セルフメンテナンス

【血管アプローチ】毛細血管が消えてしまう2つの理由

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は、第3弾【血管・血流アプローチの考え方】

毛細血管が消えてしまう2つの理由

についてお伝えさせていただきます。

 

 

前回までに

血管・血流・毛細血管に問題が生じると起こる

体のトラブルに関して説明させていただきました。

 

 

血管・血流にトラブルが起きるから

筋委縮

関節炎

足のトラブル

手のトラブル

骨粗鬆症

薄毛

肌の皺

浮腫み

頭痛

冷え性

痺れ

痛み

強張り

PMS

 

そして

認知症や

脳血管疾患

多臓器不全

不妊

アレルギー

難病

 

などの重症ケースに

つながっていくことを

お伝えさせていただきました。

 

では、

どうやって血管にアプローチするのか?

なぜ毛細血管はゴースト化して消失してしまうのか?

 

説明させていただきます。

 

毛細血管は普通の太い血管と違って

隙間が空いていて、

栄養素を細胞に届ける構造をしています。

 

役割は動脈と静脈をつなぎ、

細胞に栄養を届ける末端の役割を担っています。

 

毛細血管は平滑筋を持たず、

内皮、壁細胞、基底膜からできている。

毛細血管の血管壁を特に毛細血管壁と

呼ぶこともあります。

 

内皮細胞を毛細血管壁細胞が直接接着し、

その周りを基底膜が取り囲むような構造に

なっています。

 

毛細血管は体の状態によって

増減を繰り返すので、

簡単に消失してしまうこともありますが、

逆に必要性が高まれば増殖することができる

血管です。

 

毛細血管がゴースト化してしまう原因には

大きく分けて2つ

①毛細血管の構造が壊れて液体成分が漏れ出す

②毛細血管の血流が滞る

 

の2つです。

 

①の血管の構造が壊れて液体成分が漏れ出す

液体成分が漏れ出すと、

末梢まで栄養が行き届かず

壊れた部分から末梢の血管が

ゴースト化、消失してしまう状態です。

 

ではなぜ血管の構造が壊れてしまうのか?

 

原因には

・加齢(まぁそうでしょうね)

 

・睡眠不足

→本来は寝ている間に成長ホルモンなど

血管を修復するホルモンが分泌され

末梢循環が改善されるよう修復されるが、

睡眠不足や寝る時間が不規則、

浅い眠りなどの質の悪い睡眠は

疲労・ストレスによる体の酸化を

促進してしまうので注意が必要。

 

・糖質の取りすぎ(大食い)

摂取しすぎた糖質によって血糖値の急上昇と

そこからの血糖値の急な低下が起こり、

ジェットコースターのような血糖状態を

繰り返すことにより、血管内壁の細胞から

大量の「活性酸素」が発生することが

分かっています。

 

この活性酸素は血管内皮や血管壁細胞を

傷つけることによって

毛細血管内を流れる液体成分が

過剰に漏れ出す原因となり、

 

結果、壊れた毛細血管より先の

血流が低下することで毛細血管が

消失してしまう原因となります。

 

 

動脈硬化においても、

こうして傷ついた血管壁を修復しようとした

免疫細胞が、傷ついた血管壁の内側に入り込み、

壁を厚くすることで血管内側を狭めていきます。

 

こうした高糖質状態が続くと

糖化・酸化・炎症ストレスから

糖尿病や糖尿病における

末梢循環不良や抹消神経障害に

つながっていきます。

 

では、

②における抹消毛細血管の血流が低下する原因は?

毛細血管に血液が流れている動画を見ると、

血管内を赤血球がなんとか通り抜けているのが

よくわかります。

 

毛細血管の太さからすると

赤血球一つが折りたたまれたりしながら

ようやく通り抜けられるぐらいの細さの中を

通っているので

赤血球の異常状態があると末梢循環に

大きな影響を及ぼします。

血管が壊れていなくても、

末梢血管を赤血球が通れていない状態も

また同じように血管が消失してしまう

原因となります。

 

こういった状態は、

赤血球の異常状態の時に起こります

 

ルロー(連鎖状配列赤血球)

アグリげ―ション(赤血球集合体)

 

といった状態です。

この状態は、

正常では綺麗な円状の赤血球が

血液中の分解されていない

たんぱく質(尿酸ナトリウム)が

赤血球の表面にこびりつき、

お互いが重なり合ってしまっている状態です。

 

この状態では酸素や栄養素、老廃物の

運搬が上手く行えないため

末梢毛細血管の血流も阻害されてしまい

通りの悪い毛細血管は消失してしまう

原因になります。

 

また、単純な脱水でも

体の水分は脳と内臓に優先的に

水分を供給してしまうコントロールをするので

 

慢性的な脱水状態は手足の毛細血管の血流を

低下させる原因になります。

 

 

次回は

毛細血管がゴースト化してしまう

原因から考える対処法と

臨床上の改善報告をお伝えしたいと

思います。

 

 

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

 

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

もしよければFacebookで「いいね」「シェア」を

よろしくお願いいたします。

【コラボセミナー】
先着20名様限定

【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】

セミナー

 

【メルマガ登録】
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです↓

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです↓

ピックアップ記事

  1. 認知的不協和テクニック【 簡単に相手の信頼を得られる方法!】
  2. 内臓治療を内臓以外からアプローチする秘密の方法とは・・・?
  3. 痛みの原因と分類を基礎から学び臨床に活かす(末梢神経・脊髄・脳)
  4. 片頭痛と戦う ミトコンドリアを強化しよう!
  5. 【内臓治療】セラピストが最低限知るべき膵臓の知識

関連記事

  1. ALLアプローチについて

    瞑想の重要性・効果・方法【内臓治療精度や集中力アップ】

    瞑想の重要性・効果・方法【内臓治療精度や集中力アップ】皆さん こん…

  2. 健康・体質・栄養

    【血管アプローチ】血管・血流にアプローチする考え方「入門編」

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  3. ALLアプローチ協会

    血管を知るって楽しいね♪ 血流と内臓から股関節を考える

    おはようございます。 all アプローチ協会 鈴木 正道です。 …

  4. ALLアプローチ協会

    【変形性股関節症】股関節屈曲時の痛みを改善させる意外な筋肉とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありが…

  5. ALLアプローチ協会

    リンパ系アプローチテクニックの重要性について・・・

    リンパ系アプローチテクニックの重要性について・・・…

  6. ALLアプローチ協会

    細菌と血液の質が、自己治癒力を高める

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 内臓治療

    内臓治療におけるしわ寄せとは?
  2. ALLアプローチ協会

    グランフェルト三角について・・・上腰三角の重要性!
  3. ALLアプローチ協会

    【姿勢改善】股関節伸展の盲点 内臓と鼠径靭帯のつながり
  4. ALLアプローチ協会

    (内臓治療)膵臓のアプローチを解剖・発生から考える【内臓調整】
  5. ALLアプローチ協会

    前脛骨筋の解剖学的特徴+アーチの基礎を解説【血管、神経、アーチについて…】
PAGE TOP