内臓治療

【筋膜・隔膜治療】ボウストリングの構造、治療概念に関して

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は

筋膜・隔膜治療】

ボウストリングスの構造・治療概念について

お伝えしたいと思います。

 

 

今まで内臓関係で様々な連結を作る膜や靭帯を

紹介させていただいてきました。

 

なぜ内臓にアプローチするかは

イネイトインテリジェンスを上げるため

=排泄(解毒)、同化(吸収)、適応(免疫)、生殖、成長

=自然治癒力を上げるためでしたが、

­

私はそれを呼吸・内臓循環を改善することで

血液・リンパ液・脳脊髄液の流れを整える

という簡略した説明にしていました。

 

これは生理学的な観点で説明した考えです。

 

今回お伝えする

ボウストリングスという構造は

筋膜・靭帯・内臓の結合組織の集合体で、

構造の治療に関する内容となります。

機能的観点・構造的観点を最終的には

つなげて考えられるようになっていきましょう。

 

ボウストリングスとは

身体の前方を縦に連結している筋膜を指し、

身体の前後バランスの維持に関与しています。

さらにボウストリングスは

以前循環の観点でお伝えさせていただいた

8つの隔膜構造を結び付け、

それらの動きを調整している構造です。

 

これは、硬膜が頭蓋骨と仙骨を結び、 

隔膜の動きを調整しているのと同じような

考え方です。

 

ボウストリングスは大後頭孔の部分で

実際に硬膜へ連結し、足の足底筋膜まで

ずっと下方へ連続していく。

 

全身へ連結するその構造が

隔膜構造、全身のテンセグリティー

循環機能に影響するため

全身のどこをアプローチしていても

ボウストリングスの機能障害に対する

アプローチは必要になってきます。

 

【ボウストリングス】

頭蓋から足の足底筋膜まで

筋膜は連続しており、

ボウストリングスとして説明される

物を構成するのはこれらの連続した

組織のつながりです。

 

ボウストリングは、身体の前を下方へ向かい、

全てのものをつないでいます。

 

脊柱を「弓」(ボウ)と思ってみてください。

良く見れば脊柱は反曲した弓に大変良く似ています。

 

弓の「弦」(ストリング)には、前方の筋膜が

相当します。

このストリングスは頭蓋底に付着し、

鎖骨の内側を下り、縦隔に接続し、

肝鎌状間膜、肝冠状間膜、白線、臍、

正中臍索、膀胱を覆っている

筋膜に沿って、骨盤隔膜まで

続いています。

 

弓の弦には、椎体の前を下方へ伸びて

横隔膜を通過する椎前筋膜も含まれる。

 

この組織は仙骨前筋膜として下方へ伸び、

仙骨前面のカーブに沿い、第2仙椎に付着する。

骨膜として、仙骨前筋膜を形成する筋膜は

骨盤隔膜へ続き、次に下方へ進んで膝や

足に達する。

したがって、ボウストリングスを治せば、

以下の相互接続により、他の構造や器官にも

影響を及ぼすことが可能となります。

 

1、縦隔は横隔膜上部に付着した後、

肝鎌状間膜にしたがって肝臓の中に至り、

今度は肝円索を経由して臍まで効果する。

 

2、尿膜管の名残である正中臍索は、

臍から下方へ走行し、膀胱上部に付着する。

正中臍索は膀胱を覆う筋膜へと連続し、

次に暴行を覆う筋膜は骨盤隔膜に付着する。

 

3、臍動脈索は臍で始まり、骨盤の内部を下って

仙骨前筋膜に付着する。

次に仙骨前筋膜は下後方の第2仙椎に付着した後

骨盤隔膜に至る。

 

4、椎前筋膜は頭蓋底にある大後頭孔のすぐ前から

下降し、椎体の前を下って仙骨に至り、

仙骨前筋膜を形成する。

その後、下方へ第2仙椎まで連続し、そこから

骨盤隔膜へ至る。

 

 

ボウストリングは頭蓋底から

身体の前をはるばる下方へ走行し、

骨盤隔膜に付着し、さらに膝や

足底筋膜まで続いていく。

結果として、ボウストリングに

制限がある場合、背部のみの治療では

曲がっている背部を

まっすぐに伸ばすことはできない。

 

ボウストリングが緊張していれば

患者は腰をかがめ、頭部が前方突出した

姿勢で歩くことになります。

 

垂直軸で安定した姿勢を作るには、

ボウストリングの制限部分を開放し、

まっすぐ立てるようにする必要があります。

 

身体各部位を治療しながら、

同時にボウストリングス・隔膜の制限に

注意していきましょう。

 

【ボウストリングスの評価治療部位】

1.頬筋と咬筋

2.顎下筋膜と顎二腹筋

3.前頚筋膜

4.胸骨

5.肝冠状間膜

6.肝鎌状間膜

7.上部白線

8.臍

9.正中臍索

10.仙骨前筋膜

11.骨盤隔膜

12.腸脛靭帯

13.腓骨頭

 

 

一つ一つの張力や緊張具合

アライメントのズレ、圧痛を

丁寧にリリースしていくことで

隔膜構造への影響や正中軸形成を

楽にしてくれます。

 

是非考え方やこういったつながりや

構造があることも知識の一つとひて

持っておいてください。

 

本日は以上です。

 

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

 

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

もしよければFacebookで「いいね」「シェア」を

よろしくお願いいたします。

 

You tubeチャンネル登録もお待ちしております。

 

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道

 

本日の記事は以上となります。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

FB・ツイッターで拡散できますのでお願いいたします↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. どうしても取れない腹部の硬さを取りきる3つのポイントとは?
  2. 【五十肩】【肩関節拘縮】鎖骨・第一肋骨・小胸筋の解剖学的重要性
  3. 肩甲骨周囲のアプローチが理学療法士に必要な理由とは・・・?【肩甲胸郭関節リリース…
  4. 糖尿病の方に行う代替医療・東洋医学テクニックの解説(内臓治療・頭蓋仙骨療法)
  5. 【内臓治療】8つの内臓システムと各内臓毎のシステムについて

関連記事

  1. 内臓治療

    【大公開!】内臓治療における症状別傾向と対策 part③背臥位編

    【大公開!】内臓治療における症状別傾向と対策 part③背臥位編&…

  2. ALLアプローチ協会

    【五十肩】肩治療で絶対に診ておきたい7つの筋とは?

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 代表 山口…

  3. ALLアプローチについて

    内臓治療に対する臨床思考「和洋折衷」

    おはようございます。 オールアプローチ協会 鈴木 正道です。…

  4. 山口拓也

    靭帯筋反射って知ってる?筋膜・骨格治療の精度を上げる靭帯と筋緊張の関係・・・

    靭帯と筋緊張についてFrom 山口拓也埼玉県 越谷 整体院より…

  5. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】逆流性食道炎に対するアプローチと思考方法

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

  1. 山口拓也

    セラピストに必要な治療効果を上げる5つの瞑想をご紹介
  2. ALLアプローチ協会

    【五十肩】結帯動作の疼痛改善に有効な筋・内臓・頭蓋とは?
  3. ALLアプローチ協会

    松果体って大事なの?【メラトニン‐チャクラ‐活性化】
  4. ALLアプローチ協会

    「成功」にとらわれるな、「成長」にとらわれろ!
  5. ALLアプローチ協会

    【内臓アプローチ応用】 バランス機能改善と内臓アプローチ
PAGE TOP