内臓治療

セラピストのための肝臓知識編!【作用 最初に治療すべき内臓】

 
皆さんこんにちは!

 
ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。
いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

 
前回は、
肝臓評価 反射点や見るべきポイント
というテーマでお伝えしました。

復習はこちらから↓
 https://goo.gl/psShdE

 

本日も心理学・栄養学・治療テクニックについてお伝えしていこうと思います!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて

セラピストのための肝臓知識編

というテーマでお伝えしていきます。

 

【肝臓作用】

①解毒……腎臓も解毒機能あるが、肝臓が解毒の主役! 

②代謝

③胆汁の生成と排泄

④ホルモンの生成と排除

⑤糖の貯蔵……100グラム程度 甘いものやパスタなど糖質を多く取りすぎると肝臓が重くなり後下方の変位を強くします。

その他多数 循環、免疫など

【なぜ、肝臓から治療すべきなのか?】¨必ずしもとは限らないが……

解毒作用があるため、他の内臓や血流を促すと毒素が回るリスクがある。

なので、体質改善の場合は必ず肝臓から治療する必要があります。

他にも腎臓にも解毒作用が15%あるので、肝臓→腎臓と内臓調整するのをオススメします。

【痛みに関係する部位】……全身に影響しますが、よくある部位は?

・大腰筋由来の腰痛(大腰筋上部と肝臓が関係性が高いです!)

・朝起きて20分以内と腰背部痛(循環が関係していることが多い)

・首痛、右肩こり

【手技以外の治療】数えきれないくらいあると思いますが……簡単に指導できるものは?

・食事に気を付ける。硫黄を含む食事を避けたり、糖質、脂質に気を付ける

・苦みのある野菜をとる

・水分を2~3ℓとる。(体重にもよりますが……)

・暖かいタオルで圧迫する

【まとめ】

 

<関連記事>
門脈の重要性↓
https://bit.ly/3d0YM2j

 

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!
それでは、また明日!
山口 拓也

FB・ツイッターでシェアして頂けると嬉しいです↓(^ ^)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 横隔膜リリースの重要性 ストレッチ・呼吸・鍛える方法
  2. 大網、小網の機能って知ってる?内臓治療に活用する!【免疫】
  3. 十二指腸 内臓治療編 【テクニック・内臓治療・マニュピレーション】
  4. 脾臓反射点~治療 生理学まで【脾臓₋反射点₋治療】
  5. 【筋膜×内臓】筋膜治療で膵臓を調整する方法とは?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】腎臓の治療効果が最大化する3つのポイントとは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  2. ALLアプローチ協会

    脾臓の解剖学的イメージ【膜】

    おはようございます。 all アプローチ協会 鈴木 正道です。  …

  3. ALLアプローチ協会

    【内臓アプローチ応用】 バランス機能改善と内臓アプローチ

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  4. 内臓治療

    【内臓治療セミナー事前学習】 心臓アプローチに必要なイメージをより明確する

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. ALLアプローチ協会

    魔法の脳内伝達物質エンドルフィンを治療に生かす方法とは・・・?

    エンドルフィンを治療に生かす方法とは?From 山口拓也埼玉 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    後頭下筋の重要性とは?【痛み₋脳脊髄液₋目の疲れ】
  2. 健康・体質・栄養

    大腸、小腸について!経絡治療?役割は?内臓治療?
  3. ALLアプローチ協会

    ボウストリングの重要性〜症状の戻りを減らせる秘訣とは〜
  4. 疾患別 治療

    【脊柱管狭窄症】なかなか取りきれない痛みを改善させるには?
  5. 山口拓也

    頭蓋仙骨療法による治療のための頭蓋内外膜知識とは…?
PAGE TOP