セルフメンテナンス

血管血質アプローチ 重要ポイントまとめ】セラピストが関われる血管・血質に対するアプローチとは!?

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は、血管・血流アプローチの考え方

全8回の重要ポイントのまとめを

お伝えさせていただきます。

まとめの中でもう少し詳しく知りたいと

感じてくださった方は、過去の1~8のメルマガを

再度チェックしてみてください。↓

https://allapproach1.com/

 

 

今回血管・血流シリーズをお伝えした背景には、

結局血液が運ばれない

もしくは

運ばれにくくなってきている部位は

萎縮や、感染・筋力低下・変形が起きやすく、

 

当然炎症も起きやすく治りにくいという

特徴があります。

 

ではどういった場合に血管や血流に

問題が起きやすくなるか知っておくべきだと

思います。

 

第1弾まとめ

脊柱管狭窄症など下肢の痺れや

間欠性跛行は腰椎の狭窄によるものではない

下肢の動脈硬化によっても引き起こされる。

腰部の狭窄がそのままでも、

有酸素運動による血流の改善・血管新生により

症状の改善が得られるケースがある。

脊柱管狭窄症でも、動脈硬化に対する

服薬や点滴で効果がある場合は血管・血流の

問題も大きかったと考えられる。

 

第2弾まとめ

血管血流血質に

問題が出てきているケースの評価方法として

足の観察を紹介しました。

足趾の変形や爪の感染状態

全身の太り方と足部の痩せ型のギャップ

浮腫みや皮膚の乾燥や偏食、皮膚の脆弱

心臓から一番遠く、重力の問題や

全身の液体の流れの悪さが一番出る

足から評価していくことをお伝えしています。

 

 

第3弾まとめ

末梢毛細血管がゴースト化する

2つのポイントについてお伝えさて

頂きました。

一つ目は

加齢・睡眠不足などの不規則な生活に加え、

高糖質の食生活による高血糖が

血管壁を破壊し、毛細血管を漏れる血管に

してしまうこと

二つ目は

消化不良や腸壁の炎症によって血管内に

漏れ出た糖質・たんぱく質・脂質が

赤血球を連鎖状態や集合状態にしてしまい、

毛細血管を流れにくくしてしまい、

血管、血流の流れない毛細血管がゴースト化して

しまうといった内容です。

 

第4弾まとめ

血管を守って増やす3つのポイントを

お伝えしました。

1つ目が

活性酸素対策、

血管内で活性酸素が大量発生すると

毛細毛管の内皮細胞を傷つけるので、

抗酸化力を高めるための食事や食物を

摂取することが大切です。

 

2つめが運動

有酸素運動は抗酸化力を高め、

末梢の毛細血管の血流を増加させ、

血管新生を促し、血流を改善してくれます。

 

3つめが呼吸の促通

呼吸機能が低下していると

全身の隔膜機能も低下してしまうため

リンパ液の流れや細胞内循環が低下し、

末梢血管血流も低下するので

呼吸機能のコンディショニングは

血管・血流のアプローチにはとても

重要になります。

 

 

第5弾・第6弾まとめ

慢性痛の起きている場所は

もやもやした病的血管が

異常に増加していて、痛みの直りを

悪くしている原因になっていて、

そのもやもや血管が痛みを起こす

3つの理由をお伝えしています。

 

1つ目

病的血管は漏れやすい。

炎症部位に白血球や炎症細胞を

集めるために漏れやすい構造をしている。

そのためいつまでも残存していると

炎症成分や水分が漏れやすく

浮腫みや痛みが改善しにくくなる。

 

2つ目

もやもやした病的血管には

一緒にミエリンの無い裸の神経が

一緒に増殖しているため、

痛みを関しやすくなっている。

血管がいつまでも残存していると

痛みも感じやすいままになっている。

 

3つ目

酸素の盗み取られ

側副血管が異常に増殖するため

末梢細胞に酸素を届ける前に、

動脈から静脈に血液が流れてしまい

末梢まで酸素が行き届かない。

細胞は酸欠になり乳酸が溜まりやすく、

痛みを発しやすい状態になる。

 

