ALLアプローチ協会

内臓治療に必須!周波数・調和・共鳴について

 

いつも動画をご覧になっていいただき、誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

今回は、

「内臓治療に必須!周波数・調和・共鳴について」

というテーマでお話していきます。

 

内臓治療を行っていく上で、

・周波数を合わせる

・相手と調和する。

・肝臓と共鳴する。

といったことが大切だとよく言われると思います。

でも正直、

「周波数って何?」

「調和?共鳴っていったいどういうこと?」

と、

あまりに抽象的な表現のため、

なかなかイメージができない方が多くいらっしゃると思います。

私は、バカ正直なので、

とりあえず、

「そういうものだ!」

と洗脳させて、ひたすら繰り返し練習して感覚を身に付けて、

結果が出せるようになったため臨床で使えるようになってきました。

でも正直最初は、

「意味が分からない!」

「周波数を合わせるってどういこと??」

と受け入れるのに抵抗がありました。

 

そこで今回は、

周波数」、「調和」、「共鳴」について、

理論的に解説していきます。

ロジックがある方がイメージがしやすいとは思いますので、

なかなか腑に落ちていない方は、このブログを読み進めてみてください。

 

☆周波数とは?☆

「周波数」を簡単に説明すると、

「+と-の電子が一秒間に振動する数」

を指します。

これを

「~Hz(ヘルツ)」という単位で表しますよね。

80HZであれば、1秒間に+-の電子が80回振動を起こしているということになります。

よく、ラジオとから電子レンジなどの電磁波としてありますが、、

人間の身体も活動電位などといった、電子の振動が起きています。

脳波や心電図などがそれにあたりますが、

神経伝達や皮膚からも発生されています。

静電気などは皮膚から発生する誘導体と金属などの物体がこすりあって摩擦が起こることで生じます。

 

マーややこしい話はこれくらいにして()

 

とにかく人間の身体も常に電子が振動している。

周波数を持っていることになります。

 

☆調和・共鳴が起こるとなぜあたたかいと感じるのか?☆

内臓治療をしていると患者さんから、

「先生の手とてもあたたかいね!」

と言われることがありますよね。

実際受けてみても、

上手な先生は、手がとてもあたたかいと感じます。

 

なぜあたたかいと感じるのでしょうか?

物理的に皮膚の温度や体温が高いからというわけではなさそうですよね。

「心が温かいから?」

あながち嘘ではないとは思いますが…()

 

これを電子工学的に説明をすると、

同じ周波数が重なると、

「線形加算」

という現象が起きるようです。

周波数は振動数を表しますが、

その波の強さ、+-の幅・変動の大きさを、

「振幅」

といいます。

これは簡単に言うと、

「エネルギーの強さ」

を指します。

 

周波数が重なると、

この振幅が大きくなるといった現象が起きます。

これを、

「線形加算」

といいます。

 

つまり人体に置き換えると、

周波数が合う(重なる)、調和・共鳴した時は、

「エネルギー量が大きくなる・強くなる」

といったことが起きます。

そのため、

「熱エネルギーが発生」

することで、

「温かい」

と受ける側は感じるのです。

 

また、これは持論ですが、

セラピスト側が高い周波数を持っている時、

言い換えると波動が高い人は、

振動数が多く、摩擦がたくさん起きている状態。

摩擦がたくさんということは、摩擦熱も大きい。

そのため、

「手が温かい。」

のではないかと思います。

 

また、その状態を相手に伝播させることで、

相手の周波数や波動を高めることに繋がり、

細胞の機能が上がると思います。

そして、自然治癒力の促進などに繋がていくのではないかと、

私は考えます。

 

☆まとめ☆

今回は、

少し抽象的な表現で説明される内臓治療に重要な、

「周波数」、「調和」、「共鳴」について、

少し物を交えながら理論的に解説させていただきました。

実際の治療場面でのイメージの材料として、

こういった考え方を活用していただけたらと思います。

イメージが明確であればあるほど、

相手との調和や共鳴はしやすくなります。

その結果、

内臓治療で圧倒的な変化や治療効果を出していくことに繋がっていきます。

 

是非参考にしていただき、さらに治療の精度を上げていただき、

目の前の患者様に貢献していただけたらと思います。

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございました!

それではまた♪

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

心理学×筋膜・経絡・内臓セミナーはこちらから

理学療法士-作業療法士-セミナー

心理学×筋膜・経絡・内臓セミナーはこちらから

自律神経障害セミナーのご案内はこちらから

 

自律神経障害セミナー

 

ピックアップ記事

  1. 湿布は効かないという固定観念を手放す
  2. ストレス軸に対する頭蓋・内臓アプローチ
  3. 頸椎の重要性【筋膜・ジンクパターン・内臓治療との関連】
  4. ぶっちゃけ酵素ドリンクってなんなんだ?
  5. 【膝OA・TKA】膝伸展可動域改善に有効な筋ランキング ベスト5

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    股関節内転症候群と坐骨神経痛の症状・機能障害・治療までのご紹介

    【股関節内転症候群と坐骨神経痛について】皆さん、こんにちは。関…

  2. ALLアプローチ協会

    なぜ変形性股関節の痛みに外旋六筋が原因となりやすいのか?

    いつも当の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。…

  3. ALLアプローチ協会

    内臓治療 肺の重要性‼︎ 肺と東洋医学の関係?

    内臓治療 肺の重要性‼︎ 肺と東洋医学の関係とは?From 山口拓…

  4. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法セルフメンテナンス指導【1人で行える頭蓋治療編】

    頭蓋仙骨療法セルフメンテナンス指導【1人で行える頭蓋治療編】Fro…

  5. ALLアプローチ協会

    【頚椎症】首の痛みの改善に重要な筋・筋膜アプローチ

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【筋骨格治療】階段昇段時の膝の疼痛でアプローチすべき筋は?
  2. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】内臓のマルチタスク・内臓治療の禁忌と留意について
  3. ALLアプローチ協会

    ALLアプローチ協会

    【心理学×ALLアプローチセミナー】受講者様の声(相場先生)
  4. ALLアプローチ協会

    【内臓治療:肺】胸腔内の膜と胸郭アプローチに関して
  5. ALLアプローチ協会

    肩甲骨周囲のアプローチが理学療法士に必要な理由とは・・・?【肩甲胸郭関節リリース…
PAGE TOP