健康・体質・栄養

東洋医学における季節の過ごし方と食の知識【春】

おはようございます。all アプローチ協会 鈴木 正道です。
 
 
今日は理学療法士・作業療法士・柔道整復師の方々へ向けて
 
 
東洋医学における季節の過ごし方と食の知識【春】についておつたえいたします。
 
 
 
みなさんは季節によってなんだか最近肩の患者が多いな、膝の患者が多いな、鬱っぽい患者が多いなと,
 
時期による患者層の変化を感じていませんか?
 
整形外科の外来や個人治療院で働いている方にはあるあるネタだと思います。
 
 
そういった季節の特徴は東洋医学では五行五季での特徴があり、西洋医学では年周リズムや自律神経の働きで体に変化が起こりやすいです。
 
 
 
今日は東洋医学における春の特徴と過ごし方についてお伝えします
 
春は、冬の冷たい空気が緩み、暖かな陽気が満ちてくることで草花が芽吹き、のびやかにエネルギーを発揮する季節です。
 
東洋医学では、春は新芽が青葉へとぐんぐん成長していくように、上昇のエネルギーが強くなると考えられます。
 
 
春になると、たっぷり寝たのに眠い、体がだるいなど、さまざまな不調が現れるのはなぜでしょうか?
 
気温の低い冬は交感神経が活発に働きますが春を迎えて少しずつ暖かくなると副交感神経が活発になってきます
 
さらに、春は日照時間の短い冬と日照時間の長い夏時間の移行時期にあたるため、体内時計が時差ボケのような状態になり、特に眠気を感じやすくなるのです。
 
また、気候も環境も変化が多い春は、ストレスによって「肝」の不調がおこりやすくなります。
 
 
【肝の不調】
 
ストレスや過労で、肝の「気」の流れが滞ると、情緒不安定になる、イライラする、怒りっぽい、脇や胸が張
 
る、肩こり、生理痛、頭痛、便秘などの症状が現れます。
 
肝の「血」が不足したり、滞ると、目のかすみ、視力低下、肌の乾燥、爪が割れる、手足がつる、しびれ、痙攣
 
などの症状が現れます。
 
 
 
【春の食養生】
 
春に更新しやすい「肝」の働きを正常に戻すには、いちごやオレンジ、グレープルーツ、ヨーグルトなどの酸味
 
がある食べ物がおススメです。
 
酸味にはイライラした気持ちを抑え眠りを深くして、胃腸の働きを高める作用があります。
 
反対に、ショウガやネギ、黒コショウなどの辛い物を食べると「肝」の働きが亢進して、イライラが強く出やす
 
いため、春の時期は控えめにするほうがよいでしょう。
 
 
【春の鬱】
 
春は環境の変化による緊張や不安によるストレスにより、メンタルや体調の不調をきたしやすくなります。
 
エネルギーが満ち溢れる春の陽気の高まりに心と体がうまく対応できないと、「気」のめぐりが乱れて「気滞」
 
になりやすい傾向にあります。
 
そういった不調が心に強く表れ、鬱になるひとも少なくありません。
 
「気」のめぐりを良くするには、軽い運動や入浴で汗をかいたり、セロリやみつば、ミントなどの香りのある野
 
菜や柑橘類を食事に取りきれたりするのが効果的です。
 
 
今日は春の特徴と過ごし方についてお話させていただきました。春と肝の関係性と特徴を理解し、季節に配慮し
 
た対応ができるよう参考にしてください。
 
 
本日も最後までおつきあいいただきありがとうございました。  
 
今日も一日良い時間をお過ごしください。
 
allアプローチ協会 鈴木 正道
 
 
セミナーご案内

ALLアプローチ協会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【内臓治療】十二指腸の解剖学的特徴とアプローチ
  2. 魔法の脳内伝達物質エンドルフィンを治療に生かす方法とは・・・?
  3. 知るだけで治療効果があがる内臓治療の基礎知識
  4. トータルコンサルティング(経営塾)のご案内
  5. 坐骨神経痛介入の新しい知見!~運動連鎖の視点から考える~

関連記事

  1. ALLアプローチについて

    瞑想の重要性・効果・方法【内臓治療精度や集中力アップ】

    瞑想の重要性・効果・方法【内臓治療精度や集中力アップ】皆さん こん…

  2. ALLアプローチ協会

    足揺らし操体×経絡治療!【全身調整テクニック】

    足揺らし操体×経絡治療!【操体法×経絡治療】From 山口拓也…

  3. 健康・体質・栄養

    冷え性の知識と原因(臨床思考の材料)

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  4. ALLアプローチ協会

    【肩こり治療】内臓と感情が肩こりへ与える影響

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】便秘に対する内臓アプローチ(大腸の奇形や変形パターン含め)

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    腰痛といえば、腸腰筋アプローチ(触診・機能・役割)
  2. 筋膜

    股関節治療における動作・筋肉・アライメントの評価について
  3. 山口拓也

    多裂筋の治療が腰痛改善のヒントとなる?【解剖・腰痛・コアマッスル】
  4. ALLアプローチ協会

    肋骨と内臓の関係性【内臓治療‐反射点一覧】
  5. ALLアプローチ協会

    【内臓・体質・自己治癒力】内臓治療の目的・目標
PAGE TOP