健康・体質・栄養

東洋医学における季節の過ごし方と食の知識【春】

おはようございます。all アプローチ協会 鈴木 正道です。
 
 
今日は理学療法士・作業療法士・柔道整復師の方々へ向けて
 
 
東洋医学における季節の過ごし方と食の知識【春】についておつたえいたします。
 
 
 
みなさんは季節によってなんだか最近肩の患者が多いな、膝の患者が多いな、鬱っぽい患者が多いなと,
 
時期による患者層の変化を感じていませんか?
 
整形外科の外来や個人治療院で働いている方にはあるあるネタだと思います。
 
 
そういった季節の特徴は東洋医学では五行五季での特徴があり、西洋医学では年周リズムや自律神経の働きで体に変化が起こりやすいです。
 
 
 
今日は東洋医学における春の特徴と過ごし方についてお伝えします
 
春は、冬の冷たい空気が緩み、暖かな陽気が満ちてくることで草花が芽吹き、のびやかにエネルギーを発揮する季節です。
 
東洋医学では、春は新芽が青葉へとぐんぐん成長していくように、上昇のエネルギーが強くなると考えられます。
 
 
春になると、たっぷり寝たのに眠い、体がだるいなど、さまざまな不調が現れるのはなぜでしょうか?
 
気温の低い冬は交感神経が活発に働きますが春を迎えて少しずつ暖かくなると副交感神経が活発になってきます
 
さらに、春は日照時間の短い冬と日照時間の長い夏時間の移行時期にあたるため、体内時計が時差ボケのような状態になり、特に眠気を感じやすくなるのです。
 
また、気候も環境も変化が多い春は、ストレスによって「肝」の不調がおこりやすくなります。
 
 
【肝の不調】
 
ストレスや過労で、肝の「気」の流れが滞ると、情緒不安定になる、イライラする、怒りっぽい、脇や胸が張
 
る、肩こり、生理痛、頭痛、便秘などの症状が現れます。
 
肝の「血」が不足したり、滞ると、目のかすみ、視力低下、肌の乾燥、爪が割れる、手足がつる、しびれ、痙攣
 
などの症状が現れます。
 
 
 
【春の食養生】
 
春に更新しやすい「肝」の働きを正常に戻すには、いちごやオレンジ、グレープルーツ、ヨーグルトなどの酸味
 
がある食べ物がおススメです。
 
酸味にはイライラした気持ちを抑え眠りを深くして、胃腸の働きを高める作用があります。
 
反対に、ショウガやネギ、黒コショウなどの辛い物を食べると「肝」の働きが亢進して、イライラが強く出やす
 
いため、春の時期は控えめにするほうがよいでしょう。
 
 
【春の鬱】
 
春は環境の変化による緊張や不安によるストレスにより、メンタルや体調の不調をきたしやすくなります。
 
エネルギーが満ち溢れる春の陽気の高まりに心と体がうまく対応できないと、「気」のめぐりが乱れて「気滞」
 
になりやすい傾向にあります。
 
そういった不調が心に強く表れ、鬱になるひとも少なくありません。
 
「気」のめぐりを良くするには、軽い運動や入浴で汗をかいたり、セロリやみつば、ミントなどの香りのある野
 
菜や柑橘類を食事に取りきれたりするのが効果的です。
 
 
今日は春の特徴と過ごし方についてお話させていただきました。春と肝の関係性と特徴を理解し、季節に配慮し
 
た対応ができるよう参考にしてください。
 
 
本日も最後までおつきあいいただきありがとうございました。  
 
今日も一日良い時間をお過ごしください。
 
allアプローチ協会 鈴木 正道
 
 
セミナーご案内

ALLアプローチ協会

ピックアップ記事

  1. 【腰痛×運動連鎖】腰痛治療で圧倒的な差をつけるための大腰筋・大殿筋治療とは?
  2. 内臓治療 心臓編 【生理学 テクニック マニュピレーション 効果】
  3. 便秘に対する7つの筋骨格・内臓・生活習慣アプローチとは?
  4. セラピストのためのタッチの精度を極限まで上げる3つのポイント
  5. 「私の平熱35度台なんです~」 もう少しで死にかけますよ?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    セラピストのためのエビデンスに基づく「白湯の作り方」

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。…

  2. ALLアプローチ協会

    セラピストが最低限知るべき栄養学の知識とは?

    セラピストが最低限知るべき栄養学の知識とは?皆さん こんにちは…

  3. ALLアプローチ協会

    【頭蓋・内臓】発達の過程から考える頭蓋骨と内臓のつながり

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  4. セルフメンテナンス

    外反母趾に対する骨・筋膜・内臓アプローチ

    おはうございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠…

  5. 健康・体質・栄養

    脂質の役割を考える {健康油って流行ってるよね?}

    おはようございます。all アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 筋膜

    筋を緩めるのはなぜですか?
  2. 内臓治療

    セラピストのための肝臓知識編!【作用 最初に治療すべき内臓】
  3. ALLアプローチ協会

    【骨格・筋膜調整】足部アライメントを調整して結果を出す考え方
  4. ALLアプローチ協会

    【症例報告】内臓治療 腸の調整によりリウマチの左肘痛が改善した症例
  5. 山口拓也

    あなたの人生の価値基準知っていますか?
PAGE TOP