内臓治療

胃反射点~治療 生理学 どんな人に治療するのか?

ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。
いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!
 
前回は、1日を満足させるポジティブシンキング
というテーマでお伝えしました。
 
復習はこちらからどうぞ↓
https://goo.gl/ZBQFzV
 
 
今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
胃反射点~治療 生理学 経絡の関係性
というテーマでお伝えしていきます。

【胃の位置は】
横隔膜下方にあり上方は胸椎11の高さ、幽門は横だとL1~2 立位だとL3と言われています。

【胃の反射点はどこ?】
・右母指球遠位部
・体幹第3肋骨中央(左)
・胸椎7番(文献によってさまざまです)

【胃が悪いとどんな症状が出るのか?】
ストレスは、胃の悪影響!
・胃もたれ
・腹痛
・便秘
・下痢
・消化機能の低下
・首肩痛、下肢痛など

【胃の生理学】
胃は、PH2~3の強酸で消化してから十二指腸に流れる。1日に1.5ℓ胃酸が出てくる。
胃酸は消化だけでなく、粘膜保護やビタミンB12の吸収も行っている。
ここで、胃酸の機能が低下していると胆のうや膵臓に負担をかけてしまうため
胃の治療が必要です。

※詳しく言うと、胃底腺からペプシノゲン、塩酸の胃液を出す。幽門に近いほうは、幽門腺からガストリン細胞を出します。

【胃のつながり】
胃は、
左に脾臓
右に肝臓
上方に食道、横隔膜
下方に横行結腸につながりがあります。

胃のマニュピレーションの際は、どこに癒着があり制限が強いかを見極めてあげます。横隔膜との癒着が多いですね。
どこかに硬さが出ていると思います。


治療後は、上記の反射点を触って評価を行ってみてください。

<関連記事>
胃もたれ・胃のムカムカについて↓
https://bit.ly/33zRBdc

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!
それでは、また明日!

山口 拓也

FB・ツイッターでシェアお待ちしております↓( ´ ▽ ` )

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. ストレスホットラインHPA軸
  2. 大殿筋解剖学的特徴・治療&足関節解剖学的特徴・治療について
  3. 肝臓治療における五行の活用 「相乗」 「相侮」
  4. 肩こり(五十肩・四十肩)に対する内臓アプローチ トップ3
  5. あなたは腸内細菌の奴隷

関連記事

  1. ALLアプローチについて

    肝臓治療における五行の活用 「相乗」 「相侮」

     おはようございます。  オールアプローチ協会  鈴木…

  2. 山口拓也

    セラピストに必要な治療効果を上げる5つの瞑想をご紹介

    セラピストに必要な治療効果を上げる5つの瞑想とは・・・?From …

  3. 健康・体質・栄養

    体調管理に必要な事!自分のエネルギー量を高める方法!

    皆さんこんにちは! ALLアプローチ協会代表の…

  4. ALLアプローチ協会

    SNSに上がっている 受講生の声・評判

    【K先生 プレミアムコース受講生の声 FBより】【Y先生 マス…

  5. 内臓治療

    頭痛に対する基礎・基本と筋膜・内臓・頭蓋仙骨療法

    頭痛に対する基礎・基本と筋膜・内臓・頭蓋仙骨療法from 山口拓也…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. 山口拓也

    ラポール形成テクニック① なぜ、苦手な患者さんに対応できないのか?
  2. 内臓治療

    【体質改善】内臓治療で周波数の調整をする治療が大変だというあなたへ・・・
  3. 内臓治療

    神経リンパ反射点(内臓治療)を用いた前立腺・子宮広間膜調整【セルフメンテナンス紹…
  4. セルフメンテナンス

    【体質アプローチ】腸活の落とし穴 なんでもかんでも腸活でいいわけではない
  5. 内臓治療

    胃の内臓治療が左肩痛・便秘などに影響するほど重要な治療部位である・・【内臓調整】…
PAGE TOP