健康・体質・栄養

便で簡単健康チェック

おはようございます。

all アプローチ協会  鈴木 正道です。

本日は「便」についてお話しさせていただきたいと思います。

 
 
 
サッカーの長○選手が言っていました。男の世界で下ネタは、世界共通で笑いをとれて友達を作れると。
 
僕もそう思います。
 
 
では治療業界ではどうでしょうか?当然下ネタはダメです。
 
 
便の話はどうでしょうか?
 
すべての人に共通する話ではないかもしれませんが、かなりの確率で患者様は便の悩みを抱えていると思いませんか?
 
ちなみに、いきなり便の話をするのは止めましょう。街中やレストランで便の話はしないのと一緒で、普通便の話はしないです。(私は便の話だけで10分ぐらいは話していられますが)
 
 
ある程度の関係性を施術の結果などで築いた後、問題点の深堀をする時にそっと話の中に入れていくことで違和感なく問診できると思います。
 
あくまで専門家として問診してください。
 
 
ではみなさん便とは何からできていて便の役割とは何か、どのような便が良いわかりますか?
 
 
便は栄養を吸収し終わった絞りカスみたいに言われますが、水を除いた便の構成要素6割~7割が腸内細菌の死骸と言われます。残りの3~4割が消化されなかった食物繊維や不要なミネラルなどの食べカスです。
 
 
便の大切な役割とは毒作用です。体内毒素を排出する機能のう75%が便20%が尿、3%が汗・呼気、残りに痰や目やに、耳垢、髪の毛、爪などがあります。便がこれほど大きな解毒の役割を持っているとしっていましたか?
 
 
最後にどのような便が理想か。量はバナナ1~2本分、ニオイはツンとした悪臭がしない、ふわっとしていて水に浮く。力まずストーンと出る。回数は一日1~2回です。
 
 
患者さんと専門的に便の話をしてみませんか?
 
本日はここまでにします。
 
最後までおつきあいいただきありがとうございました。

 

追伸

栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会

公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内

ALLアプローチ協会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 頭蓋仙骨療法を腰痛治療にどう活用するのか?
  2. 触診の達人になるための「タッチのコツ」【内臓治療等で重要なタッチとは?】
  3. 【筋膜×経絡】頑固な側腹部の硬さを効率的に緩めるには?~実技編~
  4. 糖尿病の方に行う代替医療・東洋医学テクニックの解説(内臓治療・頭蓋仙骨療法)
  5. 腸内細菌について

関連記事

  1. 健康・体質・栄養

    副腎の機能・治療【内臓治療‐ストレス‐カーフサイン】

    副腎の機能・治療【内臓治療‐ストレス‐カーフサイン】皆さん こんに…

  2. セルフメンテナンス

    ハンス・セリエのストレス内臓反応

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠に…

  3. 健康・体質・栄養

    頭痛と本気で戦う(基本知識)

    はようございます。All アプローチ協会 関東支部…

  4. ALLアプローチ協会

    栄養ください!!肝臓は、無料で働かない

    おはようございます allアプローチ協会 鈴木 正道 です。 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. 内臓治療

    心臓反射点一覧~治療まで、筋膜の関係性 【心臓₋反射点₋筋膜】
  2. ALLアプローチについて

    肝臓の運動学的特徴「移動・自動・可動」
  3. 健康・体質・栄養

    便秘と下痢の定義とは?食物繊維&内臓治療&栄養指導について!?
  4. ALLアプローチについて

    セロトニンの幸せになる以外の効果とは?【幸せ‐腸‐効果‐ストレス軽減】
  5. ALLアプローチ協会

    内臓の機能・役割・システムを全解説‼︎ 内臓アプローチをうまく使うためのコツ
PAGE TOP