内臓治療

内臓治療における必要な生理学 膵臓治療編

内臓治療における必要な生理学 膵臓治療編

from 山口拓也
埼玉 越谷 デスクより

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

 

今回は膵臓治療に必要な生理学について解説していこうと思います。

やはり内臓治療を学んでもどのように使えば良いかわからない?

どんな症状の時に使えば分からないという人も多いでしょう。

 

膵臓は、「感情の臓器」とも呼ばれている内臓なので

ストレスがかかりやすく非常に負担がかかってる内臓でもあります。

また、様々なホルモンや血糖値の調整などに関わってくる内臓です。

 

ですので、今回は

膵臓の生理学を解説していこうと思います。

【膵臓の生理学・解剖学】

●膵臓解剖学

まず、膵臓の長さですが

14〜18㎝程度です。

重さは、70〜80gですね。

 

位置として、

腹腔の後壁でだいぶ深層部にあるので治療する際は

深さを意識しましょう。

十二指腸と脾臓の間にあります。

 

膵頭部・膵体・膵尾の3つに分かれます。

ちなみにホルモン分泌では、膵尾部>膵体部>膵頭部の順番で

膵尾部が最もホルモン分泌が多い場所です。

(膵臓のホルモン分泌について ランゲルハンス島)

・A細胞:約20%、グルカゴンを分泌

・B細胞:約70% インスリンを分泌

・δ細胞:約10% ソマトスタチンを分泌

 

血糖値が不安定な人は、膵尾部が一番疲労しているので 

膵尾部を中心にアプローチしましょう。

 

膵臓の高さは、L1〜L2の高さにあります。

治療する際は、膵臓の場合30度の角度で傾斜しているので注意してアプローチしましょう。

 

 

構造的に横についているので、下垂しやすい構造ではありますが

筋膜で強く固定されているので大幅な下垂はしません。

内臓治療する際は、下垂によって位置が変わっている時があるので注意しましょう。

 

 

【ホルモンの機能って?】

・インスリンについて

インスリンはランゲルハンス島のBsaiboude合成されます。

1日に約2mg程度ですね。

インスリンは血糖値を下げることで有名ですが、これはなぜか?

それは、グルコースが体細胞の細胞壁を通過できるようにすることで、血糖値を下げます。

簡単に言えば、グルコースが通過できるようにしているから血糖値が下がるんです。

さらに、

肝臓の代謝プロセスにも関わってきます。

・グリコーゲンの合成とグリコーゲン分解の抑制

・脂質の合成と、脂肪分解の抑制

・タンパク質の分解の抑制

などなど・・・

膵臓が弱ってたら、肝臓も弱っているケースが非常に多いですからね。

 

 

・グルカゴンについて

グルカゴンは、肝臓でのグリコーゲン分解と糖新生を促進するので

血糖値を上げます。

 

・ソマトスタチン

ソマトスタチンは、インスリンとグルカゴンの放出を抑制し、腸の蠕動運動を低下させます。

さらに、消化液の分泌を抑制し、消化活動を低下させます。グルコース値をできるだけ一定に保つ機能があります。

 

これらの機能は内分泌ですね。

ちなみに内分泌というのは、血管内にホルモンを出すから内分泌です。

 

外分泌は、血管外の事ですよ。

というわけで、膵臓には内分泌だけでなく外分泌の機能もあります。

 

膵臓の外分泌は、

膵液を膵管に分泌します。

その結果、「腹部の唾液」ともいえる膵液が

1日になんと1、0〜、1、5リットルも十二指腸に到達します。

 

ですが、膵臓にアプローチしても

十二指腸が硬かったら消化液が通らないので

どちらもアプローチすることが重要ですよ。

 

【外分泌液の効果】

・胃が強酸で消化した後に中性にする耐え目の重炭酸イオン

・タンパク質の消化(トリプシノゲン)

・炭水化物を分解する酵素(口内の唾液)

・脂肪を分解する酵素(リパーゼ)

ちなみに上記の酵素は、胆汁や十二指腸液と接触して活性化します。

ですが、十二指腸が硬くて膵液が膵臓(管)で活性化すると膵炎になってしまいますね。

これも、膵臓と十二指腸を同時にアプローチしなければいけない理由です。

 

【まとめ】

・膵臓アプローチする際は、膵頭、膵尾どちらをよりアプローチすべきかを見極める

・膵臓アプローチの際は、肝臓と十二指腸どちらも一緒にやるべき

・血糖値や消化関係は、必ずアプローチすべき内蔵の1つ

 

本日の記事は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

膵臓アプローチはプレミアムコースでお伝えしております。

興味がある人は是非‼︎

 

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

 

【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】

セミナー

 

 

【メルマガ登録】
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中

 

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです↓

ピックアップ記事

  1. 【内臓セミナー事前学習】大腸の立体的イメージ・構造の理解を深める
  2. 【腰痛×運動連鎖】腰痛治療で圧倒的な差をつけるための大腰筋・大殿筋治療とは?
  3. ALLアプローチ協会の講師を志願した思い・・・セミナー経験談
  4. 【症例報告・スポーツ】筋・筋膜・運動連鎖・経絡を考慮した回復支援
  5. 体調管理に必要な事!自分のエネルギー量を高める方法!

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    グランフェルト三角について・・・上腰三角の重要性!

    皆さん こんにちは  ALLアプローチ協会代表 山口拓也です…

  2. ALLアプローチ協会

    【内臓アプローチ応用】 バランス機能改善と内臓アプローチ

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  3. ALLアプローチ協会

    (内臓治療)膵臓のアプローチを解剖・発生から考える【内臓調整】

    おはようございます。オールアプローチ協会 鈴木 正道です。本日…

  4. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】十二指腸の解剖学的特徴とアプローチ

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  5. 健康・体質・栄養

    脂質の役割を考える {健康油って流行ってるよね?}

    おはようございます。all アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  6. ALLアプローチ協会

    筋膜リリースの前に知って欲しい知識とは…?

    筋膜テクニックに必要な解剖生理学を解説。From 山口拓也埼玉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】内臓のマルチタスク・内臓治療の禁忌と留意について
  2. ALLアプローチ協会

    【評価テクニック】評価に必要な3つの診とは?(問診・視診・ 触診)
  3. ALLアプローチ協会

    【経絡・内臓治療】東洋医学における腎臓アプローチ
  4. ALLアプローチ協会

    梨状筋症候群へのテクニック・基礎知識・アプローチについて【筋膜リリーステクニック…
  5. 内臓治療

    ストレスホットラインHPA軸
PAGE TOP