内臓治療

カーフサインって知ってますか?【内臓の関係】

カーフサインって知ってますか?【内臓の関係】

皆さん こんにちは 
ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

前回は、後頭下筋の重要性
というテーマでお伝えしました。

復習はこちらからどうぞ↓
https://goo.gl/yU135q

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
カーフサインって知っていますか?
というテーマでお伝えしていきます。

内臓治療をするうえで、カーフサインはとても重要なので
説明させて頂きたいと思います。

【まず、カーフサインって何?】
カーフサインは、内臓の状態がふくらはぎの硬さとして現れる現象をいいます。

内臓が悪いことを知らせてくれるサインでもありますね。

ふくらはぎの硬さや圧痛で内臓の状態を評価できるのですが、

そのためにふくらはぎのどこが何の内臓の反射点なのか知らないといけないですね。

なので、カーフサイン版の内臓反射点を説明させて頂きますね。

【カーフサイン内臓反射点】

①副腎……腓腹筋中央部(中央部は広いですが、押して副腎が一番緩む場所を探すと良いですね。人によって少し違う場合があるので)

②腎臓……腓腹筋と内側ハムストの癒着点。分からない人は、腓腹筋内側頭の起始部を押せばOKです。
     ここは、硬くなっている人多いですよ。

③肺……腓骨筋上部(腓骨頭やや下)ここは、筋硬結起こしている人多いですからね。

④心臓……左アキレス腱移行部

⑤肝臓……右アキレス腱移行部

などなど……

ふくらはぎは、内臓全体の影響を受けますので硬い人は要注意です。

セルフメンテナンスで、ふくらはぎをマッサージしてもいいと思います。

【実際にカーフサインって治療で使うの?】

もちろん使います。ただ、反射点はふくらはぎ以外にも多くあるので人にもよりますが……

臨床上は、副腎や腎臓で使うことが多いですかね。それは、セラピストにもよると思いますが

その人が一番反応する反射点を利用するのがベストです!

 

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!
それでは、また明日!

山口 拓也
本日の記事はいかがでしたか

\\この記事のシェアをよろしくお願い致します‼︎//

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【超上級者向け】写真を使って離れた場所にいる人の遠隔治療
  2. 【腰痛治療】腰椎圧迫骨折の痛みを改善させる方法~胸鎖乳突筋~
  3. 大腸の生理学~反射点一覧~治療について【どんな人に治療するのか?】
  4. 緊張性頭痛に対するアプローチポイント・思考方法
  5. セロトニンの幸せになる以外の効果とは?【幸せ‐腸‐効果‐ストレス軽減】

関連記事

  1. 内臓治療

    胃反射点~治療 生理学 どんな人に治療するのか?

    ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。いつもALLアプローチ…

  2. ALLアプローチ協会

    アイパターンについて

    こんにちは! ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。 いつも…

  3. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】十二指腸の解剖学的特徴とアプローチ

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  4. 山口拓也

    ロベットブラザーの法則って知ってる?頸椎治療の重要性!

    ロベットブラザーズの法則って知ってる?頸椎治療の重要性!皆さん こ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. 内臓治療

    【筋膜・隔膜治療】ボウストリングの構造、治療概念に関して
  2. ALLアプローチ協会

    坐骨神経痛の運動学的視点から改善させる方法
  3. 山口拓也

    頭蓋仙骨療法の新しいメリットについて‼︎美容との関係?
  4. 疾患別 治療

    治療に必要な膝の痛みに関する構造について【変形性膝関節症】
  5. ALLアプローチ協会

    【筋膜治療】全筋膜ラインのまとめとその活用方法
PAGE TOP