ALLアプローチ協会

内臓治療の負荷・禁忌について【好転反応‐マニュピレーション】

内臓治療の負荷・禁忌について【好転反応‐マニュピレーション】

皆さん こんにちは 
ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
本当にありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
内臓治療の負荷・禁忌について【好転反応‐マニュピレーション】
というテーマでお伝えしていきます。

そのためには、好転反応という知識から知っていくことが大事です。

【まず、好転反応って何?】
好転反応は、東洋医学で使われる言葉で施術後に現れる一時的な体の反応です。

治療後に重だるさや夜間痛みの増悪、めまい・頭痛等が好転反応として出る方非常に多いですね。

理由として、老廃物が治療により血液中に流れ込むという説があります。

なので、刺激量は非常に重要です。

そして、どの程度の刺激量が必要なのかを把握しなければなりません。内臓治療や頭蓋治療は好転反応が出やすいです。

頭蓋系は、最後にリリース系のテクニックを入れたりして常に刺激量を意識する必要が大事ですね。

 

【内臓治療の負荷・禁忌について】

負荷については、やはり症状によって違います。

私個人の意見としては、1つの内臓には20秒程度で終えるように内臓治療を行っております。やはり、やりすぎ

ると好転反応を出してしまったり本来の自然治癒力を下げる可能性も出てきてしまいます。やはり、症例によっ

て刺激量はもちろん変わりますが……

 

●禁忌について(参考文献によって様々です。私が意識して内臓治療や頭蓋治療で気を付けているものを紹介)

①妊娠初期における刺激治療

妊娠初期の患者様においては、子宮や子宮膜等の治療は避ける。早期出産の傾向を強めるリスクがありますよ!

ですが、ストレスを減少させる治療に関しては胎児が子宮に根付くのをサポートして、早すぎる陣痛活動を鎮静

化させます。

②栄養失調状態

腸などの吸収障害である栄養失調状態であれば、内臓治療や頭蓋は必要です。ですが、食事から栄養が取れてい

ない場合は治療の適応ではありません。だから、栄養学を学び栄養指導できるセラピストになる必要があります

ね。ちなみに心理学×栄養学セミナー開催しておりますのでぜひともチェックしてみてください!

③精神疾患

もちろん、精神疾患からくる副症状は治療テクニックで何とか緩和できると思いますが

基本的には精神疾患は適応ではないという表記が多いですね。

私は、精神疾患には催眠言語やセラピーを用いることがほとんどです。もちろん合わせて自律神経や栄養指導も

行いますけどね!

④激しく消耗した状態、発熱時、心循環器疾患

この病態は、治療やしてはいけないというわけではないのですが好転反応が非常に出やすい病態です。

刺激量には注意を!!

⑤炎症徴候を伴う特定の神経疾患

特定の神経疾患も基本時には治療をやめるべきと文献を読んでいて書かれていることが多いです。

他には、脳卒中初期など……

【まとめ】
・内臓治療や、頭蓋治療は刺激量に注意をして好転反応を極力出さないように!
・好転反応の説明をしっかり患者様にして、もし反応として出ても安心するように配慮する。
・治療には、必ず禁忌や注意点があるのでそこをしっかり把握しましょう。
・日々臨床経験を積んで、刺激量を的確に患者様に合わせて治療できるように!

毎日、解剖学、生理学、心理学・栄養学・治療テクニックなどを1800文字以上のメルマガを配信しておりますのでぜひメルマガ登録してみてください!

【前回の復習はこちらから】
頭蓋治療について【クラニオセイクラル‐1次呼吸‐頭蓋仙骨療法】

【内臓・頭蓋治療の関連記事はこちら↓】
カーフサインって知っていますか?

視床下部の重要性

それでは、また明日!
山口 拓也

追伸
栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガにて配信しております。
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内
いよいよ【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】が開催されます!
心理学とすべてのテクニックを掛け合わせた最先端の技術セミナーを学べます!
テクニックだけではなくメンタルアプローチや人生の価値基準の高め方なども学びるセミナー。
以下がセミナー詳細です! 

心理学×栄養学セミナー開催致します!
栄養学と心理学の資格取得者でもあるセラピストが数百万円をかけて学んだ心理学や栄養学の知識・技術を同時に学べます。

ALLアプローチ協会

ピックアップ記事

  1. 赤血球の質と冷え性・血流障害
  2. 内臓治療におけるシワよせ ~大腸・肝臓編~
  3. ポジショナルリリースセラピーって何?【筋硬結~筋緊張~治療への応用!】
  4. ロベットブラザーの法則って知ってる?頸椎治療の重要性!
  5. 栄養ください!!肝臓は、無料で働かない

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    腸脛靭帯炎の痛みを8割以上改善させる!?マル秘必勝法を公開!

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  2. ALLアプローチ協会

    痛みの原因と分類を基礎から学び臨床に活かす(末梢神経・脊髄・脳)

    痛みの原因と分類を基礎から学び臨床に活かすfrom 山口拓也整…

  3. 内臓治療

    【筋膜・隔膜治療】ボウストリングの構造、治療概念に関して

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  4. ALLアプローチ協会

    好転反応が出やすい人の5大要因とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございま…

  5. ALLアプローチ協会

    触診の極意「触診の在り方」とは?

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  6. 山口拓也

    足底腱膜の重要性について【解剖‐役割‐痛み】

    足底腱膜の重要性について【機能‐ポイント‐治療】 皆さん こん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 健康・体質・栄養

    体調管理に必要な事!自分のエネルギー量を高める方法!
  2. ALLアプローチ協会

    「筋トレ」なんてしなくても筋力が上がる真実。
  3. 山口拓也

    冷え性に対する筋膜治療アプローチ紹介
  4. ALLアプローチ協会

    筋膜治療の精度を最大限引き上げる7つの要素とは・・・?
  5. ALLアプローチ協会

    【触診】ソフトタッチVSハードタッチ どっちが良い?悪い?
PAGE TOP