内臓治療

【症例報告】内臓×頭蓋治療で体温が1℃も上がった症例

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

本当にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 

渡会 賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床で巣使える

治療のアイデアやヒントをお伝えします!

 

今回は、

【症例報告】内臓×頭蓋治療で体温が1℃も上がった症例

というテーマでお話していきます。

当協会では、

「内臓治療」

と、

「頭蓋仙骨療法」

の治療テクニックを、

セミナーでお伝えさせていただいておりますが、

実際の臨床で、

どんな風に活用し、

結果を出しているのか?

あまりイメージが湧かない方も多いと思います。

そこで今回は、

内臓治療と頭蓋仙骨療法を組み 合わせた結果、

「なんと体温35.6℃⇒36.4℃まで上がるといった、

大きな変化を出すことが出来たので、

報告させていただきます。

 

【症例紹介】

80代 女性

診断名:第11胸椎圧迫骨折

 

回復期リハビリ病棟に入院されている方で、

担当セラピストの代診で介入させていただいた方です。

 

訪室時に、

「なんだか全身だるくて…。」

「今日はリハビリお休みにしたい…。」

という訴えが聞かれました。

普通なら、

まー病棟の看護師さんに報告して、

バイタル確認して、

「今日はリハビリ中止にしておきましょう。」

とか、

「ベッドサイドで軽くリハビリする程度にしましょう。」

といった対応をすると思います。

リハビリセラピストの管轄外として、

患者様の訴えに対応できない。

となるでしょう。

しかし、

内臓治療と頭蓋仙骨療法の知識と技術を活用することで、

普通のセラピストでは対応できない訴えに対しても、

対応できます。

ではどのような評価を行い、

そしてどのような治療を行ったのか?

についてお伝えします。

 

【評価・治療の流れ】

<評価>

問診:

・昨夜は考え事をしていて良く寝られなかった。

・便秘気味で今は2日間くらい出ていない。

 

バイタル:

体温⇒35.6℃

身体所見:

①  頭部と腹部触診時に、頭部>腹部で温度の差あり。

(頭部の熱のこもり、腹部の冷え。)

②  左側小腸の硬さあり。右側方・左回旋の動きに制限あり;。

③  後頭骨の硬さあり。1次呼吸での後頭骨の可動範囲の狭小化あり

 

以上の評価結果から、

体温の低下により、

代謝能力と免疫力の低下が疑われ、

その影響で、

全身の疲労感を引き起こしている。

と仮説を立てました。

そして、

「小腸」は、

「免疫システム」の役割を持つ内臓であり、

さらに便秘があるということは、

代謝物や老廃物などが十分に排泄できていないと考えられ

全身倦怠感に繋がっていると仮説を立てました。

さらには、

「夜間寝られなかった。」

ということで、

小腸の蠕動運動の促進に作用する「セロトニン」の分泌に必要な、

「メラトニン」も、

十分に分泌されていないことが考えられます。

 

<治療>

そして実際に、

・小腸

・後頭骨

の治療を行った結果。

体温が35.6℃から36.4℃まで上がり、

全身倦怠感が7割程度その場で改善する

といった結果を出すことが出来ました。

 

翌日、

病室に伺いお話を聞くと、

昨夜は寝られたようで、

今日は全身倦怠感は治ったとの事で、

いつも通り、

リハビリを行えるようになっていました。

 

【まとめ】

今回は、

内臓治療と頭蓋仙骨療法を掛け合わせたことで、

体温が1℃も上がった症例」

というテーマで、

症例報告という形でお伝えしました。

筋骨格系の治療や、

理学療法の枠では対応しきれない症例も、

内臓治療頭蓋仙骨療法を使いこなすことで、

体温が約1℃も上がり

体調不良も改善へとサポートできるような結果を、

出すことが出来るということが、

お判りいただけたと思います。

患者様から、

「お医者さんみたいですね!ありがとうございます!」

と感謝されるという。

そんな言葉をいただけたのは、

内臓治療と頭蓋仙骨療法による

大きな成果だと思います。

セラピストの可能性を広げるためにも、

内臓治療と頭蓋仙骨療法を、

臨床で活用していただけたらと、

思います。

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

本当にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー

渡会 賢太

 

【コラボセミナー】

先着20名様限定

【腰痛改善テクニックセミナー】

 

【メルマガ登録】
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです↓

ピックアップ記事

  1. 苦手な人を無くす抜群の方法とは?
  2. 眼精疲労に有効な筋・関節・頭蓋アプローチについて
  3. ストレス・重だるさに対する治療アプローチについて
  4. 頭蓋仙骨療法による治療のための頭蓋内外膜知識とは…?
  5. 【経絡】経絡治療の圧倒的メリットとは?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓アプローチ応用】 バランス機能改善と内臓アプローチ

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法を腰痛治療にどう活用するのか?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございま…

  3. ALLアプローチ協会

    坐骨神経痛介入の新しい知見!~運動連鎖の視点から考える~

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  4. 内臓治療

    大腸の生理学~反射点一覧~治療について【どんな人に治療するのか?】

    ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。 いつもA…

  5. ALLアプローチ協会

    (内臓治療)膵臓のアプローチを解剖・発生から考える【内臓調整】

    おはようございます。オールアプローチ協会 鈴木 正道です。本日…

  6. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療】大腰筋では取り切れない痛みを改善させる筋膜治療とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    ALLアプローチ協会

    【心理学×ALLアプローチセミナー】受講者様の声(相場先生)
  2. ALLアプローチ協会

    経絡応用編 人のあり方と経絡・内臓
  3. セルフメンテナンス

    【栄養指導・たんぱく質 パートⅠ】セラピストに必要なタンパク質指導の知識
  4. ALLアプローチ協会

    【骨格調整】脚長差が体に及ぼす影響(腰痛)(股関節痛)
  5. 山口拓也

    ディープフロントライン(DFL)基礎・基本 アナトミートレイン 治療の応用まで!…
PAGE TOP