内臓治療

内臓治療 心臓編 【生理学 テクニック マニュピレーション 効果】

内臓治療 心臓編 【生理学 テクニック マニュピレーション 効果】

皆さんこんにちは!
ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

もうすぐ「心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー」in東京、大阪
    「心理学×栄養学セミナー」in東京を開催致しますので是非楽しみにしておいてください。
    どちらもコンテンツたっぷりに仕上げてますので、ご参加される先生は楽しみにしておいてください!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
内臓治療 心臓編 
というテーマでお伝えしていきます。

私が越谷で腰痛専門整体院にて開業しているのですが、心臓が原因の腰痛は少なからずいらっしゃいます。
ぜひあなたも心臓リリースができるようになって内臓治療をマスターできるようにと記事を書かせて頂きます。

昔に心臓治療の反射点やどんな人に内臓治療の心臓をやるのかなどを書いている記事がありますので、今回はさらに詳しく書かせて頂こうと思います!

【心臓の解剖学・生理学】
内臓治療では、イメージや生理学を把握しなければ使いどころが分からなくなってしまうので
生理学や解剖学から解説させて頂きます!

・重さ:300g

・心室中隔によって右心、左心に分かれている

・右心と左心には、それぞれ心房と心室があり房室弁で隔たれている

・体内の血流は、上下大静脈を通って右心房に流入する。上大静脈は上肢+頭部領域からの血液を集める中心的な静脈です。下大静脈は、腹部、骨盤、下肢からの血液う運搬する

・呼吸によって心臓の高さに変化があり呼息時にはT10の高さ(心臓最下点)、吸息時には椎骨1個半分ほど下方に移動あり

・心臓は、安静時に体全体の約10パーセントを消費し身体活動時には最大40%酸素を消費する

・心臓自体の酸素消費では75%を冠状動脈で消費するため、酸素の需要が高まっている場合は循環を高める必要あり

 

【心臓評価】
■心臓を様々な視点から評価
・鎖骨、肋骨弓の高さ(低くなっている場合、心臓が下垂している可能性あり)
・脈診(脈の強さや打ち方で判断)
・反射点の硬さで判断
・関連している頭蓋骨の硬さで判断
・問診(身体的、精神的ストレスにて判断)睡眠不足やストレス、疲労感、たばこ、食事などを問診…
・関連部位を確認(左肩周囲の痛みや肩こりなどを確認、ディープフロントラインである大腰筋などの硬さを確認)

■反射点
⓵左母子球中央
②下肢腓腹筋アキレス腱移行部(左)
③体幹左第2肋骨中央
④上腕内側
⑤胸椎1番

■関連している頭蓋骨
・蝶形骨

■関連している筋膜ライン
ディープフロントライン…斜角筋や大腰筋、後脛骨筋など!
以前に筋膜ラインの解説をしていますので、ぜひ探してみて下さい!

【内臓治療 心臓編】
心臓治療で大事なのは、

やはり心臓を3Dでしっかりイメージできているのか…心臓の位置や傾きなどを把握しているのか…

治療する際に自分の身体が緊張していないかなど…

後は、心臓治療する際はどんな状況で使うのかをはっきりわかっていると良いですね!

 

【どんな人に治療するの解説編!】

前回も話しましたが、循環器系の問題になります!

■自律神経障害編
⓵冷え性なども行います!冷え性の患者様の場合は、心臓だけでなく脾臓や肝臓、胸腺など複数の内臓アプローチが必要ですね。

②高血圧も当たり前ですが、行います!しかし、低血圧の場合はどのように治療するべきか考察する必要がありますね!もちろん、高血圧でも腎臓由来の場合もありますので他の内臓にも目を向けてみましょう。

③頭痛もですね。蝶形骨と関連しているので是非行った方がいいと思います

④ストレスがかかっている人にも心臓に負担がかかっている患者さん非常に多いのでやりましょう!

基本的には循環器系なので、循環改善する際に行ってください!

■痛み

左側の肩こりやディープフロントに心膜が入っているため、心膜の硬さが大腰筋や斜角筋を硬くし腰痛にさせるケースがありますので是非行ってみてください!

脊柱管狭窄症の患者様などは、心臓→大腰筋を硬くさせ腰痛になっている患者様も少なくありませんね。

【まとめ】
本日は、内臓治療の心臓編を書かせて頂きました。
実際の治療は、言葉では言い表せないことが多いのでいつか学ぶ際には生理学や解剖学、どんな症例に使うのかをしっかり頭に入れて欲しいと思います!

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!
それでは、また明日!

山口 拓也
本日の記事はいかがでしたか?
メルマガやユーチューブもやっておりますので、ご登録よろしくお願い致します。

追伸
栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガを無料で配信しております。
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内

ピックアップ記事

  1. 胸椎の重要性【胸椎治療‐自律神経‐セルフメンテナンス‐内臓治療との関係】
  2. 【内臓治療】内臓のマルチタスク・内臓治療の禁忌と留意について
  3. 高血圧に対応する内臓治療 総まとめ
  4. 内臓治療で「胃もたれ」と「胃のムカムカ感」を改善させる方法とは?
  5. 足底腱膜の重要性について【解剖‐役割‐痛み】

関連記事

  1. 内臓治療

    骨盤底筋治療の重要性!【内臓脱、腹圧、痛みの関係性など】

    骨盤底筋の重要性!【内臓脱、腹圧、痛みの関係性など】 Fro…

  2. 内臓治療

    カーフサインって知ってますか?【内臓の関係】

    カーフサインって知ってますか?【内臓の関係】皆さん こんにちは …

  3. 内臓治療

    ストレスホットラインHPA軸

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  4. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法 セラピストが行う蝶形骨リリースの重要性について 

    頭蓋仙骨療法 蝶形骨編From 山口拓也埼玉 越谷 治療院より…

  5. ALLアプローチ協会

    内臓と頭蓋の関係性【頭蓋仙骨療法&内臓治療】

    内臓と頭蓋の関係性【頭蓋仙骨療法&内臓治療】 From 山口拓…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    恥骨の調整に重要な筋・内臓・経絡について
  2. ALLアプローチ協会

    コミュニケーションの3つの構成要素(メラビアンの法則)
  3. 疾患別 治療

    脳卒中片麻痺に対する姿勢コントロールの重要ポイント
  4. 健康・体質・栄養

    【アレルギー】アレルギーに対する内臓アプローチ5つ
  5. ALLアプローチ協会

    肝臓治療における「五行色体表」の活用
PAGE TOP