ALLアプローチ協会

内臓治療の精度を上げるための「経絡治療×内臓治療×筋膜治療」について

「経絡治療×内臓治療×筋膜治療」について

From 山口拓也
埼玉 越谷 整体院より

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、
内臓治療の精度を上げる「経絡治療×内臓治療」について
というテーマでお伝えしていきます。

今回は、内臓治療の精度を上げるための経絡治療の概念を1つお伝えしていきたいと思います。

皆様は、経絡治療を学んだことはありますでしょうか?

鍼灸を学んだ人はあまり徒手治療としてやらない人が多いと思います。針治療が基本ですからね。

正直、私も初めて学んだときはどのように経絡治療を臨床に取り入れようか悩んだこともありました。

 

というわけで、私が今までの経験から考える経絡治療の使い方と内臓治療の精度アップする方法をお伝えしていきたいと思います。

 

【経絡治療の使い方 基本 徒手治療編】

①経絡ライン(十二経脈+任脈+督脈=十四経脈)をマッサージ

②経絡ラインに対して拮抗する方向にストレッチ

③経穴に対して徒手圧刺激

④井穴に対して刺激を加える

⑤遠隔から経絡ラインを目で追う、手でなぞる (遠隔治療)

※詳しくは、動画にて解説しております。

 

【経絡治療のオススメ】

まずは、経絡治療を行うために必要なファーストステップは

12経脈と有名な経穴の場所を覚える事です。

まずは、この場所から覚えないと始まりません。

 

次に簡単なのは、井穴の硬さを取り切る事です。

井穴?って思う方もいらっしゃると思いますが

簡単に言えば、エネルギーの出入口です。

正確に言えば、気血というんですが・・・

 

井穴をしっかりマッサージするだけでも十分効果が出ます。

それに早いしセルフメンテナンスとしても使えます。

文章で説明が難しいので、これも動画で解説しておきますね。

 

【経絡治療×筋膜リリース】

経絡には、経穴というツボが山ほどあります。

実際、筋膜リリースしていると重要な経穴をアプローチしていることが多いんです。

だからこそ、筋膜リリースで筋硬結を取り切る際に経穴である事を意識して欲しいんです。

筋硬結が起こりやすい場所のほとんどは、経穴です。

そして、1つ1つの経穴には内臓や自律神経に効く効果があります。

 

例えば、上肢であれば腕橈骨筋が筋硬結が起きやすい部位で知っていると思いますが

経絡の概念で言えば「大腸」にも効きます。

経穴で言う手三里と言う場所ですからね。

 

ぜひ、筋膜治療をする際は経絡も意識して見てください。

 

【内臓治療×経絡治療】

内臓治療をする際は、経絡も意識する事をオススメします。

私自身、経穴と井穴から内蔵アプローチをしていたことがあるのですが効果としては

普通に内臓治療した方が効果は高かったです。(笑)そこまでの差は無かったですが・・・

 

なので、普通に内臓治療をすることが多かったのですが

途中で経絡を意識した内臓治療をやった方が効果が高いのではないか・・・?

と思い経絡を意識した内臓治療を活用してみると

効果が数段階上がりました。

 

それは、内臓治療をしながら目線で経絡を流す・・・

と言う方法です。

 

経絡治療をやっている先生は、目線で経絡を流して治療する人がいます。

案外、やってみると簡単ですよ。

私は、通常の内臓治療しつつ目線で経絡治療を行うことで内臓治療の精度が上がりました。

 

だからこそ、プレミアムコース4日目に経絡治療を取り入れているんですけどね。

ぜひ、皆様の臨床に少しでも活用していただけたらと思います。

本日の記事は以上となります。

ご興味あればユーチューブチャンネル登録やメルマガ登録よろしくお願い致します。

もしよければ、FBなどでいいねやシェアをしていただければと思います。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

【FBページ「いいね」を押すと定期的に最新情報を確認することができます。】

 

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

「いいね」と思ったらFB・ツイッターなどでシェアして頂けると幸いです↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 幸せを感じて幸せに寝る。朝良い便を出す方法
  2. 【内臓治療】子宮の硬さがTFL・大臀筋の筋硬結起こす理由を徹底解説
  3. 臨床で考えるストレス連鎖反応について パート①(ストレスと神経内分泌系・視床下部…
  4. 体液循環に最も関与する筋膜アプローチ 8つの隔膜のご紹介
  5. ボクがALLアプローチ協会で伝えたいこと

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【鼠径痛ケース】筋連結ラインを自分で見つける楽しみ方

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. ALLアプローチ協会

    治療家自身の感覚レベルを高めるワークを紹介!

    治療家自身の感覚レベルを最大限高めるワークを紹介!From 山口拓…

  3. ALLアプローチ協会

    胸郭上口テクニックの臨床応用について

    from 山口拓也整体院 デスク よりいつもALLアプローチ協会…

  4. ALLアプローチ協会

    【エネルギー療法】霊気・地殻・気功~エネルギー3つの源について~

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  5. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】子宮の硬さがTFL・大臀筋の筋硬結起こす理由を徹底解説

     内臓治療 子宮と筋骨格の関係について・・・  FRO…

  6. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅣ】体幹機能を支える神経システムと内臓の関係性

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチについて

    瞑想の重要性・効果・方法【内臓治療精度や集中力アップ】
  2. 山口拓也

    ディープフロントライン(DFL)基礎・基本 アナトミートレイン 治療の応用まで!…
  3. 健康・体質・栄養

    冷え性の知識と原因(臨床思考の材料)
  4. 筋骨格系

    横隔膜評価、テクニック編【呼吸補助筋や腰痛、背部痛】
  5. ALLアプローチ協会

    なぜ、大腰筋で五十肩が改善するのか?
PAGE TOP