治療 腎臓編】

    腎臓治療について【反射点一覧ー内臓治療 腎臓編】皆さんこんにちは!…

  2. ALLアプローチ協会

    【仙腸関節】仙腸関節アプローチの応用的視点

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読…

  3. ALLアプローチ協会

    【筋膜アプローチ】トリガーポイントのおさらいと使用方法について

    トリガーポイントのおさらいと使用方法についてfrom 山口拓也…

  4. ALLアプローチ協会

    内臓治療の負荷・禁忌について【好転反応‐マニュピレーション】

    内臓治療の負荷・禁忌について【好転反応‐マニュピレーション】皆…

  5. ALLアプローチ協会

    大腰筋のアプローチ方法をいくつ知っていますか?

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 山口拓也です。&nbs…

  6. ALLアプローチ協会

    コミュニケーションの3つの構成要素(メラビアンの法則)

    こんにちはALLアプローチ協会代表の山口拓也です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. 山口拓也

    ジンクパターンの話
  2. ALLアプローチ協会

    【姿勢改善】股関節伸展の盲点 内臓と鼠径靭帯のつながり
  3. 山口拓也

    胸椎の重要性【胸椎治療‐自律神経‐セルフメンテナンス‐内臓治療との関係】
  4. ALLアプローチ協会

    内臓治療 反射点治療の臨床活用法とは?
  5. 健康・体質・栄養

    睡眠の重要性【治療効果アップ、疲労回復、セロトニン、成長ホルモン】
PAGE TOP