ALLアプローチ協会

内臓治療の効果が3倍以上向上する! 反射点治療の臨床活用法とは?

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナ 渡会賢太です!

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

今回は、

「内臓治療の効果が3倍以上向上する! 反射点治療の臨床活用法とは?」

いうテーマでお話していきます。

前半↓

後半↓

 

内臓治療をやっていく上で、

「反射点」

というものがあります。

内臓毎に、内臓体制反射の関係性で、

対応している筋肉があります。

知らない方は、当協会の過去のブログに、

反射点については詳しく解説しておりますので、

ご参照ください。

 

この反射点は、

評価でも使いますし、治療でも使いますよね。

僕たちのセミナーでも評価方法や反射点による治療法をお伝えしています。

 

反射点治療は、

さらに深めていくことで、

臨床で上手く活用が出来、

いままでの治療効果よりも、

3倍以上精度が上がったり、

よりスピーディーにそして、質の高い内臓治療を患者様に提供できるようになります。

 

例えば、

内臓の中でも、

各部位によって反応しやすい反射点の傾向性が決まっていたりします。

肝臓を例にすると、

肝臓の右葉外側に関しては、

右手の水かき中央や上腕内側の反射点が最も反応しやすい。

などといった、

傾向性が実はあります。

 

それを知っておくだけでも、

より効率よく内臓治療を進めることができ、

結果も安定して出せるようになってきます。

 

このように、

反射点治療の理解をより深めることで、

さらにレベルアップが出来ますので、

是非参考にしていただければと思います。

 

今回は、

「肝臓」、「心臓」、「腎臓」

についてお伝えしていきます。

 

<肝臓>

  右手水かき中央、上腕骨内側遠位(内側上顆から2~3横指上方)

この反射点の場合、

「肝臓の右側(右葉)の外側部の硬さ」

と関連が深いです。

また、

右後下方に落ちている場合には、

この反射うことで、

より効率よく調整が出来ます。

 

  右第2肋骨中央、前頭骨

この反射点では、

「肝臓の前側」

との硬さと深い関係性があります。

さらに、

「前頭骨」

では、

右の前頭骨右葉側

左前頭骨左葉側。

また、

「第2肋骨中央」も、

内側(胸骨側)左葉。

外側よりは右葉。

といったように、

細かく診ていくとこのような傾向性がありますので、

知っておいてください、

 

  右下腿三頭筋筋腱移行部

ここはアキレス腱の部分になりますが、

「後側の硬さ」

に対して反応が良いです。

また、

背中側に肝臓が落ちているような方には、

この反射点を使うことで、

調整が上手くいきやすいです。

 

<心臓>

  左第2肋骨中央

「心臓の前側の硬さ」

「上下の位置調整」

に対して有効な反射点になります。

特に、

心臓は下方(尾側)に落ちていきやすいので、

上方(頭側)に調整していくときに、

この反射点を使うと、

より調整がしやすくなります。

 

  左母指球中央

「心臓の左側の硬さ」

「側方の位置調整」

に対して有効な反射点になります。

心臓は、

後外側に偏移しやすいので、

その位置調整に、

この母指球はよく使いますね。

  左下腿三頭筋筋腱移行部

「心臓の後側の硬さ」

「前後の位置調整」

に対して有効な反射点になります。

特に、

背中側に心臓が落ちているような方には、

このアキレス腱の部分の反射点を使うことで、

より位置の調整がしやすくなりますよ。

 

<腎臓>

  左右第2肋骨外側

「腎臓の上部の硬さ」

「上下の位置調整」

に対して有効な反射点になります。

腎臓は下方(尾側)に落ちやすいのですが、

その調整に有効な反射点です。

 

  左右第2中手骨底

「腎臓の外側のか硬さ」

「側方の位置関係」

に対して有効な反射点になります。

腎臓は、側方の偏移もみられ、

特に、

内側(椎体側)に偏移して固まっていることが多いので、

外側に引き出すのに、

この反射点はかなり有効です。

 

  左右腓腹筋内側頭と内側ハムストレングスの交点

「腎臓の下部の硬さ」

「上下、前後の位置関係の調整」

に有効な反射点になります。

実際、

この反射点は臨床上良く使います。

大腰筋の調整も同時に行えるので、

より効率よく腎臓の調整ができる、

おススメの反射点になります。

 

【まとめ】

今回は、

「内臓治療」

における、

「反射点治療」

の実践的な活用法についてお伝えしました。

反射点毎に、

このような傾向性があることを知っておくことで、

より治療の精度や幅も広がり、

内臓治療が楽しく出来るようになると思いますので、

是非参考にしていただき、明日からの臨床に活用してみてください!

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから

理学療法士-作業療法士-セミナー

自律神経障害セミナーのご案内はこちらから

自律神経障害セミナー

操体法×エネルギーワークセミナー

ピックアップ記事

  1. 【膝OA】膝の痛みを一気に取り除く!ピンポイントアプローチとは?
  2. 【内臓セミナー事前学習】腎臓のイメージを大切により深く
  3. 魔法の脳内伝達物質エンドルフィンを治療に生かす方法とは・・・?
  4. 浅層フロントライン(SFL)&浅層バックライン(SBL)
  5. あなたは、相手の立場で話しておりますか?コミュニケーションで最も大切な事とは?

関連記事

  1. ALLアプローチについて

    肝臓治療における五行の活用 「相乗」 「相侮」

     おはようございます。  オールアプローチ協会  鈴木…

  2. ALLアプローチ協会

    十二指腸 内臓治療編 【テクニック・内臓治療・マニュピレーション】

    十二指腸治療編 【テクニック・内臓治療・マニュピレーション】 …

  3. ALLアプローチ協会

    内臓治療に活用できる脊柱内臓反射点を全公開

    脊柱でも内臓に反射点がある??From 山口拓也横浜 ホテルよ…

  4. ALLアプローチについて

    ボクがALLアプローチ協会で伝えたいこと

    初めまして!ALLアプローチ協会サポート講師の加藤です。本日も…

  5. ALLアプローチ協会

    足揺らし操体×経絡治療!【全身調整テクニック】

    足揺らし操体×経絡治療!【操体法×経絡治療】From 山口拓也…

  6. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法 セラピストが行う蝶形骨リリースの重要性について 

    頭蓋仙骨療法 蝶形骨編From 山口拓也埼玉 越谷 治療院より…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【血管アプローチ第5弾】慢性疼痛の原因もやもや血管とは?(五十肩・腰痛・膝痛)
  2. 健康・体質・栄養

    【小腸インナーアプローチ】小腸内細菌増殖症SIBO 原因と対応策に関して
  3. 山口拓也

    頭蓋仙骨療法における脳脊髄液の基礎・生理学・治療までについて・・・
  4. セルフメンテナンス

    水分摂取について・・・【脱水の問題点・臨床での水分指導・体への影響】
  5. ALLアプローチ協会

    【筋骨格治療】階段降段時の膝の疼痛に対して介入すべき筋とは?
PAGE TOP