ALLアプローチについて

内臓治療に対する臨床思考「和洋折衷」

おはようございます。
 
オールアプローチ協会 鈴木 正道です。
 
 
本日みなさんにお伝えする内容は、内臓治療に関する臨床思考についてです。
 
 
 
 
みなさんは内臓治療をするとき、内臓を構造で捉えていますか?
 
 
それとも、身体のシステムとして捉えていますか?
 
それとも、内臓の運動としてとらえていますか?
 
 
解剖学的視点、生理学的視点、運動学的視点で内臓をとらえて内臓にアプローチされているかと思います。
 
 
 
その西洋医学的視点に、東洋医学的視点を加えて考えることでより内臓治療の思考の幅を広げることができます。
 
 
 
シリーズとして肝臓に関して
 
 
①解剖学的視点(構造の特徴について)
 
 
②生理学的視点(システムの理解)
 
 
③運動学視点(内臓の運動について)
 
 
④東洋医学的視点の基礎(五行論の基礎)
 
 
⑤五行色体表の活用
 
 
⑥経絡アプローチの基礎(肝経について)
 
 
⑦肝臓に対する問診の実践
 
 
を順序立てて説明していきたいと思います。
 
 
僕自身、最初は内臓へのアプローチに対してはかなり抵抗感もありました。
 
 
今でも病院では患者様への説明は構造の話をメインに話していて、病気と認識されないような配慮をしています。
 
 
なぜ、内臓に対するアプローチが必要なのかを考えればみなさんが学ぶ理由は明確です。
 
 
解剖の観点で言えば、筋・骨格系との連結は明らかであり筋・筋膜系への影響は解剖学的にも解明されつつあります。
 
 
生理学の観点で言えば、内蔵システム全体として栄養は処理され、エネルギーに変換され、老廃物や毒素が排出されます。
 
 
この一連のシステムや循環が整っていない状態で運動機能は成立するでしょうか?内臓に関しては脳ー腸相関システムで脳への影響やホルモンの分泌にも影響します。
 
 
生理学が苦手なセラピストが多いと思いますが、筋骨格系や神経の生理学だけでなく栄養・エネルギー・代謝・循環に対する生理学を理解することは多くの
 
 
患者様の問題点に対する思考を広げてくれます。
 
 
運動学的観点では、肝臓自体が持っている自動力・可動力について説明します。
 
 
内臓や内臓周囲の構造を知り、内臓自体の動きを知ることで内臓治療をする際の思考やイメージが大きく変わると思います。
 
 
これらの医学の基本を知って、さらに東洋医学の観点を加えることでより多くの示唆を得られ、多角的なアプローチができるように学んでみましょう。
 
 
理学療法士-作業療法士-セミナー
 
ALLアプローチ協会

ピックアップ記事

  1. 【血管アプローチ第6弾】血管が増えるのに血流が低下するってどうして!?(慢性腰痛…
  2. ロベットブラザーの法則って知ってる?頸椎治療の重要性!
  3. 【姿勢改善】股関節伸展の盲点 内臓と鼠径靭帯のつながり
  4. 椎間板ヘルニアを治すための筋膜・骨格・内臓アプローチ一覧
  5. 【経絡】経絡治療の圧倒的メリットとは?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    (内臓治療)膵臓のアプローチを解剖・発生から考える【内臓調整】

    おはようございます。オールアプローチ協会 鈴木 正道です。本日…

  2. ALLアプローチ協会

    内臓治療をやる上で重要なイネイトインテリジェンスについて

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  3. ALLアプローチ協会

    なぜ、背中の痛みが内臓治療で改善するのか?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  4. ALLアプローチ協会

    【筋膜×運動連鎖】階段昇降時の膝痛に肩のある筋肉が原因となる新事実とは?

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  5. ALLアプローチ協会

    高血圧に対応する内臓治療 総まとめ

    from 山口拓也埼玉 越谷 デスクよりいつもALLアプローチ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. セルフメンテナンス

    【体質アプローチ】腸活の落とし穴 なんでもかんでも腸活でいいわけではない
  2. ALLアプローチ協会

    セラピストのためのタッチの精度を極限まで上げる3つのポイント
  3. ALLアプローチ協会

    西洋・東洋の類似点
  4. ALLアプローチ協会

    【五十肩】【肩関節拘縮】鎖骨・第一肋骨・小胸筋の解剖学的重要性
  5. ALLアプローチ協会

    【実技】大腰筋治療 ダイレクトマッサージ DFLからのアプローチ
PAGE TOP