内臓治療

【内臓セミナー事前学習】腎臓のイメージを大切により深く

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は

【内臓セミナー事前学習】

腎臓にアプローチするためのイメージを固める

についてお伝えしたいと思います。

 

 

以前にも腎臓の解剖的特徴について

お伝えさせて頂きましたが

やはり文章で伝えるには

無理がありますね、

 

セミナーではより具体的な

イメージが大切であることを

いつもお伝えさせて頂いてから

実技の練習に入らせて頂いていますが、

 

思った以上にみなさんに

具体的なイメージを持っていただくことが

困難であることもいつも感じています。

 

こうして内臓のイメージを伝えるために

日々様々な解剖の本や海外サイトを

ウロウロする私はいつのまにか

だいぶイメージが具体的になってきて、

内臓の中がようやく3Dでとらえられるように

なってきたところです。

 

この感覚をみなさんとも共有したいために、

私が調べて回った画像イメージを

紹介しながら

一緒に内臓内のイメージを具体的に

していただければと思い今回

イメージを固めるための情報を

お伝えさせて頂きます。

 

今回は腎臓に関して、

腎臓の位置や形のイメージは

ある程度大丈夫でしょうか?

 

腎臓を包んでいる膜は?

そして腎臓周辺臓器や

周辺の膜のイメージはどうでしょうか?

下の図1をご覧ください

 

【図1】

とても見やすい資料で一番私に

構造を理解させてくれました。

 

同じような図が解剖の本だと

こんな感じで

とってもわかりにくくなります。

しかし、

この図をみていると

横断面で右腎臓と上行結腸の

近さが良く分かって、同時に

腎臓の前の壁側腹膜(後腹膜)に

癒着するトルツ筋膜もなんとなく

イメージできますね。

 

他にもカラーの図だと

腎臓を取り囲む脂肪被膜の様子や、

近接する大腰筋、方形筋

多裂筋の位置関係がとてもよく

理解できるので、ここから

アプローチの方法もイメージできますね。

 

そんじゃ実際腎臓を包んでいる膜って

どんな感じなんだと思って調べてみると

これがまだなかなか良いイメージが

作れる図を探すのに解剖の本を開いたり

ネット上を探し回ったりしてみて

ようやく徐々にその輪郭が

分かってきました。

 

【図3】

【図4】

図3.4を見ていくと

肝臓と腎臓の位置関係が良く分かり、

肝臓が下垂してくると

腎臓・大腸に負荷がかかる様子が

イメージしやすいですね。

腎筋膜やトルツ筋膜、後腹膜は

構造的には容易に影響し合う構造を

しているので、同時にイメージしながら

介入していくとまとめてリリースしたり

循環を高めたりすることが可能となります。

 

【図5】

【図6】

 

図5.6をみていくと

左右の腎臓と大動脈・大静脈の

位置関係がイメージしやすくなりますね

ここまでくると

医師が読むジャーナルレベルの図や

海外サイトの図にならないと

わかりやすい図が出てこないですね。

 

腎臓も腎筋膜を介して横隔膜から

ぶら下がるような構造に

なっているんですね。

 

いつも思いますが

あんなペラペラの膜である

横隔膜がこれだけの臓器を

引き上げる作用をどうやって

出しているのかと思います。

横隔膜は呼吸の主動作筋となっていますが、

どれだけの張力をもっているのか

いつも不思議に思っています。

横隔膜に重りをぶら下げたら

最大何キロまで引き上げられるのか?

そんな実験できないでしょうけど….

 

【図7】

ここまでくると

図7のような全体的な横断面をみても

ある程度位置関係のイメージがつくように

なってきますね。

 

これだけ図を並べると徐々に腎臓が

腹腔内でどのように位置して

どのような膜に包まれているか

イメージできてきましたか?

 

こうしていろんな角度、

いろんな図をみていくと

自分でどのように手を置いたら

どの臓器に圧がかかるか

想像できるようになってきますね。

 

 

忘れていましたが、

腎臓にも位置の異常の疾患があります。

 

「遊走腎」です。

 

腎臓はただですら臥位から

立位になると3~5センチ下垂すると

言われていますが、

その下垂の幅が大きくなると

立位になることで腰痛を感じるようになります。

内臓性の腰痛として有名な遊走腎ですが、

きちんと検査しないと

発見されないんで

ただの腰痛として見過ごされがちです。

 

このメルマガを見たみなさんは、

臥位と立位で極端に腰痛の訴えが変化し、

コルセットなどの腹圧をかけることで

症状が弱まる場合は医師と相談が

必要なケースになります。

 

 

本日は以上になります。

 

今日からの内臓アプローチに

イメージをプラスすることは

できましたか?

 

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

 

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

もしよければFacebookで「いいね」「シェア」を

よろしくお願いいたします。

 

You tubeチャンネル登録もお待ちしております。

 

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

自律神経障害セミナーのご案内はこちらから↓

自律神経障害セミナー

操体法×エネルギーワークセミナー

腰痛改善テクニックセミナー

ピックアップ記事

  1. 腸脛靭帯炎の痛みを8割以上改善させる!?マル秘必勝法を公開!
  2. 瞑想の重要性・効果・方法【内臓治療精度や集中力アップ】
  3. 【内臓治療】心膜リリーステクニック セルフメンテナンス
  4. 頭蓋仙骨療法の応用 松果体ー視床下部ー下垂体
  5. 理学療法士が身につけておくべき栄養指導に必要な栄養学(マーガリン編)

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅣ】体幹機能を支える神経システムと内臓の関係性

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  2. ALLアプローチ協会

    内臓治療 胸腺編 【免疫力向上 内臓調整 テクニック】

    内臓治療 胸腺編 【免疫力向上 内臓調整 テクニック】 皆さん…

  3. 山口拓也

    臀筋群と上・下殿皮神経、坐骨神経の重要性【支配・走行・障害について】

    臀筋群と上・下殿皮神経の重要性【腰痛・痛み・痺れの関係とは?】Fr…

  4. ALLアプローチ協会

    【実技】大腰筋治療 内臓・経絡・運動連鎖からのアプローチ

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  5. 理学療法士-作業療法士-セミナー

    内臓治療

    腎臓の解剖学的イメージと膜について

    おはようございますAllアプローチ協会 鈴木 正道です。本日も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    細菌と血液の質が、自己治癒力を高める
  2. セルフメンテナンス

    頭痛と本気で戦う【インナーアプローチ編①】
  3. ALLアプローチ協会

    【大腿骨頸部骨折】下肢の振り出し時の重量感改善に有効な筋について
  4. ALLアプローチ協会

    【五十肩】肩挙上最終域の痛みに関係の深い筋膜・内臓・頭蓋骨とは?
  5. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】首の痛みに有効な内臓アプローチについて 
PAGE TOP