ALLアプローチ協会

内臓反射点・足底反射区・経穴 3つの調整方法と使い方について

 

今回は、「内臓反射点・足底反射区・経穴(ツボ)」についての記事です。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。

 

内臓反射点と足底反射区と経穴を皆さんどのように使い分けているでしょうか?

知識としては、上記の3つは知っておいて損はないと思いますので

解説していきたいと思います。

先日のツイートはこちら↓

 

【内臓反射点について】

内臓反射点は、オステオパシーの本をよく買うと

よく書いてあったりしますよね。

内臓の異常をきたすと

浅筋膜の部分に腫れてしまうことから

内臓と身体表面のゾーンで反応が結びついている部分があります。

 

それを応用してアプローチにしたのが

内臓の反射点アプローチです。

 

内臓体性反射って皆さんも聞いたことありますよね。

だいぶ昔にメルマガで書いたと思います。

 

この内臓反射点には

髄節ネットワークが関係しています。

 

脊髄を介して

内藤と結びつく筋肉・関節・骨膜

皮下組織・筋膜・皮膚の代謝などに影響を与えています。

 

内臓の反射点アプローチは

上記の神経によるつながりや

体液循環(主にリンパ)が影響して内臓に良い影響を与えるとされています。

 

【足底反射区について】

足底反射区は、経穴(ツボ)と誤解されてしまうことが多いようですが

そもそもアメリカの医師が考案した治療法であり西洋医学も入ってます。

経穴は、中国の医学ですから全然違いますね(笑)完全な東洋医学です。

 

先ほど、内臓反射点は体液循環の関与があると書きましたが

足底反射区は、各器官や内臓につながっている末梢神経が集中しているところです。

神経を介して各部位にアプローチできるんですね。

足裏だけで全身へアプローチできるのだから工夫すれば凄いテクニックになりそうではないですか?

 

【経穴について】

経穴は、先ほども書きましたが

中医学の概念ではありますが

今では医学的関連もあるとされています。

 

ほとんどの経穴が重要な血管や神経などと場所が同じ

トリガーポイントと8割一緒というデータも出ています。

 

経穴は、エネルギーの通り道である部位の途中で

経絡が合流したり分岐したりする部分の事を指します。

 

つまり

経穴の調整はエネルギー治療に近いと思います。(もちろん、体液循環や神経の関係も深いと思いますが)

 

以上が3つの解説でした。

次に、私のアプローチ方法について解説して行こうと思います。

 

【アプローチの使い分け】

■内臓反射点の場合

これは、通常通り内臓の調整に行えば良いと思います。

足底反射区よりも内臓反射点の方が内臓は緩みます。(私の感覚ですが)

もちろん、経穴もうまく使えば内臓反射点よりも反応が良いのですが

詰まっている経穴を見極める練習が必要です。

セミナー受講生さんにも経穴の扱いは難しいのでどんどん練習しておきましょう。

 

<関連記事>
脊柱内臓反射点について
https://bit.ly/39wRZv3

 

■足底反射区(山口のやり方)

私は、足底腱膜の調整をするときに

一緒にアプローチします。

足部のアーチを作りながら

硬さが出ている場所だけ見極めて神経系に刺激を加えていく。

足部から全身のアプローチができるんでオススメですよ。

足底反射区の良いところは全身に影響が出せるところです。

 

■経穴の扱い

経穴は、たくさんあるので

まず経絡ラインの中で詰まっている場所を探します。

悪くなっているところがしっかり見つけ出せるかが大事ですね。

これは練習が必要なので、分からない場合は有名な経穴をアプローチするところから始めて良いと思います。

足三里とか合谷とか血海とか。

経穴の良いところは、エネルギーが滞っている経穴をアプローチできれば

効果が非常に高いところにあります。

内臓や筋膜・エネルギーを同時にアプローチできますからね。

 

<関連記事>
トリガーポイントと経穴の関係性について
https://bit.ly/2TNyyra

 

やはり使い方が大事ですね。

3つのアプローチ全部オススメなのでぜひ活用して下さい。

セミナーでは足底反射区が教えていませんが、ネットで調べたらすぐに勉強できるので

ぜひ勉強して実践してみて下さい。

FBやツイッターでのシェアやリツイートお待ちしております。

本日は以上となります。

山口拓也

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 腕神経叢と胸郭出口症候群のしびれについて
  2. 内臓治療に対する臨床思考「和洋折衷」
  3. セラピストのための胸郭アプローチと内臓治療の重要性について
  4. 話題の鎖骨ほぐしについて【鎖骨アプローチ・テクニックの重要性】
  5. 片頭痛と戦う ミトコンドリアを強化しよう!

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓・体質・自己治癒力】内臓治療の目的・目標

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  2. ALLアプローチ協会

    知るだけで治療効果があがる内臓治療の基礎知識

    みなさん、こんにちは。ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。…

  3. ALLアプローチ協会

    1人で頭蓋仙骨療法・クラニオセイクラル 1次呼吸を自力で拡大

    いつもALLアプローチ協会 公式メルマガ・ブログを読ん…

  4. ALLアプローチ協会

    肺治療の効果を倍増させる5つの方法とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありが…

  5. ALLアプローチ協会

    片頭痛を筋膜リリースでスッキリ改善!?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    【症例報告】下部胸椎と消化器系の関係とは?  
  2. 山口拓也

    リハビリ 職に必要な手根管症候群に対して徒手治療について
  3. ALLアプローチ協会

    治療直後に痛みが変化せず、テンパってしまうあなたへ
  4. ALLアプローチ協会

    【疾患別・自律神経】便秘に対するセルフメンテナンス
  5. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】上肢にアプローチして膝関節屈曲の痛みが改善した症例
PAGE TOP