セルフメンテナンス

【体質アプローチ】腸活の落とし穴 なんでもかんでも腸活でいいわけではない

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

今回は

腸内細菌ブームの落とし穴!? 

小腸内細菌増殖症(SIBO)について

お伝えさせていただきます。

 

 

SIBOとは:

小腸内細菌増殖症

Small Intestinal Bacterial Overgrowth

の略で、

小腸の中で爆発的に腸内細菌が増えてしまう

病気のことです。

 

腸内細菌が我々の健康に大きく貢献していることは

メルマガでも何度かご紹介させていただいてきていますが、

 

SIBOは大腸にあるべきバクテリアが

小腸の中に張り込み、小腸に停滞し、

本来の居場所である大腸に移動しない時に起こります。

 

その腸内細菌が、善玉でも悪玉でも

過剰になったり、不適切な場所で増殖すれば

非常に危険な状態になってしまいます。

 

SIBOにかかると、

増えすぎたバクテリアによって

大量のガスが小腸で発生します。

 

ほんの少ししか食べていないのに

すぐにお腹がパンパンに張ってしまって、

妊娠したようなお腹になってしまうという

症状を訴える人も増えています。

 

このSIBOという病気は日本では

まだその存在があまり認知されてないので

適切な対処がされないケースが多いようです。

 

SIBOにかかると、

頑固な便秘、腹痛、おなら、

お腹の違和感などに悩まされます。

 

そして病院に行くと、

便秘には下剤、下痢には整腸剤など

単純な処方で効果が出ないのが特徴です。

 

過敏性腸症候群と考えられてきた患者の多くは

良く調べていくとSIBOであることが

分かってきています。

 

論文レベルでも、過敏性腸症候群の

36~85%はSIBOを合併しているという

データが発表されています。

 

つまり、過敏性腸症候群が

なかなか治らない方にはSIBOではないか、

検査する必要もあります。

 

今まで腸内細菌はNHKでも何度も取り上げられ、

体に対する様々な有効な効果が伝えられてきましたが、

腸内細菌が過剰増殖すると炎症が起きてしまうことが

わかってきています。

 

腸内細菌の悪玉菌が

体に悪影響をもたらす分泌物を出し、

体内に毒素を増やすくことは今までの話で

お伝えさせて頂きましたが、

善玉菌でも悪玉菌でも過剰増殖は

腸の炎症を引き起こしてしまいます。

 

SIBOになると腹痛や便秘・下痢だけでなく、

逆流性食道炎にも悪影響があります。

 

逆流性食道炎は従来、

胃酸が多いためにいから食道に

胃酸が逆流性起こると考えられてきました。

 

実際消化器内科では胃酸を抑える薬が

たくさん処方されています。

しかし、これで症状が良くならない患者さんが

いるばかりか、

胃酸を抑える薬を飲むと、

かえって症状が悪化する人がいます。

 

これは、

消化管は一本の管であるため、

SIBOによって過剰な細菌が

発酵によって起こすガスが、

十二指腸から胃へと逆流していきます。

そして胃の中は過剰なガスで圧迫され、

ガスと一緒に胃酸は食道に逆流していく

といった具合でSIBOから

逆流性食道炎を起こすケースもあります。

 

胃酸を抑える薬を飲むと

胃酸には本来

小腸の中で細菌が増えすぎないよう

調節する大切な働きがあるので、

胃酸を抑えてしまうと

小腸内の雑菌を殺すことができなくなり、

小腸の中で細菌が爆発的に

増えてしまいます。

 

胃酸を抑える薬で

逆流性食道炎がさらにひどくなるなんて

考えたことがなかったですね….

 

 

本来小腸にはガスはたまらず、

大腸でガスが発生するのが普通です。

レントゲンで小腸ガスが溜まっている場合、

腸に何らかの不具合(腸閉塞や小腸炎、通貨障害)

が起きていることが示唆されます。

小腸は本来ガスが溜まる場所ではないため

想定外のストレスで不調を起こしやすいので

注意が必要です。

 

こういった小腸の炎症など

腸粘膜にダメージが蓄積していくことで起きるのが、

腸粘膜の透過性亢進状態(リッキーガット症候群)です。

 

この状態に陥ると、腸粘膜はダダ漏れ状態になり、

本来は通してはいけない細菌の作った毒素や

未消化の栄養分を通してしまい、血液の状態や

赤血球の栄養運搬能力を低下させる原因になり、

自己治癒力を低下させてしまいます。

 

SIBOの患者の腸内では、

腸内環境が乱れ、正常では抑えられている

カビ(真菌)、カンジダ、イーストの増加が

約50%に見られるのが特徴です。

 

本来腸内細菌は体内で人間と共生する関係にありますが、

過剰に増えすぎた細菌は体に良い影響を与えることを

通り過ぎて、私たちの体と栄養を奪い合う「敵」に

なります。

 

私の患者でもお腹のガスや張りがひどくて

といいながら、だんだん痩せていくひとがいました。

 

要は、腸の細菌に栄養を奪われてしまっている状態ですね。

この状態は危険で、

もし腸の状態を良くしようと

ヨーグルトや腸まで届く系の乳酸菌などを摂取すると

かえって小腸内の筋を増やす結果になり、

症状を悪化させることがあるので

注意が必要です。

 

腸活や美腸などのブームもとても健康によくて

みなさんに知識として広がることもうれしいことですが、

落とし穴に注意して腸の状態、血液の状態を

良好に保っていきたいですね。

 

次回はSIBOのタイプの説明

短鎖脂肪酸の落とし穴

短鎖脂肪酸とインクレチンが逆流性食道炎にもたらす影響

等をお伝えさせていただきます。

 

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

 

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

もしよければFacebookで「いいね」「シェア」を

よろしくお願いいたします。

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【メルマガ登録】
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中

 

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです↓

ピックアップ記事

  1. 普通に考えよう頭蓋アプローチ
  2. コミュニケーションの3つの構成要素(メラビアンの法則)
  3. 腹膜への内臓治療について解説
  4. 大腸、小腸について!経絡治療?役割は?内臓治療?
  5. 夏バテに効果的な内臓治療とは?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【難治性疼痛】なかなか治らない足部痛について:後半

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. 内臓治療

    本物のセラピストになるために part2

    ALLアプローチ協会 スタッフの渡会賢太です。 本日も当協会…

  3. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】【膝OA】膝の屈伸制限に圧倒的な結果を出せる筋について

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。…

  4. 内臓治療

    脾臓反射点~治療 生理学まで【脾臓₋反射点₋治療】

    脾臓反射点~治療 経絡の関係性【脾臓₋反射点₋治療₋経絡】 A…

  5. ALLアプローチ協会

    幸せを感じて幸せに寝る。朝良い便を出す方法

    おはようございます。 allアプローチ協会 鈴木 正道です。今日は…

  6. セルフメンテナンス

    【血管アプローチ】毛細血管が消えてしまう2つの理由

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

 

 

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    内臓治療に活用できる脊柱内臓反射点を全公開
  2. 山口拓也

    あなたは、相手の立場で話しておりますか?コミュニケーションで最も大切な事とは?
  3. ALLアプローチ協会

    横隔膜の重要性【内臓との関連、可動力、作用】
  4. ALLアプローチ協会

    セラピストが知っておきたい感情と病気との関係性
  5. ALLアプローチ協会

    認知的不協和テクニック【 簡単に相手の信頼を得られる方法!】
PAGE TOP