ALLアプローチ協会

【症例報告】リウマチの症状に圧倒的な結果を出した2症例

皆さんこんにちは!

ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡会賢太です。
本日も当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。

今日も、
勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、
明日からの臨床ですぐ使える治療テクニックや介入のヒントをお伝えします。

今回は、
【症例報告】リウマチの症状に圧倒的な結果を出した症例
というテーマでお話していきます。

 

前回のブログでは、
「リウマチの症状に対応するための介入のポイント」
をお伝えしていきました。
ポイントとしては、
「免疫系」
に対するアプローチをしていくことが、
重要になってきます。

では実際に、
疼痛や炎症、全身倦怠感など、
リウマチの症状改善に繋がった症例を2症例ご紹介いたします

【症例1】
<症例紹介>
60代女性
診断名:頚椎症性神経根症
既往歴:関節リウマチ(15年前より)

今回は、追突事故による受傷による頸部~胸背部~両側上腕、両手指のシビレ、頸部の可動域制限に対するリハビリで介入している方ですが、
既往にリウマチがあり、リウマチの症状により上記症状が増悪する状態。
そのため、リウマチに対する介入も進めていきました。

<評価>
・顔面紅潮、頭部に熱がこもっている。
・両上肢末梢の発赤、熱感。
・腹部低体温。
・両手指、頸部~肩甲帯の疼痛 NRS8~9
といった所見がみられました。
以上の評価から、
☆脳脊髄液の循環不良
☆深部体温の低下による免疫機能低下
が推測できました。
その後、
・一次呼吸の大きさ、スピード
・大腸、小腸、肝臓、脾臓、胸腺を評価(反射点、内臓自体の硬さや温度)
を評価していきます。
すると、
・一次呼吸は浅くなっている。
・反射点の圧痛や硬さ、内臓の硬さや冷え
といった状態が診られました。

<治療>
治療は、
・肝臓、脾臓、小腸、大腸、胸腺の調整
・後頭骨、前頭骨、蝶形骨の調整
を行いました。

<結果>
治療直後は、
・全身倦怠感の緩和
・頭部の熱のこもりが引く。
・手足の炎症軽減
・手指、頸部周囲の疼痛軽減。NRS3~4.
・頸部可動域向上
といった治療効果がみられました。
特に、
「小腸」
を調整したときに頭部の熱のこもりが一気に引いていき、
「身体が温かくなってきました!」
といった発言が聞かれました。
深部体温と血流の向上に大きな影響を及ぼしたと思われます。
おそらく、
この方の症状のメジャー部位だったと思われます。
治療の翌日は、
好転反応で、
・全身倦怠感の増悪。
・手指と頸部周囲の疼痛はNRS10以上
・手指の炎症、こわばり増悪
がみられほとんど寝ていたようでしたが、
翌々日は、
・全身倦怠感は消失。
・手指と頸部周囲の疼痛ほぼ消失。NRS 0.5~1。
といった反応がみられました。

それ以降は、
増悪と寛解を繰り返していきますが、
その都度原因部位を評価し対応することで、
症状の程度は徐々に下がっています。
現在もリハビリを行っている方なので、
今後の経過についても機会があればブログで配信していきますね。

 

【症例2】
<症例紹介>
60代女性
診断名:関節リウマチ
主訴:両肘の痛み。
HOPE:両腕を動かせるようになりたい。
両肘~手指にかけての炎症、こわばりによって、
疼痛や可動域制限を引き起こしていました。
そのため、
日常生活の動作や家事がしづらいということで、
リハビリ介入した方です。
リウマチの薬を内服していましたがなかなか炎症が引かないといったところでお悩みの方でした。

<評価>
・腹部低体温。
・頭部の熱のこもり。
・手のアーチ不良、橈尺関節アライメント不良
・小腸、大腸、脾臓、子宮、卵巣の反射点(圧痛、硬さ)
の所見がみられました。
この所見から、
・脳脊髄液の循環不良
・手~前腕にかけての関節、筋筋膜のアライメント不良
・免疫機能の低下、ホルモン機能の低下
が推測されました。

<治療>
内臓治療
・小腸、大腸、子宮、卵巣、脾臓の調整
筋骨格
・橈尺関節の調整、手のアーチの調整
頭蓋仙骨療法
・頭頂骨、後頭骨の調整
を行いました。

<結果>
・腹部体温上昇。
・主観としての全身体温向上
・頭部の熱のこもりが引く。
・両肘の疼痛軽減、両肘の可動域10~15°向上。
・両肘~手指にかけての炎症軽減。
といった反応がみられました。
特に、
「卵巣」
の調整による反応が大きく、
この方のメジャー部位だと思われます。

【まとめ】
以上2症例を紹介いたしました。
その墓にも何症例か介入させていただいて分かったことは、
やはり、
「免疫系へのアプローチ」
「内臓治療・頭蓋仙骨療法」
はリウマチの患者様に対応するためには必須になると思われます。
なので、
是非内臓治療・頭蓋仙骨療法を習得していただき、
是非リウマチの患者様に対応できるセラピストになってください。
そして、
患者様によって、
「メジャー部位」
症状に大きな影響を及ぼしている部位があるので、
そこを見つけていきアプローチしていくことが重要です。
これは、
経過に応じて変化するものでもあるので、
常に評価をしながら介入していくことが、
将来的に症状が出にくい状態に持っていくことにも繋がりますので、
押さえておいてください。

本日は以上になります。
最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございました。

ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡会賢太

追伸

栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガを無料で配信しております。

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内

いよいよ【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】が開催されます!

以下がセミナー詳細です!

ピックアップ記事

  1. 筋膜治療で大切な5つの癒着・硬結ポイントの紹介
  2. 絶対知っておきたい耳鳴り治療で必要となる知識とアプローチ部位
  3. 内臓と頭蓋の関係性【頭蓋仙骨療法&内臓治療】
  4. 一日の中で、症状の変動がある患者様でお困りのあなたへ
  5. なぜ、背中の痛みが内臓治療で改善するのか?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【実技動画あり】大殿筋治療 確実に筋を緩めるための3ステップとは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。…

  2. ALLアプローチ協会

    「酸化」と書いて「老化」と読む

    おはようございます。 all アプローチ協会 関東支部長 鈴木…

  3. ALLアプローチ協会

    【症例報告】下腿外側のシビレが運動連鎖のつながりで、8割以上改善した症例

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  4. ALLアプローチ協会

    どうしても取れない腹部の硬さを取りきる3つのポイントとは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございま…

  5. ALLアプローチ協会

    内臓評価時間を短縮する問診スキル「西洋編」

    おはようございます。 オールアプローチ協会  鈴木 正道です。…

  6. ALLアプローチ協会

    承認の在り方が、片麻痺患者様の歩行自立に導いた症例

    いつ会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

 

 

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    リウマチに対応できるセラピストになるために
  2. ALLアプローチ協会

    内臓治療の構造的アプローチが必要な2つの理由
  3. ALLアプローチ協会

    【骨格・筋膜調整】足部アライメントを調整して結果を出す考え方
  4. ALLアプローチ協会

    理学療法士が身につけておくべき栄養指導に必要な栄養学(マーガリン編)
  5. メンタルアプローチ

    【メンタルアプローチ】皮膚と感情との関係性、アプローチ方法
PAGE TOP