健康・体質・栄養

【内臓】逆流性食道炎の原因

おはようございます。

All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

 

本日も当協会のメルマガをご覧いただきありがとうございます。

 

今日も、

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療テクニックや

介入のヒントをお伝えします。

 

今回は、

胃の内臓治療、逆流性食道炎に対応する知識を

みなさんにお伝えしたいと思います。

 

町中の整体院にも

逆流性食道炎の方、ご相談くださいの文字があり

逆流性食道炎を身体への介入で改善できることは

ご存知の方も多いと思います。

 

今回は逆流性食道炎への介入方法のヒントを

まとめさせていただきます。

 

【逆流性食道炎のメカニズム】

胃液は、食物を消化するために

強い酸性の胃酸や消化酵素を含んでおり、

強い刺激性があります。

粘膜によって保護されている胃と違い、

食道は胃液に対する抵抗力が弱いため、

健康な状態では、食道が胃液で傷つかないように、

胃液が食道に逆流しない仕組みが働いています。

 

その主役は下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)。

下部食道括約筋は、食道と胃のつなぎ目(噴門部)にある筋肉で、

食べた物を飲み込む時には、

ゆるんで食道から胃に食べ物が落ちるようにし、

それ以外の時は、食道を絞めて、

胃の内容物が逆流しないようにしています。

これに加えて、食道の蠕動運動によって、

胃の内容物が逆流してしまっても、

すばやく胃へ戻したり、

唾液を飲み込むことによって

食道に入った胃液を薄めて流すことで、

食道が胃液や胃の内容物で傷つかないようにしています。

逆流性食道炎は、

下部食道括約筋など食道を逆流から守る仕組みが弱まるか、

胃酸が増えすぎることで、胃液や胃の内容物が逆流し、

それが食道の中にしばらくとどまるために起こります。

 

【逆流性食道炎の原因】

逆流性食道炎の原因となる胃液や胃の内容物の逆流は、

食事の内容、肥満、加齢、姿勢などによって

下部食道括約筋等の食道を逆流から守る仕組みが弱まったり、

胃酸が増えすぎることで起こります。

脂肪分のとりすぎや食べ過ぎによって、

何も食べていない時に下部食道括約筋がゆるみ、

胃液が食道に逆流してしまうことがあります。

 

〈食事に関する要因〉

脂肪の多い食事をとった時に十二指腸から分泌される

コレシストキニンというホルモンの働きや、

たくさんの食事で胃が引き伸ばされることで、

下部食道括約筋がゆるむと考えられています。

 

脂肪の多い食事は、胃酸を増やすことによっても

胃液の逆流を起こしやすくします。

 

タンパク質の多い食事は消化に時間がかかり、

胃に長くとどまるため、胃液の逆流が起こりやすくなります。

 

〈身体的要因〉

年をとると、下部食道括約筋の動きが悪くなります。

また、食道の蠕動運動の動き、唾液の量なども少なくなるため、

逆流した胃液を胃に戻すことができなくなります。

背中が曲がると、お腹が圧迫され、胃の中の圧力が高くなるため、

胃液の逆流が起こりやすくなります。

 

日本人では、

肥満と逆流性食道炎の関係を示すデータがないので

はっきりしませんが、

肥満の人は、

逆流性食道炎の原因のひとつである

食道裂孔ヘルニアになりやすいことが分かっています。

また、腹圧が上がることで、

逆流しやすくなるともいわれています。

 

〈薬の影響〉

喘息、血圧、心臓の病気などに使う薬の中には、

下部食道括約筋をゆるめる作用をもつものがあります。

 

〈ピロリ菌と逆流性食道炎〉

ピロリ菌は胃の中に生息する細菌で、

胃炎や胃潰瘍、

十二指腸潰瘍などの病気の原因となります。

ピロリ菌と逆流性食道炎の関係について、

ピロリ菌に感染している人の割合が高い国は

逆流性食道炎の患者さんが少ないことが分かっています。

 

これは、ピロリ菌によって胃に炎症が起こると、

胃酸の分泌が少なくなるためと考えられています。

 

日本はピロリ菌に感染している人の割合が高い国でしたが、

衛生環境が改善してきたことで、その割合は低くなってきました。

 

これが近年、日本で逆流性食道炎が増えたことの

ひとつの原因と考えられています。

 

一方、ピロリ菌に感染している

胃潰瘍、十二指腸潰瘍の患者さんは

薬でピロリ菌を排除する治療が行われますが、

以前はピロリ菌を除菌すると逆流性食道炎になる人が増える

という説がありました。

 

しかし、最近の研究で、

ピロリ菌の除菌によって逆流性食道炎が起こったとしても

一時的なものであり、また多くは軽症で、

胃潰瘍、十二指腸潰瘍の患者さんは、

除菌後の逆流性食道炎を気にすることなく、

除菌治療を受けることが勧められています。

 

逆流性食道炎に関しての知識は最低限、

食事や身体面のポイントは

抑えておく必要があります。

 

次回のメルマガではここからさらに掘り下げて、

実際にどのようにアプローチ方法を考えるか

<関連動画>

 

どのような指導をしていくかをお伝えしたいと思います。

今日も最後までメルマガをご覧いただきありがとうございました。

今日も一日良い時間をお過ごしください。

鈴木 正道

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. ポジショナルリリースセラピーって何?【筋硬結~筋緊張~治療への応用!】
  2. ALLアプローチ協会 3日間連続セミナー (コンテンツ無し 日記)
  3. 骨盤の評価方法【筋膜・骨盤治療の重要性・内臓との関連】
  4. 横隔膜評価、テクニック編【呼吸補助筋や腰痛、背部痛】
  5. 隔膜の解剖学と治療の使い分けするを理解する・・・【骨盤隔膜・横隔膜と頭蓋仙骨療法…

関連記事

  1. 内臓治療

    【内臓治療セミナー事前学習】 心臓アプローチに必要なイメージをより明確する

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. ALLアプローチ協会

    【花粉症】 内臓と筋膜を掛け合わせた治療法とは? 頸部痛との関係とは?

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  3. 内臓治療

    頭痛に対する基礎・基本と筋膜・内臓・頭蓋仙骨療法

    頭痛に対する基礎・基本と筋膜・内臓・頭蓋仙骨療法from 山口拓也…

  4. ALLアプローチ協会

    肝臓治療における「五行色体表」の活用

    おはようございます。 オールアプローチ協会  鈴木正道です。 …

  5. ALLアプローチ協会

    誰でも腸活って実は危ないこともある 小腸内細菌増殖症(SIBO) 後半

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  6. 内臓治療

    脳脊髄液と自律神経の関わりについて

    【脳脊髄液と自律神経】みなさん こんにちはALLアプローチ協会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    ADL動作指導 3つのコツとは?~床上動作を例に~
  2. ALLアプローチ協会

    ネットワークビジネスのメリットとデメリットとは‥?理学療法士のあなたへ‼︎
  3. ALLアプローチ協会

    下肢外側の痺れに対する筋膜・運動連鎖アプローチ
  4. 協会ブログ(セミナー、イベント、情報)

    【心理学×筋膜・経絡・内臓治療セミナーin大阪】面白かった1日!(内臓治療・頭蓋…
  5. 内臓治療

    【内臓治療】胃の解剖的特徴(膜と立体感)
PAGE TOP