内臓治療

セラピストのための胸郭アプローチと内臓治療の重要性について

胸郭アプローチの重要性について・・・

From 山口拓也
埼玉 越谷 整体院より

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
セラピストのための胸郭アプローチと内臓治療の重要性について
というテーマでお伝えしていきます。

本日は、胸郭アプローチについてですが

非常に重要です。

人体の構成要素でも非常に大きい部位でもありますし、内臓の大事な反射点も数多くあり

筋アプローチでも重要な筋肉も多くありますのでぜひ実践していただければと思います。

【胸郭について】

まず、胸郭には治療する部位が数多くあります。

骨格では、胸骨・鎖骨・肋骨・胸椎のアプローチ

筋肉では、鎖骨下筋、小胸筋、大胸筋、横隔膜とか・・・呼吸器系だったら肋間筋なども入りますが・・・

 

他にも胸郭には内臓の反射点が様々あります。

そのため、胸郭のアプローチには内臓治療にも使えるということです。

 

まずは、1つ1つ解説していきますね。

 

 

【胸郭と内臓反射点の関係・使い方】

肋骨の前面には、数多くの内臓反射点があります。

私も内臓治療を反射点を利用して使うときはよく使うポイントでもあります。

他にもセルフメンテナンスとして、肋骨前面を患者さんにマッサージしてもらうことも多いです。

それだけで、内臓調整になりますからね。

 

では、肋骨にある内臓反射点を紹介させて頂きたいと思います。

・左右鎖骨中央部・・・肺

・左右第2肋骨中央部・・・心臓

・左第3肋骨内側・・・膵臓

・左第3肋骨中央・・・胃

・左第3肋骨外側・・・S状結腸

・右第3肋骨内側・・・胆嚢

・右第3肋骨中央・・・回盲部

・右第3肋骨外側・・・盲腸

・左右第4肋骨内側・・・副腎

・左右第4肋骨中央・・・卵巣

・左右第4肋骨外側・・・子宮

 

上記が肋骨と内臓の反射点のまとめです。

上記をマッサージするだけでも、内臓治療になるのでセルフメンテナンスや治療に活用していただければと思います。

 

 

【胸骨・胸椎治療と内臓・迷走神経・メンタルについて】

胸骨、胸椎は、縦隔を構成している要素の1つでもあります。

ということは、胸骨、胸椎のアライメント不良や胸骨周囲の筋緊張異常で縦隔内の内臓や神経に悪影響を及ぼしてしまいます。

※縦隔って?
(左右の肺、胸骨、胸椎、横隔膜の間に形成された空間を縦隔と呼んでいます。)

 

縦隔内に入っている内容物とは?↓

・胸腺

・心臓

・気管、食堂

・迷走神経

・重要な意味を持つ静脈、動脈。リンパ管、交感神経幹、副交感神経幹は縦隔を横断する

 

なので、胸腺もあるため免疫系や血圧関係にも関与する。

また、重要な血管系にも関与する。大動脈弓や奇静脈などが縦隔を横断するため縦隔レベルで循環が悪いと

腹部の内臓機能も発揮できなくなってしまいます。

 

だからこそ、縦隔のアプローチとして胸骨や胸椎のアプローチが必要となってきます。

ぜひ、臨床にて実践していただければと思います。

 

 

本日の記事は以上となります。

ご興味あればユーチューブチャンネル登録やメルマガ登録よろしくお願い致します。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

腰痛改善テクニックセミナー

ピックアップ記事

  1. 【筋骨格治療】筋膜・運動連鎖のつながりを活かした治療テクニック
  2. アナトミートレインの基礎・基本 ラテラルラインについて(LL)治療まで!
  3. 【内臓治療】【身体感覚】ファスティングをすることで得られる感覚
  4. 頭蓋仙骨療法を腰痛治療にどう活用するのか?
  5. 【五十肩】【肩関節拘縮】鎖骨・第一肋骨・小胸筋の解剖学的重要性

関連記事

  1. 協会ブログ(セミナー、イベント、情報)

    理学療法士・作業療法士の開業って実際どうなの?開業の本音!

    理学療法士・作業療法士の開業って実際どうなの?【整体、治療院、独立】…

  2. 内臓治療

    ストレスホットラインHPA軸

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  3. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】 肝臓が訴える不調のサイン(前編)

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  4. 健康・体質・栄養

    内臓治療には欠かせない東洋医学の概念 肝臓編

    みなさん、こんにちは。関西支部の井上です。本日も当協会の公式ブログ…

  5. ALLアプローチ協会

    内臓治療×筋膜×収縮を利用した内臓アプローチとは?

    内臓治療×筋膜×収縮を利用した内臓アプローチとは?From 山口拓…

  6. 健康・体質・栄養

    睡眠の重要性【治療効果アップ、疲労回復、セロトニン、成長ホルモン】

    皆さん こんにちは ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。大…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

 

 

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】免疫のひし形とは?
  2. ALLアプローチ協会

    マニアック肝臓解毒シリーズ「グルタチオン抱合」
  3. 内臓治療

    肝臓評価 どこを評価すべきなのか?【基礎知識編 反射点一覧 見るべき視点】
  4. ALLアプローチ協会

    【難治性疼痛】なかなか治らない足部痛について:後半
  5. ALLアプローチ協会

    腕神経叢と胸郭出口症候群のしびれについて
PAGE TOP