健康・体質・栄養

【アレルギー】アレルギーに対する内臓アプローチ5つ

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

 

【アレルギーアプローチ】

アレルギーに対応する内臓アプローチ

免疫機能を高める内臓5つ

についてお伝えいたします。

 

前回、免疫にはT細胞とTレグがあり、

攻撃性のT細胞を抑制するTレグが現症すると

T細胞の暴走により過剰な免疫反応が

アレルギーという形で出現する話を

させて頂きました。

 

また暴走したT細胞は

アレルギーという形ではなく

免疫疾患に関与したり、神経系難病にも

関係性が示唆されており

 

免疫系にアプローチすることで

今まで対応困難であった疾患にも

貢献することができます。

 

 

ポイントは3つ

①腸の活動を最大限に引き出す内臓の考え方

 

②免疫機能を高めるための内臓の考え方

 

③免疫細胞・ホルモンを活動させるための循環の考え方

 

前回は①に関して腸の活動を最大限に引き出す考え方を

お伝えさせていただきましたので、

 

今回は①の中で伝えきれなかった

腸の機能を最大限引き出すインナーアプローチを

説明した後、

②免疫機能を高めるための内臓の考え方

③免疫細胞・ホルモンを活動させるための循環の考え方

につてお伝えいたします。

 

 

〈腸の機能を最大限引き出すインナーアプローチ〉

Tレグを作るためには

腸内細菌(クロストリジウム)が作り出す

短鎖脂肪酸(酪酸)が未熟なT細胞に働きかけ、

DNAのスイッチを切り替えることで

Tレグへの成長を促しいていると考えられています。

 

そのため、腸内で腸内細菌(善玉菌)の餌を与え、

菌が繁殖しやすい環境を整えることが必要となります。

 

餌とは食物繊維です。

食物繊維は水溶性・不溶性食物繊維に分かれますが、

日本人は水溶性食物繊維の摂取が不足しがちなので

意識して摂取することが必要になります。

 

腸内細菌が繁殖しやすい環境は、

体温36.5から37℃の間で、

深部体温が40℃ぐらいまでが筋が繁殖

しやすい状態となります。

 

また善玉菌が増えるためには

悪玉菌を増やさず、日和見菌を

善玉菌の味方につけることが重要となりますので、

動物性たんぱく質の過剰摂取や

脂質の過剰摂取には注意しましょう。

 

 

【免疫機能を高めるための内臓の考え方】

免疫に関与する臓器は5つ

・胸腺

T細胞の訓練学校みたいな物

T細胞のTはTh(胸椎)のこと

未熟なT細胞を攻撃性のT細胞と

抑制性のTレグに分化させる部分です。

胸腺は若いうちは機能が高いが

加齢に伴って退化して脂肪細胞に

置き換わってしまいます。

胸腺がいつまで残存しているかは

人によるようです。

 

・腸

腸にも免疫細胞を教育する

訓練学校みたいなものがあります。

腸の免疫細胞に敵と味方を教育し、

敵に対しては攻撃して

ウイルスや細菌の侵入をブロックする

機能を持っています。

腸管免疫は免疫機能全体の7割を占めると

言われています。

 

・肝臓

肝臓には解毒・生体防御作用があります。

胃から腸を通って最後の関門肝臓で

クッパ―細胞が血液中の異物を除去したり、

細菌を殺して体を守り働きがあります。

 

 

・脾臓

人体最大のリンパ器官

白脾髄でB細胞、Tリンパ球、形質細胞を

成熟させる。

 

・胃

胃酸の酸を使って細菌を殺す。

ほとんどの細菌は胃で死滅する。

たんぱく質の分解に重要。

 

 

これら5つの内臓免疫システムの調整を

していくことで

体内に入った異物・細菌を

適切に対処できる体にしていく必要があります。

 

 

【免疫細胞・ホルモンを活動させるための循環の考え方】

免疫細胞を運んでいるのは結局は体液です。

その体液の運搬機能が低下すると

局所的な皮膚炎などを起こしたり、

異物の排泄作用が低下して

アレルギーを起こします。

 

過去にリンパの流れや

脳脊髄液の流れに関してお伝えさせていただいていますので

今日は血液に関して説明すると、

 

血液の流れや栄養の運搬・排泄作用に関しては

赤血球の質と血管の柔軟性が必要となります。

 

 

赤血球の質は、実際脾臓や肝臓の造血機能も重要になりますが、

腸粘膜に穴が開く

リッキーガットが現代日本の食生活では増えてきて、

未消化の3大栄養素が血管内に侵入していくと

赤血球同士をくっつける糊の役割をはたしてしまうため、

血流が低下しやすくなるので、

腸の機能を高めることは血流に関しても必須となります。

 

血管に関しては、柔軟性の調整は

自律神経によって調整されている面もありますが、

血管を包んでいる筋膜の影響や

動脈硬化など様々な要因があります。

 

血管の触診や脈診を通して

局所的な血流低下を起こしている部位には

軟部組織対して介入していく必要もでてきます。

 

 

まとめ:

内臓機能・免疫機能・体液循環を促通することで

過剰な炎症免疫反応を予防し、

アレルギー、免疫疾患に対応していきましょう。

 

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

 

ピックアップ記事

  1. 【節約術】セミナーで最大限に学習するためのコツ、効率のいい学習方法
  2. (内臓治療)膵臓のアプローチを解剖・発生から考える【内臓調整】
  3. 頭蓋治療について【クラニオセイクラル‐1次呼吸‐頭蓋仙骨療法】
  4. 【心理学×筋膜・経絡・内臓治療セミナーin大阪】面白かった1日!(内臓治療・頭蓋…
  5. 内臓治療に対する臨床思考「和洋折衷」

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    腸内細菌について

    おはようございます。オールアプローチ協会 鈴木 正道です。前回…

  2. ALLアプローチ協会

    肋骨と内臓の関係性【内臓治療‐反射点一覧】

    肋骨と内臓の関係性【内臓治療‐反射点一覧】皆さん こんにちは …

  3. ALLアプローチ協会

    「もどり」が早い人の問題となりやすい内臓システムとは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  4. ALLアプローチ協会

    経絡応用編 人のあり方と経絡・内臓

    おはようございます。allアプローチ協会 鈴木 正道です。  …

  5. ALLアプローチ協会

    セラピストのためのエビデンスに基づく「白湯の作り方」

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【肩こり治療】内臓と感情が肩こりへ与える影響
  2. セルフメンテナンス

    【体質アプローチ】腸活の落とし穴 なんでもかんでも腸活でいいわけではない
  3. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】便秘に対する内臓アプローチ(大腸の奇形や変形パターン含め)
  4. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】施術のやめ時がわからないセラピストのあなたへ
  5. セルフメンテナンス

    【血管アプローチ第4弾】末梢毛細血管を守って増やす3つのポイント(脊柱管狭窄症・…
PAGE TOP