内臓治療

内臓治療の精度・効果を更に上げる3つのポイントとは?

内臓治療について・・・

From 山口拓也
埼玉県 越谷 整体院より

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、勉強熱心なセラピストに向けて
内臓治療の精度・効果をあげる3つのポイント
というテーマでお伝えしていきます。

【まず、内臓治療で重要なのは・・・?】

内臓治療ですが、重要なポイントは様々あります。

①解剖学の理解

位置・大きさ・形など

 

②生理学の理解

肝臓の機能など

 

③内臓のイメージ

ズレ、緩む感覚

 

④治療する際の治療者側のマインド

自分の治療を疑っていないか?

 

⑤治療者側の感覚レベル

治療者側が周波数の崩れを引き起こしていないか?

 

⑥患者様とのラポールに問題がないか?

同調できないきっかけとなる

 

⑦治療者側の身体に問題がないか?

 

などなど、すべてが治療する上で重要な項目です。

大なり小なりありますが、全て気をつけて内臓治療を行う必要がありますね。

 

とても、抽象的な項目なので具体的に内臓治療の精度を上げるポイントを3つお伝えさせて頂きますね。

 

【内臓治療で重要なポイント1つ目】

ポイントはこれ↓
内臓のズレを3Dで意識する。

内臓は、負担や加齢、重力により後方(背側)、下方変位にズレるのが基本的です。

そのため、内臓リフトの治療では腹側、上方に動かし内臓のアライメント不良を改善させていきます。

実際、私も初めて内臓治療を行う人にはこのように伝えます。

 

ですが・・・

それだけでは足りません。

しっかり、3Dで内臓を意識してアライメント不良を改善させつつリフトしなければいけません。

腹側、背側や上方、下方だけでなく、内臓の回旋や捻れなども見ておかなければいけません。

腎臓であれば、右回旋になっている場合もあれば左回旋になっている時もあります。

さらに、斜めにずれていることがほとんどです。

ですから、内臓治療をする際はしっかり3Dにて意識していただければと思います。

 

【内臓治療で重要なポイント2つ目】

2つ目は・・・

内臓との境界線を無くすこと。

内臓治療する上で重要なのは、内臓を緩めることです。

当たり前ですが(笑)

いかに内臓を具体的にイメージして治療するかが重要ということです。

 

内臓治療する際は、実際に内臓を掴んでいるような感覚を持って治療してみてください。

具体的には、内臓以外の肋骨や皮膚、軟部組織のイメージを全て消して内臓を実際に掴んでいるような感覚で治療すると精度が上がりますので

ぜひ、実践してみてください。

 

【内臓治療で重要なポイント3つ目】

3つ目は・・・・

内臓治療する際の設定です。

私は、昔やってました。

今は別にやってないのですが、一度設定をかけて治療することをオススメします。

 

内臓治療ですが、緩みきるイメージ力も重要です。

同調すると自分のイメージが相手に波及しますからね。

 

イメージ力を上げるには、設定が重要です。

例えば、内臓治療をする際は緩み切るのに

10秒以内

というルールを作ったりします。

 

時間の設定をかけると、内臓治療のイメージ力が上がり

効果が増えますので興味ある方はぜひ。

本日の記事は以上となります。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

「いいね」と思ったらFB・ツイッターなどでシェアして頂けると幸いです↓

ピックアップ記事

  1. 【五十肩】右肩外転時の痛みを内臓治療で改善させる方法
  2. 腕神経叢と胸郭出口症候群のしびれについて
  3. 【腰痛×運動連鎖】腰痛治療で圧倒的な差をつけるための大腰筋・大殿筋治療とは?
  4. 知るだけで治療効果があがる内臓治療の基礎知識
  5. 自律神経症状の根本的なアプローチとは?

関連記事

  1. 山口拓也

    あなたは、相手の立場で話しておりますか?コミュニケーションで最も大切な事とは?

    皆さんこんにちは!   ALLアプローチ協会代表の山口拓也です…

  2. ALLアプローチについて

    梨状筋症候群を改善するためのポイントについて

    from 山口拓也 整体院 デスク よりいつもALLアプローチ協会…

  3. 内臓治療

    視床下部の重要性【生理学₋症例₋頭蓋治療】

    視床下部の重要性【生理学₋症例₋頭蓋治療】ALLアプローチ協会代表…

  4. ALLアプローチについて

    体質改善における筋膜アプローチについて

    体質改善アプローチの指導from 山口拓也ホテル デスク より…

  5. ALLアプローチ協会

    【症例報告】内臓治療 胃の調整が膝折れの改善につながった症例

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

  1. 山口拓也

    患者様の頭痛を改善するために筋膜リリースが必要な筋肉をご紹介 
  2. ALLアプローチ協会

    【骨格調整】脚長差が体に及ぼす影響(腰痛)(股関節痛)
  3. ALLアプローチ協会

    股関節内転症候群と坐骨神経痛の症状・機能障害・治療までのご紹介
  4. ALLアプローチ協会

    【実技動画あり】大殿筋治療 確実に筋を緩めるための3ステップとは?
  5. ALLアプローチ協会

    内臓治療に活用できる脊柱内臓反射点を全公開
PAGE TOP