健康・体質・栄養

【小腸インナーアプローチ】小腸内細菌増殖症SIBO 原因と対応策に関して

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は前回の続きとして

腸活ブームにちょっとまった!小腸内細菌増殖症(SIBO)

完結編についてお伝えさせていただきます。

 

前回は

SIBOのタイプの説明

短鎖脂肪酸の落とし穴

短鎖脂肪酸とインクレチンが逆流性食道炎にもたらす影響

についてお伝えさせていただきました。

 

今回は

SIBOを引き起こす原因

SIBOを予防・改善する方法

7つのSIBO治療ステップ

 

についてお伝えさせていただきます。

 

 

 

【SIBOを引き起こす原因】

①小腸の消化管運動の障害

元々小腸の蠕動運動には小腸の腸壁に

微生物がとりつくのをふせいでいます。

この小腸の運動機能が落ちる大きな原因が

糖尿病・パーキンソン病・膠原病や神経筋疾患

などの全身性疾患が原因であることが

多くなっています。

②ストレスや間食などの生活習慣

脳と腸は「脳腸軸」でつながっていて

脳が感じるストレスは腸内環境を悪化させ

腸内で炎症を起こすことで小腸の運動を

低下させ小腸内の細菌が増加していきます。

 

③抗生物質や胃薬の服用

抗生物質では腸内の細菌を殺してしまい

腸内細菌バランスを崩すきっかけになります。

胃薬では胃酸を少なくすることで

小腸内の細菌増殖を助長してしまいます。

 

④免疫の低下

ストレスや不適切な食事で免疫力が低下すると

腸管内の免疫機能が低下することで

小腸内に細菌が増殖しやすくなります。

 

⑤炭水化物の消化不良・食べすぎ

小腸で吸収が悪く、なかなか吸収されない糖質、

発酵性のオリゴ糖や乳糖、果糖、ポリオール等

人によって吸収が悪い人がいて、

吸収されない糖質を小腸内のバクテリアが

餌にすることで筋の増殖が発生する。

 

⑥重金属の蓄積

有害金属の蓄積は腸管の動きを低下させる作用あり。

 

 

⑦胆嚢の除去など機械的問題

胆汁は濃縮されて消化液として分泌されるが、

担当を除去してしまうと十分に濃縮されないため

腸における抗菌作用が低下してしまう。

そのため小腸内が細菌のぞうしょくしやすい環境に

なりやすい。

 

 

 

【SIBOを改善・予防する方法】

SIBOを予防する食事「低FODMAP食」

小腸の中で菌が増殖すると発生するガスが水素という話は

SIBOのタイプ別の話をした時にお伝えさせて頂きました。

 

小腸の中で水素を発生させにくい食べ物は「米」で

小麦や豆類は水素を発生させやすい食べ物となっています。

 

小腸の中で最もバクテリアの餌になりやすい物が

「糖質」です。

 

糖質にもいろいろあり、その中でもガスを発生させやすいのが

発酵性の糖質です。

発酵性の糖質を「FODMAP(フォドマップ)と呼びます。

先ほどお伝えした小麦や豆類はFODMAP食です。

FODMAPとは、発酵性で、

吸収されにくい短鎖炭水化物群の頭文字の略語です。

=吸収の悪い炭水化物たち、と考えておいてください。

 

細菌腸内細菌健康法を実践するとお腹の調子を崩す人がいます。

腸内細菌健康法では、

腸の調子を整えるために

オリゴ糖やゴボウ、豆、アスパラバスなどの食物繊維

納豆・キムチなどの発酵食品を摂取することが進められています。

 

実際私もこれらの食事で体重も減り、体質も改善しましたが、

これらの食事がSIBOを引き起こす原因を抱えている人には

逆に小腸に筋を増殖させる原因となってしまい体調を崩す方がいます。

 

