セルフメンテナンス

【血管アプローチ第6弾】血管が増えるのに血流が低下するってどうして!?(慢性腰痛・アキレス腱炎など)

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は、第六弾【血管・血流アプローチの考え方】

血管が増えるのに血流が低下するってどうして!?

(慢性腰痛・アキレス腱炎など)

についてお伝えさせていただきます。

 

 

第一弾では

施術と血流の関係性と

体は太っているのに

手足が痩せていることに対して疑問を投げかけました。

 

第二弾では

足から分かる血流状態と血質、その他の情報について

戻りに悩まされる理由について説明し、

視点を変えてアプローチをしていく必要性をお伝えしています。

 

第三弾では

末梢毛細血管がゴースト化してしまう

2つの原因を血管の損傷と赤血球の質から

説明させていただきました。

 

第四弾では

末梢毛細血管がゴースト化することを防ぐ

自己管理のポイントについて説明しています。

 

第五弾からは

病的血管もやもや血管と慢性痛について

お伝えしています。

 

そして今回は、

長引く痛みの原因、もやもや血管が

痛みも引き起こす原因について説明の続きを

お伝えいたします。

 

 

前回の内容としては、

【もやもや血管がなぜ痛みの原因になるのか?】

 

3つのポイントとして、

 

1.もやもや血管は漏れやすい

もやもや血管は炎症によって増殖した病的血管で、

血管の構造が漏れやすい構造になっています。

その理由は漏れることで炎症細胞である

白血球を炎症部位に運ぶため。

 

この炎症細胞は痛み物質を放出するため

炎症部位には痛みが生じています。

 

2.血管とともに増える疼痛神経細胞

人の毛管は発生の過程で血管の周りに神経も増殖していきます、

このことは多くの論文でも報告されているようで、

疼痛部位に異常神経が増殖しているか調べたら

異常血管が先に出来て、

あとから異常神経が増殖していたようです。

 

このもやもや血管と一緒に増殖する

異常神経は「裸の神経細胞=ミエリンがない神経」

であることが知られています。

 

長引く痛みは「ジンジン」「ズキズキ」

「チクチク」「重い」などと表現されることが多く

裸の神経線維から信号がおくられることで起きる

痛みの感じ方です。

 

そして今回は3つめの重要なポイントとして

 

酸素の盗み取られ状態

→血管はあるのに酸素が行きわたらない状態

について説明します。

 

長引くアキレス腱炎で

もやもや血管ができているケースでは、

アキレス腱にもやもや血管ができています。

 

こういった方のアキレス腱周囲の成分を

調べていくと、低酸素状態の時に作られる

乳酸という物質の濃度が高いそうです。

 

血管があるのに低酸素状態。

 

こうなってしまう原因には

もやもや血管がぐちゃぐちゃしていて

秩序がないため、栄養や酸素を届ける

パイプとしての役目を果たしていない

ために起きています。

 

もやもや血管が長く居座る原因が

このこととつながってきます。

 

この病的血管が増えている状態は、

正常な血流に対して、

意味もなく側副路ができてしまうことで、

本来であれば

末梢毛細血管に栄養を届ける血管の役割が、

途中で血管が増えて

動脈から静脈へ血液を流してしまい、

本来末梢に届けるはずの栄養が

届くことなく静脈に流れてしまうと

いったことが起きてしまいます。

 

そうなると動脈血は

本来の役目を果たすことなく

静脈に流れてしまい、

末梢の毛細血管は低酸素状態、

ということが起きてしまいます。

 

このように動脈から静脈に

直接流れ込むような血管を

「動静脈短絡」といいます。

 

このように酸素を奪われた末梢組織は

血管が少ないと勘違いして、

新しい血管を作るように指令を出す

VEGFという物質を作り出します。

 

VEGF(血管内皮増殖因子)

という物質が作り出す

新しい血管も、もやもや血管なので

悪循環が続き、長い期間に渡って

痛みが残存するケースが多くなるようです。

 

特に炎症によって急増される

血管はもやもや血管になりやすいようです。

 

このようにしてもやもや血管が増殖していくと

酸素不足から発生する乳酸による

慢性的な痛みが引き起こされやすくなるので、

もやもや血管は慢性疼痛の原因となりやすく

なっています。

 

 

【なぜ血管新生するともやもや血管になるのか?】

もやもや血管は、40代を過ぎると

増加してくる傾向にあります。

 

その理由には、もやもや血管を作らないようにする

システムが本来は体に備わっていて、

 

軟骨や靭帯、腱に余計な血管を作らないように

コントロールしています。

 

その防御システムが40代を過ぎるあたりから

低下してくる傾向にあるため

四十肩や中高年の腰痛・膝痛が増えてくる

ということです。

 

 

この血管シリーズでも

様々な理由で末梢毛細血管の血流が低下し、

細胞が機能を落とす流れをお伝えしてきましたが、

 

・毛細血管が活性酸素で壊れて消失する

・赤血球の質が低下して毛細血管を流れない

に加えて、

 

・もやもや血管が末梢の栄養を盗み取る

という新しい血管機能を低下させる

原因が追加されてきます。

 

次回のメルマガでは

もやもや血管を作り出しやすい

生活習慣や特徴について説明させて

いただきます。

 

 

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

 

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

もしよければFacebookで「いいね」「シェア」を

よろしくお願いいたします。

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

【FBページ「いいね」を押すと定期的に最新情報を確認することができます。】

 

 

【筋膜アプローチセミナー】

【メルマガ登録】
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中

 

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです

ピックアップ記事

  1. 靴下着脱動作の獲得に有効な筋ランキング ベスト5
  2. 「もどり」が早い人の問題となりやすい内臓システムとは?
  3. 承認の在り方が、片麻痺患者様の歩行自立に導いた症例
  4. 横隔膜評価、テクニック編【呼吸補助筋や腰痛、背部痛】
  5. セラピストのためのタッチの精度を極限まで上げる3つのポイント

関連記事

  1. 内臓治療

    内臓・経絡・経穴と大腰筋の調整

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  2. 山口拓也

    冷え性に対する筋膜治療アプローチ紹介

    【冷え性に対する筋膜治療アプローチ紹介】皆さん こ…

  3. ALLアプローチ協会

    腸内細菌について

    おはようございます。オールアプローチ協会 鈴木 正道です。前回…

  4. 健康・体質・栄養

    睡眠の重要性【治療効果アップ、疲労回復、セロトニン、成長ホルモン】

    皆さん こんにちは ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。大…

  5. セルフメンテナンス

    外反母趾に対する骨・筋膜・内臓アプローチ

    おはうございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【肩こり治療】 筋・筋膜のつながり、癒着の観点
  2. ALLアプローチ協会

    心臓の解剖学的イメージ【膜】
  3. セルフメンテナンス

    【内臓アプローチ】胃の形と動きを勘違いしていました!
  4. ALLアプローチ協会

    筋膜治療で大切な5つの癒着・硬結ポイントの紹介
  5. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅣ】体幹機能を支える神経システムと内臓の関係性
PAGE TOP