ALLアプローチ協会

内臓治療の構造的アプローチが必要な2つの理由

内臓治療がなぜ構造的なアプローチを必要とするのか・・・?

From 山口拓也
埼玉 越谷 整体院より

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

 

今回も勉強熱心なセラピストさん向けに
内臓治療に構造的なアプローチが必要な2つの理由
というテーマでお伝えさせて頂きたいとおもいます。

最近では、受講生さんも内臓治療をやったことがある人が非常に増えてきましたね。

それだけ、内臓治療の重要性が広まっているということなんですが

みなさんの治療を見ているとまだまだ構造的なアプローチが足りていない・・・

と思ってしまうのが正直なところです。

 

では、なぜ構造的アプローチが必要なのかという理由を解説していきたいと思います。

 

【内臓治療に構造的アプローチが必要な2つの理由】

(1つ目の理由)

基本的に内臓は、悪い生活習慣などで負荷がかかる正常な位置よりズレてしまいます。

現代人のほとんどは、ストレスや食生活の問題でズレていると言ってもいいですね。

 

内臓自体、平滑筋という筋肉です。

ストレスや食生活の問題で内臓に負荷がかかると内臓自体が過剰に働いて

平滑筋がすぐに硬くなってしまいます。

すると、内臓内で血液がうっ血してしまいます。

 

そのため、内臓は硬くなったりうっ血で重くなってしまうと

後方(背側)、下方(脚側)にズレてしまいます。

 

内臓のズレは、さらに二次的な圧迫を引き起こします。

例:①肝臓のズレで腸や子宮を圧迫  ②胃のズレにより肝臓と胃は膜でつながっているため、肝臓もズレてしまう

 

このズレにより生理痛や腰痛を引き起こしているケースが多いので、しっかり前方、上方にリリースしなくてはいけませんね。

 

(2つ目の理由)

2つ目の理由は、上記の二次的な圧迫もそうなのですが

内臓の位置がズレているとしっかり機能しなくなってしまいます。

 

なぜかというと

脳と内臓は自律神経を介してつながっています。

内臓は正しい位置に収まっていないと

脳が認知して指令を出すことができなくなってしまうんです。

 

内臓自体は平滑筋であり、脳が認知して自律神経を介した活動しなければいけません。

しっかり内臓の位置を元に戻してあげて、脳が認知しやすい状態を作り上げることが第一目的です。

 

この記事を読んだ方は、

内臓をリフトする際はしっかり元の位置に戻してあげてくださいね。

 

それが、症状のもどりや痛みの根本解決につながるはずです。

内臓治療をマスターしていただけると嬉しいです。

 

本日の記事は以上となります。

最後まで読んで頂き誠にありがとうございました。

 

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

YouTube・ライン@・メルマガやっておりますのでご確認いただけると幸いです。

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

【FBページ「いいね」を押すと定期的に最新情報を確認することができます。】

【メルマガ登録】

理学療法士-作業療法士-セミナー

 

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. ALLアプローチ協会の講師を志願した思い・・・セミナー経験談
  2. 肝臓評価 どこを評価すべきなのか?【基礎知識編 反射点一覧 見るべき視点】
  3. 【筋骨格治療】階段降段時の膝の疼痛に対して介入すべき筋とは?
  4. 骨盤底筋治療の重要性!【内臓脱、腹圧、痛みの関係性など】
  5. 【膝OA】膝痛×浮腫を同時に改善させるマル秘テクニック公開

関連記事

  1. 健康・体質・栄養

    解毒システムを理解して内臓調整に応用する

    こんにちはALLアプローチ協会 代表 山口拓也です…

  2. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】なぜ肝臓を治療する必要があるか分かりますか?

    みなさん、こんにちは。ALLアプローチ協会 代表 …

  3. ALLアプローチ協会

    胸骨治療の重要性【リンパ・メンタル・自律神経への関与】

    胸骨治療の重要性【リンパ・メンタル・自律神経への関与】From 山…

  4. ALLアプローチについて

    大網、小網の機能って知ってる?内臓治療に活用する!【免疫】

    大網、小網の機能って知ってる?内臓治療に活用する!【免疫】皆さん …

  5. ALLアプローチ協会

    【腰痛】【痺れ】下後鋸筋と腰痛・痺れの関連性

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  6. 内臓治療

    大腸の生理学~反射点一覧~治療について【どんな人に治療するのか?】

    ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。いつもAL…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. 内臓治療

    内臓治療 心臓編 【生理学 テクニック マニュピレーション 効果】
  2. 内臓治療

    視床下部の重要性【生理学₋症例₋頭蓋治療】
  3. ALLアプローチ協会

    【触診が苦手なあなたへ】セラピストのための身体感覚調整法について
  4. 筋骨格系

    【大腿骨頸部骨折】歩き始めの痛みがなかなか取りきれないあなたへ
  5. 内臓治療

    【大公開!】内臓治療における症状別傾向と対策 part①
PAGE TOP