実際吸収されにくいFODMAPは小腸で異常な発行を起こし、

水素ガスを発生させるとともに、小腸内で吸収されない糖質を

薄めて早く流すために小腸内に水分を引き入れお腹のはりや下痢の

原因となってしまいます。

 

また、大腸でも小腸で吸収されなかった糖質が大腸の腸内細菌と

異常発酵を起こし、多量の水素や過剰な短鎖脂肪酸の

分泌を引き起こします。

以上はガスや過剰な短鎖脂肪酸は大腸の活動を麻痺させる

作用もあるため腹がパンパンに張るような方には注意が

必要となります。

 

こういった症状の方には低FODMAP食が推奨されています。

 

F:発酵性の糖質を指す

 

O:オリゴ糖

ガラクトオリゴ糖やフルクタンを指す

ガラクトオリゴ糖にはレンズ豆、ひよこ豆などの豆類に含まれる

フルクタンは小麦や玉ねぎ、にんにくに含まれる

 

D:二糖類→乳糖

牛乳・ヨーグルトに含まれる

 

M:単糖類→フルクトース

果糖、ハチミツ

 

A:and(そして)

 

P:ポリオール

ソルビトールやキシリトールなど「~オール」と呼ばれる糖質

マッシュルームやカリフラワーなどに 含まれる

 

SIBOの方にはこれらFODMAPを避けた

低FODMAP食が推奨され、予防や改善策として推奨されます。

 

患者さんにお腹の調子を整えるために

ヨーグルトや納豆、豆類を頑張って食べていると

自信満々に言われると、

うまく説明しないことにはその固定観念から

解放することは難しくなりますね。

 

栄養に関するコミュニケーションスキルに関しては

とても重要になるので注意しましょう。

 

3回にわたってSIBOについてお伝えさせて

頂きました。

 

流行りにのって誰でも彼でも「腸活」しないよう

注意しましょう!

 

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

 

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

もしよければFacebookで「いいね」「シェア」を

よろしくお願いいたします。

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

【FBページ「いいね」を押すと定期的に最新情報を確認することができます。】

 

 

【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】

セミナー

 

【メルマガ登録】
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです↓

ピックアップ記事

  1. 内臓治療 心臓編 【生理学 テクニック マニュピレーション 効果】
  2. 【心理学×筋膜・経絡・内臓治療セミナーin大阪】面白かった1日!(内臓治療・頭蓋…
  3. 内臓治療に対する臨床思考「和洋折衷」
  4. リウマチに対応できるセラピストになるために
  5. 【栄養指導・たんぱく質 パートⅡ】セラピストに必要なタンパク質指導の知識

関連記事

  1. 内臓治療

    【内臓治療セミナー事前学習】 肝臓アプローチのイメージをより明確にする 前半

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. ALLアプローチ協会

    【頭蓋・内臓】発達の過程から考える頭蓋骨と内臓のつながり

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  3. ALLアプローチ協会

    猫背姿勢と内臓の関係性について 姿勢指導の重要性

    from 山口拓也 整体院 デスク よりいつもALLアプローチ協会…

  4. 内臓治療

    肝臓の解剖学的特徴「膜」

    おはようございます。 オールアプローチ協会 鈴木 正道です。…

  5. 内臓治療

    【大公開!】内臓治療における症状別傾向と対策 part③背臥位編

    【大公開!】内臓治療における症状別傾向と対策 part③背臥位編&…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

  1. 内臓治療

    耳鳴りを治療したい方へ‼︎ 必要な筋膜・内臓・頭蓋・経絡治療とは?
  2. 健康・体質・栄養

    ぶっちゃけ酵素ドリンクってなんなんだ?
  3. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】アレルギーに対する内臓アプローチの思考方法
  4. ALLアプローチ協会

    内臓治療 肺の重要性‼︎ 肺と東洋医学の関係?
  5. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法セルフメンテナンス指導【1人で行える頭蓋治療編】
PAGE TOP