ALLアプローチ協会

内臓治療の負荷・禁忌について【好転反応‐マニュピレーション】

内臓治療の負荷・禁忌について【好転反応‐マニュピレーション】

皆さん こんにちは 
ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
本当にありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
内臓治療の負荷・禁忌について【好転反応‐マニュピレーション】
というテーマでお伝えしていきます。

そのためには、好転反応という知識から知っていくことが大事です。

【まず、好転反応って何?】
好転反応は、東洋医学で使われる言葉で施術後に現れる一時的な体の反応です。

治療後に重だるさや夜間痛みの増悪、めまい・頭痛等が好転反応として出る方非常に多いですね。

理由として、老廃物が治療により血液中に流れ込むという説があります。

なので、刺激量は非常に重要です。

そして、どの程度の刺激量が必要なのかを把握しなければなりません。内臓治療や頭蓋治療は好転反応が出やすいです。

頭蓋系は、最後にリリース系のテクニックを入れたりして常に刺激量を意識する必要が大事ですね。

 

【内臓治療の負荷・禁忌について】

負荷については、やはり症状によって違います。

私個人の意見としては、1つの内臓には20秒程度で終えるように内臓治療を行っております。やはり、やりすぎ

ると好転反応を出してしまったり本来の自然治癒力を下げる可能性も出てきてしまいます。やはり、症例によっ

て刺激量はもちろん変わりますが……

 

●禁忌について(参考文献によって様々です。私が意識して内臓治療や頭蓋治療で気を付けているものを紹介)

①妊娠初期における刺激治療

妊娠初期の患者様においては、子宮や子宮膜等の治療は避ける。早期出産の傾向を強めるリスクがありますよ!

ですが、ストレスを減少させる治療に関しては胎児が子宮に根付くのをサポートして、早すぎる陣痛活動を鎮静

化させます。

②栄養失調状態

腸などの吸収障害である栄養失調状態であれば、内臓治療や頭蓋は必要です。ですが、食事から栄養が取れてい

ない場合は治療の適応ではありません。だから、栄養学を学び栄養指導できるセラピストになる必要があります

ね。ちなみに心理学×栄養学セミナー開催しておりますのでぜひともチェックしてみてください!

③精神疾患

もちろん、精神疾患からくる副症状は治療テクニックで何とか緩和できると思いますが

基本的には精神疾患は適応ではないという表記が多いですね。

私は、精神疾患には催眠言語やセラピーを用いることがほとんどです。もちろん合わせて自律神経や栄養指導も

行いますけどね!

④激しく消耗した状態、発熱時、心循環器疾患

この病態は、治療やしてはいけないというわけではないのですが好転反応が非常に出やすい病態です。

刺激量には注意を!!

⑤炎症徴候を伴う特定の神経疾患

特定の神経疾患も基本時には治療をやめるべきと文献を読んでいて書かれていることが多いです。

他には、脳卒中初期など……

【まとめ】
・内臓治療や、頭蓋治療は刺激量に注意をして好転反応を極力出さないように!
・好転反応の説明をしっかり患者様にして、もし反応として出ても安心するように配慮する。
・治療には、必ず禁忌や注意点があるのでそこをしっかり把握しましょう。
・日々臨床経験を積んで、刺激量を的確に患者様に合わせて治療できるように!

毎日、解剖学、生理学、心理学・栄養学・治療テクニックなどを1800文字以上のメルマガを配信しておりますのでぜひメルマガ登録してみてください!

【前回の復習はこちらから】
頭蓋治療について【クラニオセイクラル‐1次呼吸‐頭蓋仙骨療法】

【内臓・頭蓋治療の関連記事はこちら↓】
カーフサインって知っていますか?

視床下部の重要性

それでは、また明日!
山口 拓也

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

ピックアップ記事

  1. 頭蓋仙骨療法の応用 松果体ー視床下部ー下垂体
  2. 【体質改善】副交感神経とアレルギーとの関係性
  3. セラピストのための肝臓知識編!【作用 最初に治療すべき内臓】
  4. 梨状筋症候群へのテクニック・基礎知識・アプローチについて【筋膜リリーステクニック…
  5. 【脊柱管狭窄症】なかなか取りきれない痛みを改善させるには?

関連記事

  1. 山口拓也

    ラポール形成テクニック② オウム返しの重要性

    皆さんこんにちは ALLアプローチ協会代表の山口拓…

  2. ALLアプローチ協会

    下肢外側の痺れに対する筋膜・運動連鎖アプローチ

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  3. ALLアプローチ協会

    内臓治療×筋膜×収縮を利用した内臓アプローチとは?

    内臓治療×筋膜×収縮を利用した内臓アプローチとは?From 山口拓…

  4. ALLアプローチ協会

    しゃがみ動作での膝の痛みを改善させるには?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます…

  5. ALLアプローチ協会

    肝臓治療における五行の活用「相生」「相克」

    おはようございます。  オールアプローチ協会  鈴木正道です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】【身体感覚】ファスティングをすることで得られる感覚
  2. 内臓治療

    腸間膜への内臓アプローチについて
  3. 健康・体質・栄養

    【血管アプローチ】下肢の血流を改善する7つのポイント
  4. ALLアプローチ協会

    「筋トレ」なんてしなくても筋力が上がる真実。
  5. 内臓治療

    頭痛に対する基礎・基本と筋膜・内臓・頭蓋仙骨療法
PAGE TOP