セルフメンテナンス

【栄養指導・たんぱく質 パートⅢ】 セラピストのタンパク質指導

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は

【栄養指導・たんぱく質 パートⅢ】

セラピストのタンパク質指導

「先生肉食べた方がいいんですよね?」

にお応えする指導内につて

お伝えしたいと思います。

 

 

パートⅠ パートⅡの続きを

お伝えしたいと思います。

 

最近メディアで

肉食え肉食え肉食えと

「お肉で健康長寿」

といったテーマのテレビが

とても多いので

当然患者さんと会話をしていると

お肉お肉、お肉食べなきゃ

そういった話になります。

 

セラピストとして

どう返していくか、

たんぱく質指導は最近

フレイルやサルコペニアといった

話がでてくるようになってから

ほっとな栄養トピックスです。

 

きちんと説明できるようになっておきましょう。

 

前回までは

《パートⅠでは》

【基本】

・年齢、ライフステージごとの

たんぱく質必要摂取量

【リスク】

・脱灰、腎機能障害に対する

説明と否定的意見のまとめ

【肉でたんぱく質摂取する問題点】

・カロリーオーバー

・内臓疲労

 

《パートⅡでは》

【肉でたんぱく質摂取する問題点】

・腸内環境の悪化

・消化機能とたんぱく質

 

【たんぱく質摂取のポイント】

・栄養指導を聴いてもらうためのポイント

・何をどれくらい食べたらいいのか

 

 

前回に引き続き

たんぱく質摂取のポイントを

お伝えしていきます。

 

 

ポイント③アミノ酸スコアに関して

前回お伝えした、食品100gあたりに

含まれているたんぱく質の量は

イコール吸収できる量では

ありません。

 

たんぱく質にはアミノ酸スコアという

評価指数があります。

 

《アミノ酸スコア》

食べ物に含まれる「タンパク質」の量と

「必須アミノ酸」がバランス良く

含まれているかを

数字で表わした指標となるもの

 

必須アミノ酸の数値が

100に達しているものが

質の良いタンパク質であると言えます。

 

「必須アミノ酸」は、約20種類あるアミノ酸のうち、

体内で作り出す事の出来ない

9種類のアミノ酸

(イソロイシン・ロイシン・リジン・メチオニン・

フェニルアラニン・スレオニン・トリプトファン・

バリン・ヒスチジン)のことです。

 

それぞれに、カラダを作る働きがあり、

1つでも不足してしまうと、

健康なカラダを維持する事が

出来なくなってしまいます。

 

必須アミノ酸は、カラダのなかで

「タンパク質」を作るために欠かせない栄養素。

タンパク質は、

筋肉や皮膚、髪や内臓、骨や爪など、

カラダの材料となるので、

必須アミノ酸を十分に摂ることが

必要不可欠となります。

 

しかし、ただタンパク質を

食事から摂れば良いと言う訳ではありません。

 

タンパク質を含む食品でも、

肝心のアミノ酸が豊富に含まれていなければ、

いくら摂取しても、

カラダにとって有効な働きをしてくれません。

 

たんぱく質摂取を目標にするときは

アミノ酸スコアを参考にしてみましょう。

 

【 アミノ酸スコア 食品別数値】

・牛肉:100 ・鶏肉:100  ・豚肉:100 ・馬肉:100

・アジ:100  ・鮭:100   ・カツオ:100  ・イワシ:100

・卵 :100 ・牛乳:100  ・ヨーグルト:100

・精白米:65  ・玄米:68 ・食パン:44  ・胡麻:50

 

食費別数値を見ると、

肉魚・卵・乳製品をとれば安心と

思いがちですが、

 

アミノ酸スコアが100ではない食品でも、

他のたんぱく質を合わせて摂取することで

胃の中から腸で吸収される過程でアミノ酸スコアが

100になっているという

考え方もあります。

 

アミノ酸スコアだけみると

積極的に肉を食べた方が良いという

説明は理解できますが、

 

肉でなくても、魚でも大丈夫です。

 

とある栄養の先生の話だと、

肉でしかとれない栄養素なんてない。

肉を食べなくても健康でいられる

と話されている先生もいるようです。

 

私の個人的考えでも、

毎日肉を積極的に摂取することは

間違えではなくとも

パートⅠ Ⅱで説明させて頂いた

デメリットの方が不安が残ります。

 

リスクなく、効率的にたんぱく質を

摂取するためにはプロテインを活用するのも

いいかと思います。

 

最近は添加物や糖質が少ない製品も多く

販売されているので、

体に合うようであればプロテインも

日常的に補助栄養として

活用するのはいいと思います。

 

結局食品でアミノ酸スコアの高い

食事を摂取しても

消化できないことで吸収できなくなる

ケースもありますが、

 

この一日に必要摂取量とは

あくまで平均的なタンパク質摂取量です。

 

人によっては倍の量が必要な人もいるので

やや多めに摂取できたほうが安心です。

 

肉で摂取できないものは、魚や玉、

大豆製品の食べ合わせで補うか、

プロテインという形で楽に摂取することも

必要になることも増えてくると思われます。

 

最終的には楽に摂取できるということも

考えていきましょう。

 

プロテインの中にある添加物が不安でも、

その辺で売っている安い肉では

飼育の過程で何を使われているか

わからないことが多いので

どちらもそれなりの小さなデメリットは

あることを理解しておいていただきたいです。

 

 

最終的には、メリット(アミノ酸スコア)

デメリット、(消化吸収腸内環境、肥満内臓疲労 等)

を説明できて、患者様に一番合っている

方法を選択してもらうことが必要と考えられます。

<こちらの動画もオススメ>

 

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

 

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

もしよければFacebookで「いいね」「シェア」を

よろしくお願いいたします。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【五十肩】筋膜・経絡・内臓のつながりから治療効果を高める思考法とは?
  2. 胃反射点~治療 生理学 どんな人に治療するのか?
  3. 恥骨の調整に重要な筋・内臓・経絡について
  4. 内臓治療におけるシワよせ ~大腸・肝臓編~
  5. 【症例報告】リウマチの症状に圧倒的な結果を出した2症例

関連記事

  1. セルフメンテナンス

    【栄養指導・たんぱく質 パートⅠ】セラピストに必要なタンパク質指導の知識

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. ALLアプローチ協会

    栄養ください!!肝臓は、無料で働かない

    おはようございます allアプローチ協会 鈴木 正道 です。 …

  3. 健康・体質・栄養

    大腸、小腸について!経絡治療?役割は?内臓治療?

    大腸、小腸について!経絡治療?役割は?内臓治療?皆さん こんに…

  4. メンタルアプローチ

    自律神経症状の根本的なアプローチとは?

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠…

  5. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅢ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  6. 疾患別 治療

    脳卒中片麻痺に対する姿勢コントロールの重要ポイント

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    【栄養指導】便秘や精神不安定に対する患者様指導 マグネシウム実践編‼︎
  2. ALLアプローチ協会

    内転筋の効果的なアプローチに必要な知識・重要性について
  3. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法の1次呼吸が分かるためのコツとは…?
  4. ALLアプローチ協会

    頭蓋治療について【クラニオセイクラル‐1次呼吸‐頭蓋仙骨療法】
  5. ALLアプローチ協会

    痛みの原因と分類を基礎から学び臨床に活かす(末梢神経・脊髄・脳)
PAGE TOP