ALLアプローチ協会

仙腸関節アプローチ・テクニックの重要性について

 

from 山口拓也
整体院 デスク より

いつもALLアプローチ協会 公式ブログを読んで頂き誠に有難うございます。

本日の記事は、「仙腸関節アプローチ・テクニックの重要性」というテーマでお伝えさせて頂きたいと思います。

 

仙腸関節アプローチ・テクニックについてですが、非常に重要な部位ですよね。

でも、なんで重要なのか?知らない人って結構いると思うので

重要性について解説していこうと思います。

 

【そもそも仙腸関節って何?】

この記事を見てくれている人は、解剖学が分からない方もいらっしゃると思うので

基本的な部分から書かせて頂きますね。

 

まず、仙腸関節とは

仙骨と腸骨の間にある関節仙腸関節と言います

 

周囲の人体により強く連結しており人体の土台で

3−5mmほどの可動域しかありません。

 

仙腸関節が動くか?動かないか?で論議されたりもしてますね。

昔は、仙腸関節は動かない関節だから機能障害が起こるはずないと言われてきました。

仙腸関節自体を動かす作用を持っている筋肉は無いとされてますからね。

 

ちなみに

仙腸関節を安定させる筋肉として

中間位では、大臀筋と内腹斜筋で安定しており

前傾・後傾時では、靭帯で安定していると言われています。

 

以前、スタッフが仙腸関節について動画を撮っておりますので興味ある方は是非↓

 

【仙腸関節の役割って?】

仙腸関節の役割として

①背骨から伝わる重力の重みを足へと伝達する役割 「荷重の伝達」

②背骨や股関節の運動を助ける「運動補助」の役割

上記の2つが有名な役割として挙げられます。

 

【仙腸関節から起こる痛みとの関係】

仙腸関節のアプローチをすると、各関節の痛み治療に有効です。

腰痛・肩こり・股関節痛・膝痛などにもよく効きます。

 

これはなぜか?

まだ、医学的にはっきりと分かっていないらしいのですが

いろんな説があります。

①脳の痛覚中枢に伝達する経路が存在しているから

②感覚受容器がたくさんあり、誤作動を起こして疼痛を軽減する

③筋膜ラインのほとんどが骨盤を経由しているため、筋膜のねじれの修正から疼痛を軽減する

などなど・・・

エネルギー系なども入れたら、もっといろんな説がありますね。

 

【仙腸関節を動かすためには?】

最初に、骨盤中間位で仙腸関節を安定させているのは

大臀筋と内腹斜筋と書きました。

やはり、仙腸関節の動きを引き出す場合は

腹膜系のアプローチと臀筋群に対するアプローチも重要になってきますね。

 

【仙腸関節をアプローチすると他にどんな効果が?】
①歩行機能のアップ
②体幹コアマッスルの活性化
③下肢血流量のアップ
④頸部〜胸郭〜上肢帯の筋緊張緩和
⑤筋膜ラインの修正(複数)
などなどがあります。

結果、肩こりや腰痛、膝痛などにも効きますから
絶対アプローチすべきですね。

 

【仙腸関節の評価】

仙腸関節の評価に対しては、

ブログでは簡単に書かせて頂きたいと思います。

まず、今から書かせて頂く評価は前傾や後傾でなく

仙腸関節・恥骨結合において生じる位置関係の変化を評価して行きます。

ここで指標にするポイントは、①ASIS ②PSIS ③恥骨の3つです。

①ASISが上方変位なのか?下方変位なのか?変位ないのか?

②PSISが上方変位なのか?下方変位なのか?変位ないのか?

③恥骨が上方変位なのか?下方変位なのか?変位ないのか?

以上の3つの位置関係を評価することで、骨盤の位置以上の状態をしっかり評価することができます。

 

慣れてくると、PSIS触れるだけで

全体の把握ができるのですが慣れたらでいいと思います。

 

位置以上をしっかり把握したら

仙腸関節のズレをしっかり3D意識して戻せば

アプローチは完了ですね。

 

仙腸関節はよく行うアプローチの1つでもあるので、しっかり行いましょう。

本日の記事は以上となります。

最後までお読み頂き誠にありがとうございました。

 

仙腸関節のアプローチはプレミアムコースでもお伝えしていますので

皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

ピックアップ記事

  1. 痛みの原因と分類を基礎から学び臨床に活かす(末梢神経・脊髄・脳)
  2. 【内臓治療】知っておいて良かった内臓治療に必要な腎臓の知識
  3. 【膝OA】膝の痛みを一気に取り除く!ピンポイントアプローチとは?
  4. 頭蓋仙骨療法を行う前に治療すべき筋・筋膜とは・・・?【クラニオセイクラル・セミナ…
  5. 内臓評価時間を短縮する問診スキル「東洋編」

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法を腰痛治療にどう活用するのか?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございま…

  2. ALLアプローチ協会

    知るだけで治療効果があがる内臓治療の基礎知識

    みなさん、こんにちは。関西支部の井上です。&n…

  3. ALLアプローチ協会

    肝臓治療における「五行色体表」の活用

    おはようございます。 オールアプローチ協会  鈴木正道です。 …

  4. ALLアプローチ協会

    下肢外側の痺れに対する筋膜・運動連鎖アプローチ

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  5. ALLアプローチ協会

    筋膜セルフメンテナンス紹介~痛みの戻りを減らすには?~

    筋膜セルフメンテナンス紹介~痛みの戻りを減らすには?~From 山…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

 

 

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 内臓治療

    内臓治療の精度・効果を更に上げる3つのポイントとは?
  2. ALLアプローチ協会

    内臓治療 使うタイミングが分からないあなたへ
  3. メンタルアプローチ

    ストレス軸に対する頭蓋・内臓アプローチ
  4. 内臓治療

    【内臓セミナー事前学習】腎臓のイメージを大切により深く
  5. ALLアプローチ協会

    セラピストのためのタッチの精度を極限まで上げる3つのポイント
PAGE TOP