ALLアプローチ協会

内臓治療 肺の重要性‼︎ 肺と東洋医学の関係?

内臓治療 肺の重要性‼︎ 肺と東洋医学の関係とは?

From 山口拓也
埼玉 越谷 レイクタウン スタバより

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
内臓治療 肺の重要性
というテーマでお伝えしていきます。

私が、受講生の皆さんに治療のお話を聞くと
肺の治療を疎かにしている人が沢山いらっしゃったのでは肺治療の重要性について書かせていただきたいと思います‼︎

【肺を東洋医学の観点から考える】

肺は、さまざまある内臓の中で一番上にある臓器なので臓器の蓋として考えられています。

肺自体とても柔らかく、気温の変化にも弱いためすぐに負担がかかりやすい臓器です。

だからこそ、肺炎やら肺癌、呼吸器疾患なんてあっという間になってしまうんですね。

肺の不調になると、喉や鼻にすぐ症状が出てしまうのでぜひ覚えておいて下さい‼︎

 

あとは、これも覚えておいて欲しいのですが

肺と関係のある内臓は多いです‼︎

 

最も関係が深いのは、肺と大腸

肺と大腸は、肺経を通じて表裏関係にありお互い影響し合っています‼︎

肺は、体液代謝を持ち 大腸は、水分吸収の面で病理的にも関連性があります。

なので、片方が機能低下すると片方も悪くなります。

例としては、肺の機能が落ちて体液代謝機能が落ちれば、大腸機能が落ちて水分コントロールが行えず便秘や下痢になったり…

大腸も同様で大腸に炎症などがあると、肺のメスシリンダーの役割が落ちてしまい呼吸が浅くなってしまったりするんです。

どちらも、しっかり治療することが重要です。患者様の肺と大腸は正常ですか…?

 

他にも、脾臓と腎臓に関係し合っているのですがまたの機会にお話しできればと思います。

 

【肺の機能をおさらい】

①呼吸器系の機能を持つ

②免疫機能の役割を持つ

③皮膚、鼻、気管支、喉をコントロール

④体液代謝機能を持つ

⑤発汗による体温調節機能を持つ

 

これらの機能があるから、こんな疾患や症状の際に肺治療を行いましょう↓

①免疫系疾患

・花粉症

・アトピー

・アレルギー

・リウマチ

・ガン

・肌荒れ

・風邪など

②呼吸器疾患

・風邪

・肺炎

・閉塞性、拘束性の疾患系など

・くしゃみ、鼻水、嗄声、喉のかゆみなども入れることにする

 

③精神疾患

・うつなど

 

【肺のセルフメンテナンス 経絡編】

皆さんにアプローチしてもらいたいのは、肺兪(はいゆ)です‼︎

ここは、上背部で第3胸椎棘突起下縁の高さです。分かりやすく言うと肩甲骨の真ん中ですね‼︎

ここには、僧帽筋や菱形筋、脊柱起立筋などがありますが筋肉のイメージをせずに肺兪をまずは押すだけでOkです。

肺が悪い人は、ここガチガチなのでぜひアプローチして見て下さい‼︎

最後まで記事を読んで頂き誠に有難うございました。

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

ピックアップ記事

  1. ADL動作指導 3つのコツとは?~床上動作を例に~
  2. 【メンタルアプローチ】皮膚と感情との関係性、アプローチ方法
  3. 大殿筋の基礎・血管などの重要性【腰痛との関連】
  4. 治療に必要な膝の痛みに関する構造について【変形性膝関節症】
  5. 「朝起きると痛い…。」腰痛に打ち勝つ方法とは?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    内臓治療 胸腺編 【免疫力向上 内臓調整 テクニック】

    内臓治療 胸腺編 【免疫力向上 内臓調整 テクニック】皆さんこ…

  2. 協会ブログ(セミナー、イベント、情報)

    「心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー」11月26日【ALA協会ブログ】

    「心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー」11月26日【ALA協会ブログ】…

  3. ALLアプローチ協会

    【筋膜アプローチ】トリガーポイントのおさらいと使用方法について

    トリガーポイントのおさらいと使用方法についてfrom 山口拓也…

  4. ALLアプローチ協会

    認知的不協和テクニック【 簡単に相手の信頼を得られる方法!】

    認知的不協和テクニック【簡単に相手の信頼を得られる方法…

  5. ALLアプローチ協会

    理学療法士・作業療法士・柔道整復師のためのコーチング

    目標達成したいけどなかなか気持ちが仕事に乗らないセラピストのあなたへ…

  6. ALLアプローチ協会

    承認の在り方が、片麻痺患者様の歩行自立に導いた症例

    いつ会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    大腸の解剖学的特徴(トルツ筋膜ってなんだ?)
  2. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅢ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する
  3. ALLアプローチ協会

    健康・体質・栄養

    あなたは腸内細菌の奴隷
  4. 内臓治療

    耳鳴りを治療したい方へ‼︎ 必要な筋膜・内臓・頭蓋・経絡治療とは?
  5. ALLアプローチ協会

    グランフェルト三角について・・・上腰三角の重要性!
PAGE TOP