セルフメンテナンス

【血管アプローチ第4弾】末梢毛細血管を守って増やす3つのポイント(脊柱管狭窄症・腰痛・五十肩)

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は、第4弾【血管・血流アプローチの考え方】

血流・血管にアプローチすることの重要性

についてお伝えさせていただきます。

 

 

第一弾では

施術を血流の関係性と

症状と血流の関係性についてお伝えさせて頂き、

体は太っているのに

手足が痩せていることに対して疑問を投げかけました。

 

第二弾では

足から分かる血流状態と血質、その他の情報について

テクニックは上手にできて結果はでるが、

戻りに悩まされる理由について説明し、

視点を変えてアプローチをしていく必要性をお伝えしています。

 

第三弾では

末梢毛細血管がゴースト化してしまう

2つの原因を血管の損傷と赤血球の質から

説明させていただきました。

 

ここまでの3回に渡る説明の中で

痛みや痺れを引き起こしている原因の中に

血流、特に毛細血管の血流の低下が

細胞レベルでの機能不全を起こしていることを

お伝えさせて頂いています。

そして、

毛細血管を劣化・損傷させる原因には

加齢やストレス、高糖質があり、

活性酸素が多量に生産されることで

血管壁を破壊し、毛細血管を消失させる

原因となることと、

 

毛細血管に赤血球が通れなくなる原因に

赤血球同士を連鎖状にくっつけてしまう

ルローやアグリゲ―ションといった

赤血球の異常による毛細血管の血流消失が

毛細血管を消失させるもう一つの原因です。

 

これらの原因に対する対応策をお伝えいたします。

 

まず、

活性酸素対策です、

糖質の取りすぎによる

糖化→酸化→炎症ストレスは

毛細血管にダメージを与えてしまうため、

余計な糖質の摂取を抑えることは

簡単にできる血管保護になります。

 

なにも糖質制限ダイエットを

しろと言うわけではありません。

患者の問診をすると

高確率で

間食をする習慣がある方が多いです。

 

とくに今の70代以上の方々は、

何かあるとすぐにお礼のお菓子や、

お土産のお菓子をもらったものは

すべて期限が切れてしまうから

自分で食べきってしまう方が多いです。

 

お茶菓子世代であり、

白米が贅沢飯だと強烈に子供の頃の

印象が残っている世代なので

まさに糖質万歳の世代なのです。

 

加えて甘すぎるミルクティーや

コーヒーなどを追加して

さらに運動もしないのですから

当然酸化ストレスが重なって

血流が低下、自己治癒力も低下しているので

自分で治ることができません。

 

この状態で血流を良くする薬でなんとかするのは

その後の動脈硬化による病気や

糖尿病・血管疾患の発症を優しく

見守っているようなものです。

 

糖質を食べるなというは間違いです。

食べるのですが、

だらだら一日中食べ続けない

ごはんは食べても、

運動をしていない低活動量の人は

カロリーコントロールもする。

 

間食を止められないのであれば

ルールを作るなど、

糖質は体のエネルギーとして

とても重要なので

特に高齢者の方には極端な対応を

しないように注意していきましょう。

 

痛みや痺れは体からのメッセージです。

抑え込むのではなく

自分の体ときちんと向き合ってもらいましょう。

 

続いて

運動です。

運動には2つの効果があります。

 

1つめは活性酸素に対する

抗酸化力を高めてくれます。

 

本来活性酸素は

人が酸素を使ってエネルギーを生産する時に

毎日作り出し続けている物質です。

 

なので、体に必要なものでもありますが、

増えすぎると細胞にダメージを与えてしまうのが

問題なだけです。

 

イメージとして酸素を大量に使って

運動をしていくと活性酸素も多量に

生産されてしまうイメージもあるかもしれまんせんが

 

一日30分の有酸素運動を

週に2~3回行う事で

からだが作り出す抗酸化酵素の量が増える

といった研究結果もあります。

 

人の体は程よいストレスにはそれに対応するために

成長する能力があるので

あまりにも負荷のかからない日常生活をしていると

抗酸化力も低下していくということです。

 

運動でもう一つ良い点が、

運動をすることで末梢血流が増加して、

血管が新生するということです。

 

動脈硬化症による間欠性跛行は、

適度な運動刺激により、

血管側副路が新生され、

血流が改善されるようになります。

 

私の臨床でも、足が痛いのであれば

エアロバイクなどを使って、

関節負担をかけないで

継続的な有酸素運動を行ってもらったり、

 

下肢循環を改善させるために

下腿三頭筋の強化やコンディショニングを

行っていると

施術による効果から、さらに改善がすすんで、

運動後の方がさらに調子がよくなったという

声を多くいただきます。

 

また、

循環にアプローチするのであれば

横隔膜機能を改善されるために

内臓アプローチや頭蓋アプローチも

全身血流の改善に役立ちますので

やってみていただければと思います。

 

今日は、末梢循環の改善にたいする

対応策をお伝えさせて頂きました。

 

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

 

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

もしよければFacebookで「いいね」「シェア」を

よろしくお願いいたします。

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

【FBページ「いいね」を押すと定期的に最新情報を確認することができます。】

 

【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】

セミナー

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中

 

 

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです

ピックアップ記事

  1. 冷え性に対する筋・筋膜アプローチ
  2. 内臓治療の精度・効果を更に上げる3つのポイントとは?
  3. 【症例報告】経絡治療を片麻痺治療に活かす!
  4. 【自律神経アプローチ】自律神経セルフケアの重要性
  5. 【内臓治療】子宮の硬さがTFL・大臀筋の筋硬結起こす理由を徹底解説

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    緊張性頭痛に対するアプローチポイント・思考方法

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  2. ALLアプローチ協会

    【脊柱管狭窄症】排泄システムが腰痛の原因となっている人の特徴とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき誠にありがとうございます。…

  3. ALLアプローチ協会

    心臓の解剖学的イメージ【膜】

    おはようございます。allアプローチ協会 鈴木 正道です。今日…

  4. セルフメンテナンス

    グラウンディングの重要性【エネルギーワーク・内臓治療、頭蓋治療のレベルアップ】

    グラウンディングの重要性【エネルギーワーク・内臓治療、頭蓋治療のレベル…

  5. ALLアプローチ協会

    セラピストが最低限知るべき栄養学の知識とは?

    セラピストが最低限知るべき栄養学の知識とは?皆さん こんにちは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【実技動画あり】大殿筋治療 確実に筋を緩めるための3ステップとは?
  2. 健康・体質・栄養

    副腎の機能・治療【内臓治療‐ストレス‐カーフサイン】
  3. 疾患別 治療

    脳卒中片麻痺に対する姿勢コントロールの重要ポイント
  4. ALLアプローチ協会

    松果体って大事なの?【メラトニン‐チャクラ‐活性化】
  5. 健康・体質・栄養

    子宮アプローチを自分で考えられるようになる【解剖学的特徴】
PAGE TOP