健康・体質・栄養

【血管アプローチ】血管・血流にアプローチする考え方「入門編」

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は、入門編【血管・血流アプローチの考え方】

血流・血管にアプローチすることの重要性

についてお伝えさせていただきます。

 

 

 

みなさんは筋膜アプローチや関節手技

筋力トレーニングや促通手技を

普段の臨床や施術で毎日のように行っていると思います。

 

その効果が最大限に発揮されるようにするために

必要な原理原則を理解できていますでしょうか?

 

こんな知ったか風な話をしていますが、

私も最近理解できてきていることです。

 

すでにみなさんも

知っていることかも知れませんが

初めて聞く話かも知れません。

 

知っていたけど、そこまで深くはなかったと

思う内容かも知れないので参考にしていただければ

幸いです。

 

みなさんが普段行っている施術では、

体のゆがみや、組織学的な滑走不全、

損傷部位の癒着や拘縮に対してアプローチをして

痛みや動きを改善することが多いかと思います。

 

これらすべてのアプローチの結果、

起こっていることは、

何かを修正することで

循環・血流の改善が起きていると

言うことです。

 

循環・血流が改善することで

血液・体液が運搬される

細胞に栄養・酸素が行きわたる

細胞の老廃物が排泄される

新しい細胞が再構築される

 

結果、

動きがよくなる

痛みが改善する

痺れが改善する

ことにつがなるわけです。

 

みなさんは脊柱管狭窄症における

下肢の痛み・痺れの原因は

腰椎で神経・血管が狭窄されるからだと

思いこまされていませんか?

 

筋膜アプローチをされる方は

その医師の説明が全てに当てはまる

わけではないことも理解されていると

思います。

 

実際整形外科で腰の診断をする時には

短い問診と

レントゲン(骨しか写っていない)で

ほぼ診断が下り、

その後、パルクスと言う血流を改善させる点滴や

痛み止めの薬が処方されます。

 

このパルクスという薬

末梢血管を拡張して血液の流れを良くして

足の痺れや痛みを改善する効果があります。

 

実際この薬で治療を受ける患者様には

楽になってきたと訴える方が多いのは事実です。

 

当たり前ですよね、効果を検証して出している薬なので

目的は達成してくれます。

他に何が起きていようとも。

 

レントゲンで骨アライメントの評価をして問診をして

結果、血流の問題にアプローチする。

これが多くの整形外科で行われている

脊柱管狭窄症のアプローチです。

 

腰椎を診て、アプローチをするのは末梢血管?

それなら最初から

慢性動脈硬化症を疑った検査をすべきなのでは?

と、私は疑問を感じます。

 

患者は主に下肢の痛みを訴えているのなら

末梢血管の検査も必要だと思います。

 

ちなみにこの慢性動脈硬化症を悪化させる危険因子は

喫煙・糖尿病・高血圧・脂質異常症・慢性腎不全が

あります。

 

しかし、この薬の副作用には

以下の物があります。

 

血管痛、肝機能異常、頭痛・下痢

腎不全の増悪、出血

など、当然動脈硬化や抹消も再血管を

無理やり拡張する作用は臓器・血管に

大きな負担をかけるようです。

 

みなさんの患者の血管はどうでしょうか?

ちなみに血管は

大動脈・静脈→抹消血管→毛細血管と

細かく分岐していき細胞に栄養を届けています

 

実際細胞に栄養を届けているのは

毛細血管であることも重要です。

 

この毛細血管は体中どこにでもあります。

細かすぎていちいち名前はついていませんが、

全ての臓器や筋・骨・関節には

細かい毛細毛管が張り巡らされていて

ミクロの世界で細胞に栄養を供給しています。

この毛細血管ですが、

人によって抹消毛細血管が減少し、

細胞がの栄養不足を起こしている

ケースが多いようです。

 

毛細血管が減少もしくは退行変性

血流低下してきている時に感じること

 

私が臨床で感じる所見を以下に挙げておきます。

 

なんで足が痩せてる?

足部・足底の筋が痩せているっておかしくないですか?

歩いているひとが痩せている

太っているひとが痩せている

これっておかしくないですか?

 

母趾球が痩せてしわしわになってますが

なぜでしょうか?

 

巻き爪・爪水虫などの爪の変形

なんで治療しても治療しても戻ってしまうのか?

おかしくないですか?

巻き爪治療してインソールを作成して

靴を自分にあった靴を作成してまで

巻き爪を予防しようとしても巻き爪が再発してしまう。

なぜでしょうか?

 

年をとってきたら手の指が変形してきた

曲がってしまった

伸びきらない

強張る

なぜ指の色が悪くなって、

変形してくるのか?

加齢だけが原因ですか?

 

骨粗鬆症

薄毛

肌の皺

浮腫み

頭痛

冷え性

痺れ

痛み

強張り

 

すべての根本にあるのは

血管・血流に関係があることは

明らかです。

 

このメルマガの続きで

痛み・痺れを改善させる血管・血質について

継続してお伝えさせていただきます。

 

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

 

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

もしよければFacebookで「いいね」「シェア」を

よろしくお願いいたします。

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

【FBページ「いいね」を押すと定期的に最新情報を確認することができます。】

 

 

【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】

セミナー

 

【メルマガ登録】
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです↓

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【筋膜×経絡】頑固な側腹部の硬さを効率的に緩めるには?~実技編~
  2. 頭蓋治療について【クラニオセイクラル‐1次呼吸‐頭蓋仙骨療法】
  3. 【五十肩】肩治療で絶対に診ておきたい7つの筋とは?
  4. 腸間膜への内臓アプローチについて
  5. 【筋骨格治療】筋膜・運動連鎖のつながりを活かした治療テクニック

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    冷え性に対する筋・筋膜アプローチ

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  2. セルフメンテナンス

    頭痛と本気で戦う【インナーアプローチ編①】

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  3. 健康・体質・栄養

    副腎の機能・治療【内臓治療‐ストレス‐カーフサイン】

    皆さん こんにちは ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。い…

  4. ALLアプローチ協会

    【症例報告・スポーツ】筋・筋膜・運動連鎖・経絡を考慮した回復支援

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  5. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅢ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  6. ALLアプローチ協会

    内臓治療追加情報 胃のアプローチの臨床思考

    おはようございますAllアプローチ協会 鈴木 正道です本日も当…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. 内臓治療

    隔膜の解剖学と治療の使い分けするを理解する・・・【骨盤隔膜・横隔膜と頭蓋仙骨療法…
  2. 内臓治療

    内臓アプローチの種類を複数解説‼︎誰でもできる内臓テクニック
  3. ALLアプローチ協会

    【内臓治療:肺】胸腔内の膜と胸郭アプローチに関して
  4. ALLアプローチ協会

    腸腰筋が引き起こす様々な障害とは…?
  5. 経絡治療

    【経絡】経絡治療の圧倒的メリットとは?
PAGE TOP