内臓治療

【大公開!】内臓治療における症状別傾向と対策 part③背臥位編

【大公開!】内臓治療における症状別傾向と対策 part③背臥位編

 

ALLアプローチ協会 スタッフの渡会です。

 

本日も、当協会の公式ブログをお読みいただきありがとうございます。

 

本日も、理学療法士、作業療法士、柔道整復師の皆さんに向けて、

 

明日からの臨床で使えるノウハウ・テクニックをお伝えします!

前回は、

 

「内臓治療における症状別傾向と対策 part⓶左肩編」

 

というテーマでお伝えしました。

 

復讐はこちらからどうぞ

https://goo.gl/aPVSvX

 

今回は、

 

内臓治療における症状別傾向と対策 part③背臥位編)

 

というテーマでお伝えします。

 

前回は、

 

「左肩痛」

 

の症状に関する内容でした。

 

今回は、

 

「背臥位で寝ていてしばらくすると、シビレや痛みが増悪する方」

 

の内臓治療における原因部位の傾向と対策についてお伝えします。

 

こういう症状を訴える方って、

 

よくいませんか?

 

「先生~、寝ていたらだんだん足がしびれてきました~。」

 

「腰が痛くなってきました~。」

 

「なんだか肩が重くなってきました~。」

 

といった、

 

背臥位で治療していると、次第に症状が増悪してくる患者さんを

 

私はよくみかけることがあります。

 

疾患としては、

 

脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、ヘルニア、五十肩など

 

慢性疾患による痛み・シビレを訴える患者様で多く見かけることがあります。

 

こういった症状を訴える方の原因として考えられるのが、

、 

「心臓」

 

です。

 

「夜間痛」

 

に関してはもっと診るべき、考えるべき原因があるのですが、

 

シンプルに、背臥位で寝ていると症状が増悪する方に関しては、

 

心臓を調整することで改善する傾向にあります。

 

では、なぜ心臓が原因となりやすいのか?

心臓(大動脈弓)の位置が、

 

背臥位で寝ることで、

 

2㎝程度後上方にずれる

 

と言われています。

 

それにより、

 

心臓自体または心臓を包む心膜が引っ張られ、

 

心臓に負担がかかる、硬さを作りやすいと考えられます。

 

さらに、

 

心膜は縦郭→横隔膜→大腰筋といったように、

 

ディープフロントライン(DFL)

 

の筋膜ラインとつながりがあるため

 

DFL上の筋・筋膜に影響を与え、

 

疼痛が増悪したり、

 

DFLの走行には血管系・神経系が隣接していることが多く、

 

シビレの増悪につながる

 

と考えられます。

 

肩の痛みに関しては、

 

DFLとDFAL(ディープフロントアームライン)とのつながりがあるため、

 

例えば、

 

小胸筋・上腕二頭筋・母指球筋

 

といった

 

アームライン系の筋・筋膜にも影響を及ぼすために、

 

肩の症状増悪にもつながると考えます。

 

<治療のポイント>

 

評価結果から

 

心臓が原因だと判断し、実際に調整をしていくわけですが、

 

調整する際は、

 

坐位で調整するスキル

 

 

が必要になってきます。

 

背臥位でも、下肢にクッションを入れたり背もたれを作るなどすれば対応はできますが、

 

やはり、背臥位では症状が増悪しやすく身体が緊張しやすい姿勢のため、

 

その方の安楽姿勢(症状が増悪しない姿勢)で調整ができると、

 

効率的かつ確実に調A整することができるので、

 

ぜひ坐位・立位、どういった姿勢でも調整できるスキルを身につけていただき、

 

明日からの臨床に活かしていただけたらと思います。

 

本日は以上になります。

 

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただきありがとうございました!

 

ALLアプローチ協会 渡会 賢太

 

本日の記事はいかがでしたか?
YouTube、FB、インスタもやっているので是非ご覧ください。
 
 追伸
栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガにて配信しております。
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

 

理学療法士-作業療法士-セミナー
セミナーのご案内はこちらから↓

ALLアプローチ協会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【内臓治療】内臓のマルチタスク・内臓治療の禁忌と留意について
  2. 【内臓治療】胃の解剖的特徴(膜と立体感)
  3. 【筋骨格治療】階段昇段時の膝の疼痛でアプローチすべき筋は?
  4. 「朝起きると痛い…。」腰痛に打ち勝つ方法とは?
  5. 【内臓治療】 肝臓が訴える不調のサイン(前編)

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【疾患別・自律神経】便秘に対するセルフメンテナンス

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  2. ALLアプローチ協会

    内臓評価時間を短縮する問診スキル「西洋編」

    おはようございます。 オールアプローチ協会  鈴木 正道です。…

  3. 健康・体質・栄養

    【アレルギー】アレルギーに対する内臓アプローチ5つ

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  4. 内臓治療

    胃の内臓治療が左肩痛・便秘などに影響するほど重要な治療部位である・・【内臓調整】

    胃の内臓治療の重要性・・・From 山口拓也埼玉 越谷 整体院…

  5. ALLアプローチ協会

    「私の平熱35度台なんです~」 もう少しで死にかけますよ?

    おはようございます、all アプローチ協会 関東支部長の鈴木 正道です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. セルフメンテナンス

    【血管アプローチ第6弾】血管が増えるのに血流が低下するってどうして!?(慢性腰痛…
  2. ALLアプローチ協会

    【肩こり治療】 筋・筋膜のつながり、癒着の観点
  3. ALLアプローチ協会

    健康・体質・栄養

    あなたは腸内細菌の奴隷
  4. ALLアプローチ協会

    内臓機能アップ!セルフメンテナンス特集(内臓編)
  5. ALLアプローチ協会

    腕神経叢と胸郭出口症候群のしびれについて
PAGE TOP