セルフメンテナンス

【ベースアプローチ】自分の施術効果を120%引き出す3つのポイント

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は

人が死んでしまう理由から考える、自己治癒力改善の考え方

についてお伝えさせていただきます。

 

 

ここ一年のトピックスとして

三つの体液の流れ(血液・リンパ液・脳脊髄液)

頭蓋仙骨療法

内臓・血管アプローチ

食事指導・ファスティング

血液の質

横隔膜のコンディショニング(内臓アプローチ含む)

 

などがあり、これらのアプローチをしていくことで

結果、なかなか治らない痛みや痺れ、

不定愁訴や

自律神経障害(便秘・冷え性・生理痛・頭痛)など

アプローチをすることが困難な患者様にも

対応できることが増えてきています。

 

これらのアプローチを一般の

患者様に説明するときに、

一番わかりやすいと思う説明で

最初にお伝えしている内容が、

 

人間が死んでしまう原因を3つ

答えていただいています。

みなさんは3つ

簡単に出てきますか?

 

深く考える必要はないのですが、

人間は、

呼吸をしないと数分で死に、

水を飲まないと3から4日で死に、

食事をとらないと1週間ほどで動かなくなるか死にます。

 

酸素がなければすぐ死ぬ

水が無ければ数日で死ぬ

食事は、水と酸素があればしばらく持つが、

結局栄養がないと死ぬ

 

 

患者さんには、

自分の体を早く治したいのであれば

最低限この三つの条件を満たすように

お伝えしています。

 

まず簡単な水からお伝えしますと、

患者様には一番簡単で、お金がかからない

自主訓練として水分摂取を一日1.5ℓお願いしています。

ほとんど体調不良で運ばれてくる方は

生理食塩水の点滴を打って寝ていると

体調が回復して元気になることから分かるように、

単純に脱水の方が多すぎるのです。

 

まず早く良くなりたいのであれば

水分摂取をするように伝えています。

1ヵ月・3ヶ月後の状態を

少しでも良くしたいのであれば

お願いしますと伝えると

大体の方が実践してくださいます。

 

2ℓと言うとすぐに無理だと言われる方が多いので、

1.5ℓを目指すように言うのがポイントです。よい

あきらめてしまうぐらいなら1.5ℓでも大丈夫です。

 

続いて食事に関して

食事ではすぐにやれることをお伝えします。

 

良い食べ物を食べるぐらいなら

悪い習慣をまずやめるように伝えます。

 

悪い習慣を止めずに健康食品を食べても

さほど良い結果は得られません。

 

主にやめて良くなる生活習慣は、

朝のパンとコーヒー

毎日食べ続ける間食

乳製品の過剰摂取   です。

 

私は食習慣の問診を必ず行うようになってから

ほとんどの慢性炎症の方の習慣に

上記の3つが入っていることに

気づきました。

 

また、高齢の方では

歯が悪くなっているのに

肉や繊維質の野菜を一生懸命

摂取している方も多く、

結果消化できずに腸の状態を悪化させ、

血質の低下を招いていることが

多くあります。

食べ方・調理の仕方も指導することで

食べている物そのままでも

消化を楽にすることもできます。

 

食の悪い習慣を減らしていく作業は

3ヶ月続けられると体重の改善や

血流の改善につながるケースが多いので

是非指導してください。

 

 

最後に呼吸の話です。

 

呼吸に対しての考え方で

もちろん有酸素運動・無酸素運動による

呼吸機能の向上も必要です。

エアロバイクやウォーキングを

していただくことも大切ですが、

 

単純に普段の生活で呼吸筋が働きやすい

身体環境を整えておくことで

ただ生活しているだけでも

酸素が取り込めるように

体をコンディショニングすることが

必要です。

 

必要な考え方として

8つの隔膜のコンディショニングと

脊柱・胸郭のゆるみ

内臓の可動性

 

を整えることで

酸素の取り込みが

普段よりも向上できます。

 

8つの隔膜は

足底

膝の裏

骨盤底

横隔膜

胸郭出口

後頭下

小脳テント

案隔膜

です。

 

この8つ隔膜すべて

自主訓練でコンディショニングするのは

困難ですが、

足底ぐらいは患者様自身で

リリースを行うことは可能なので、

やっています。

 

脊柱胸郭の緩みは

呼吸補助筋のコンディショニングに

つながり、横隔膜が動きやすくなるための

一つの要素として重要です。

脊柱胸郭のゆるみを自主トレで

行ってもらうには

ゆる体操という体を緩める体操か

ストレッチポールを使用して

コンディショニングを行うと

とてもやりやすいです。

 

また、腹式呼吸や胸郭をコントロールする

呼吸法なども合せて指導しておくと

効果が高まりやすくなります。

 

最後に重要なのが

横隔膜と内臓の関係性

 

横隔膜に肝臓が張り付いている構造に

なっていることは今まで何度かお伝えしていますが、

肝臓だけではなく

腹腔臓器全体が

横隔膜と一緒に上下運動をしているので、

内臓の可動性はとても呼吸機能に重要です。

 

内臓は、食事指導でも効果を得られますが、

実際に体操や運動に加え

内臓の動きもコンディショニングすることで

 

三つの死ぬ理由である

呼吸・酸素

水分

食事・栄養

の問題を解決していくことができます。

 

患者様に重要性を

分かっていただくためには

わかりやすく説明するよう心がけましょう。

 

 

本日は以上です。

 

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

 

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

もしよければFacebookで「いいね」「シェア」を

よろしくお願いいたします。

 

You tubeチャンネル登録もお待ちしております。

 

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

 

【メルマガ登録】
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中

 

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです↓

ピックアップ記事

  1. 痛みの原因と分類を基礎から学び臨床に活かす(末梢神経・脊髄・脳)
  2. 交通事故の患者様で痛みの原因となりやすい意外な筋とは?
  3. 横隔膜評価、テクニック編【呼吸補助筋や腰痛、背部痛】
  4. 頭蓋仙骨療法を行う前に治療すべき筋・筋膜とは・・・?【クラニオセイクラル・セミナ…
  5. 【腰痛治療 パートⅠ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する

関連記事

  1. 山口拓也

    足底腱膜の重要性について【解剖‐役割‐痛み】

    足底腱膜の重要性について【機能‐ポイント‐治療】 皆さん こん…

  2. ALLアプローチ協会

    セラピストが最低限知るべき栄養学の知識とは?

    セラピストが最低限知るべき栄養学の知識とは? 皆さん こんにち…

  3. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法の1次呼吸が分かるためのコツとは…?

    頭蓋仙骨療法の1次呼吸が分かるためのコツとは…? From 山…

  4. 内臓治療

    胃の内臓治療が左肩痛・便秘などに影響するほど重要な治療部位である・・【内臓調整】

    胃の内臓治療の重要性・・・From 山口拓也埼玉 越谷 整体院…

  5. 理学療法士-作業療法士-セミナー

    内臓治療

    腎臓の解剖学的イメージと膜について

    おはようございますAllアプローチ協会 鈴木 正道です。本日も…

  6. 健康・体質・栄養

    【腰痛治療 パートⅡ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【症例報告】内臓治療 胃の調整が膝折れの改善につながった症例
  2. ALLアプローチ協会

    アイパターンについて
  3. ALLアプローチ協会

    冷え性改善治療【内臓アプローチや筋骨格テクニック】
  4. ALLアプローチ協会

    梨状筋症候群へのテクニック・基礎知識・アプローチについて【筋膜リリーステクニック…
  5. 内臓治療

    【大公開!】内臓治療における症状別傾向と対策 part①
PAGE TOP