セルフメンテナンス

【栄養指導・たんぱく質 パートⅠ】セラピストに必要なタンパク質指導の知識

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は

【体質・栄養指導・たんぱく質 パートⅠ】

セラピストのタンパク質指導

肉肉肉肉肉お肉「先生肉食べた方がいいんですよね?」

にお応えする指導内容

につてお伝えしたいと思います。

 

 

なぜこういった記事を書こうと

思ったかと言うと、

最近メディアで

肉食え肉食え肉食えと

「お肉で健康長寿」

といったテーマのテレビが

とても多いのです。

 

当然患者さんと会話をしていると

お肉お肉、お肉食べなきゃ

そういった話になります。

 

テレビの影響力ってすごいですね、

私が見たテレビでは、

瀬戸内寂聴さんが

肉をバクバク食べる映像や

 

ご高齢の元気な双子?の姉妹の片方が

朝からステーキを焼いて食べる映像

 

朝から健康番組で

肉を食べないからたんぱく質不足になる

だから肉を食べなさいと言った番組

 

肉押しが始まると次々に

有名人や健康番組を使った

肉を食べましょうキャンペーンです。

 

さて、

みなさんは専門職です。

 

みなさんなら

その質問にどう返しますか?

また、どのように提案しますか?

 

文献的な、たんぱく質の推奨摂取量

大体約体重1キロに対してたんぱく質1gが

必要になりますね、

高齢になるにつれて必要摂取量が

増えていきますね。

 

 

さあタンパク質の指導をしましょう。

 

何をまず考えますか?

 

なんでもそうですが、

まずリスクです。

効果も大切ですが、まずリスク。

 

あなたの指導で健康を損なう恐れもあります。

 

タンパク質の多量摂取で

リスクとなるのが

脱灰と腎機能障害です。

 

【脱灰と否定意見】

脱灰とは酸性であるたんぱく質が

体内を酸性に傾けてしまうため、

骨の中にあるカルシウムを使って

体内をアルカリ化しようとする。

普通はカルシウムは再吸収されますが、

慢性的な高たんぱく状態が続くと

骨がもろくなるといった内容です。

 

しかし、

本によっては

そもそも胃酸が強酸性のため

胃の中で酸性・アルカリ性といったことは

あまり意味をなさない。

胆汁・膵液がアルカリ性に

中和していくことが重要となります。

 

食品の酸性・アルカリ性という

分類法が考案されたのは100年以上前で

栄養学が未発達の時代の研究になるので

現在はあまり重要視されていないようです。

 

【腎機能障害について】

高たんぱく食は腎臓に悪いと言われています。

実際、2g/kg体重/日の多量蛋白質の摂取により、

健康な高齢者の腎障害のリスクが上昇すると

報告されています。

 

しかし、腎機能障害の本質は

糖質の過剰摂取による【糖化】です。

国内人工透析人口は約32万人

そのうち糖尿病性腎症が約11万人と

最も多く、透析患者の48%を占めています。

 

糖化→酸化→炎症サイクルの中で

腎臓の糸球体ろ過機能が低下し、

腎機能が低下します。

 

この状態でたんぱく質を多量摂取すれば

当然腎臓に負担をかけるので

医師の指示通りにたんぱく質制限食を

とる必要があります。

 

しかし、たんぱく質が原因で

腎機能を低下させているわけでは

ないようです。

 

つまり原因と結果は別ということです。

糖化による原因

結果、たんぱく質処理ができなくなる。

 

正常な腎機能を持っていれば

たんぱく質摂取は推奨されます。

 

 

では何が問題になるかというと、

 

問題①カロリーオーバー

タンパク質が豊富な食品、

特に肉や卵は比較的カロリーが高いです。

タンパク質をもっと多く摂りたい一心で、

たくさん食べてしまうと

結果的にカロリーオーバーとなり

肥満を招くということにもなりかねません。

 

カロリーをおさえつつ高タンパクを意識することは

とても大切。そのためには

脂肪分の少ない食品を選ぶ、

油を必要以上に使わない
食材や調理法を工夫して、

高タンパク低カロリーの食事を

意識する必要があります。

 

痛み・痺れ・炎症、不定愁訴で

病院に通院される患者様のほとんどが

糖質過剰摂取の状態でさらに運動不足です。

 

こういった方に肉でたんぱく質を

積極的に摂取してください。

そんな指導が有効だと思いますか?