第7弾まとめ

病的血管を作りにくくするための

生活習慣として

①有酸素運動

痛みによって安静をしていると

余計に血流が低下して、

体から血管を増やせという

血管内皮細胞増殖因子が分泌されてしまう。

運動をすることで血流を改善し、

病的血管を増えにくくすることが必要。

 

②高カロリー食・高血糖に注意

高カロリー食を続けていると

全身血管が微弱炎症を起こしやすくなり、

脂肪内に毛細血管が増殖しやすくなることが

ラッドレベルで分かっている。

 

もともと糖尿病では

糖尿病性網膜症や腎症で

異常毛細血管が増えやすいことが

わかっている。

 

高血糖による活性酸素の増加や

末梢血管の血流低下、細胞の酸欠を

予防することで異常血管の増加を防ぐ。

 

第8弾まとめ

直接的な病的血管へのアプローチとして

ストレッチが有効。

腱に出来た病的血管の増殖には

ストレッチによる刺激が病的血管増殖を

防ぐ効果が報告されている。

 

脂肪体や滑膜に対しては圧迫による

阻血が有効となりやすい。

 

その他、医師の治療手段としては

ステロイドを炎症圧痛部位に使用することも

効果が報告されている。

 

シリーズ全体のまとめ

第1~8弾まで振り返ってみると

ネガティブな血管新生とポジティブな血管新生が

あることがわかります。

 

その違いは資料を読んでいると、

安静や運動不足、血流障害や炎症タイプへの細胞の

変化によって血流障害が起きることでの血管新生は

病的血管の増殖につながりやすく、

 

有酸素運動や血流の改善による血管新生は

炎症を起こしにくく、病的血管の増殖も防いでくれる

ことがわかります。

 

血管・血流を保つには

適度な運動と、抗酸化能力、食事の管理、呼吸・循環の改善が

必要であることがわかります。

 

こういった血質・血管の生理的なものを

自分の患者の状態を観察し、生活指導・食事指導に

役立てていただければ幸いです。

 

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

 

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

もしよければFacebookで「いいね」「シェア」を

よろしくお願いいたします。

 

セミナーのご案内

【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】

【心理学×栄養学セミナー】

ALLアプローチ協会

【メルマガ登録】

理学療法士-作業療法士-セミナー

 

ピックアップ記事

  1. 【内臓治療】【身体感覚】ファスティングをすることで得られる感覚
  2. ポジショナルリリースセラピーって何?【筋硬結~筋緊張~治療への応用!】
  3. ポ○モン育ててる場合じゃない!細菌育ててモテましょう!
  4. 【脊柱管狭窄症】なかなか取りきれない痛みを改善させるには?
  5. 大殿筋の基礎・血管などの重要性【腰痛との関連】

関連記事

  1. 健康・体質・栄養

    副腎の機能・治療【内臓治療‐ストレス‐カーフサイン】

    副腎の機能・治療【内臓治療‐ストレス‐カーフサイン】皆さん こんに…

  2. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】逆流性食道炎に対するアプローチと思考方法

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  3. ALLアプローチについて

    肝臓治療における五行の活用 「相乗」 「相侮」

     おはようございます。  オールアプローチ協会  鈴木…

  4. 内臓治療

    【内臓治療】胃の解剖的特徴(膜と立体感)

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  5. ALLアプローチ協会

    マニアック肝臓解毒シリーズ「グルタチオン抱合」

    おはようございますall アプローチ協会 鈴木 正道です。本日…

  6. ALLアプローチ協会

    蛋白質の選び方と注意点(動物VS植物)

    おはようございます。all アプローチ協会 鈴木 正道です。今…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 内臓治療

    脳脊髄液と自律神経の関わりについて
  2. 山口拓也

    胸椎の重要性【胸椎治療‐自律神経‐セルフメンテナンス‐内臓治療との関係】
  3. ALLアプローチ協会

    セラピストのためのエビデンスに基づく「白湯の作り方」
  4. ALLアプローチ協会

    内臓治療 胸腺編 【免疫力向上 内臓調整 テクニック】
  5. ALLアプローチ協会

    【頭蓋・内臓】発達の過程から考える頭蓋骨と内臓のつながり
PAGE TOP