 

 

 

問題②内臓疲労

摂取したタンパク質は、

体内で合成と分解を繰り返します。

その過程において、

食事から摂ったタンパク質のうち

余った(過剰な)ものは分解され

窒素となります。

 

窒素を体外に排泄するためには、

肝臓・腎臓の働きが必要です。

体内の分解過程で必要なくなった窒素は

アンモニアに変わります。

アンモニアは私たちの体にとって

有害な物質であるため、

肝臓で無害な尿素に変換されたのち

腎臓で尿として排出されます。

 

このときにタンパク質を

過剰に摂取してしまうと、

その分多くの窒素を

尿に変換しなければならなくなります。

そのため肝臓や腎臓にかかる負担が

普段よりも大きくなり、

内臓疲労を引き起こしてしまう

可能性があります。

 

また、消化困難なたんぱく質を

多量に摂取すると加齢による

消化酵素の減少によって

たんぱく質が分解されず、

食べて内臓を疲労させた割には

吸収できていないといった

こともあり得ます。

消化機能に見合った

食事内容でタンパク質を

摂取できることが必要ですね。

たんぱく質摂取は

栄養指導においてとても

重要事項です。

タンパク質摂取のリスクに関しては

次回のメルマガで続きを書かせていただきます。

本日は以上です。

 

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

 

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

もしよければFacebookで「いいね」「シェア」を

よろしくお願いいたします。

 

You tubeチャンネル登録もお待ちしております。

 

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

「いいね」と思ったらシェアして頂けますと幸いです↓

 

ピックアップ記事

  1. コミュニケーションの3つの構成要素(メラビアンの法則)
  2. 【内臓治療】十二指腸の解剖学的特徴とアプローチ
  3. 内臓治療に対する臨床思考「和洋折衷」
  4. 腰痛といえば、腸腰筋アプローチ(触診・機能・役割)
  5. 【大公開!】内臓治療における症状別傾向と対策 part⓶左肩編

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】アレルギーに対する内臓アプローチの思考方法

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. ALLアプローチ協会

    幸せを感じて幸せに寝る。朝良い便を出す方法

    おはようございます。 allアプローチ協会 鈴木 正道です。今日は…

  3. 健康・体質・栄養

    副腎の機能・治療【内臓治療‐ストレス‐カーフサイン】

    副腎の機能・治療【内臓治療‐ストレス‐カーフサイン】皆さん こんに…

  4. ALLアプローチ協会

    ストレス反応を知ることで内臓・腰痛にアプローチ 腰痛 内臓 ストレス

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. ALLアプローチ協会

    血管を知るって楽しいね♪ 血流と内臓から股関節を考える

    おはようございます。 all アプローチ協会 鈴木 正道です。 …

  6. 健康・体質・栄養

    大腸、小腸について!経絡治療?役割は?内臓治療?

    大腸、小腸について!経絡治療?役割は?内臓治療?皆さん こんに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. マインドセット

    2018年新年あけましておめでとうございます!1年間振り返ってみました!
  2. 内臓治療

    セラピストのための胸郭アプローチと内臓治療の重要性について
  3. 山口拓也

    患者さんはこれを求めている! 自己重要感の大切さ……
  4. 山口拓也

    心理学を用いたラポールの作り方
  5. ALLアプローチ協会

    コミュニケーションの3つの構成要素(メラビアンの法則)
PAGE TOP