内臓治療

内臓治療を2倍早く緩める3つのポイントをご紹介【ALLアプローチ協会】

内臓治療編

From 山口拓也
埼玉 越谷 治療院より

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
内臓治療を2倍早く緩める3つのポイントをご紹介
というテーマでお伝えしていきます。

 

本日は、内臓治療を2倍早く緩める3つのポイントについてご紹介させて頂きたいと思います。

内臓治療は、人によって精度が全く違います。

少しでも内臓治療の精度を上げて頂くためのポイントをご紹介させて頂きたいと思います。

【内臓治療の精度を上げる3つのポイントとは・・・?】

①治療者の姿勢・呼吸

内臓治療する際には、治療者側の姿勢が非常に重要です。

姿勢が崩れていると、治療者側の身体が緊張してしまいます。

その緊張が、身体を通して患者様に伝わってしまい内臓治療の精度を落としてしまいます。

いかに治療者側が自分の体がリラックスできる方法で治療するかが重要と言えます。

 

そして、治療する際は自分の呼吸を意識しましょう。

私もそうだったのですが、内臓治療に集中するばかりで自分の呼吸を止めてしまうことがありました。

 

実際、セミナーで受講生さんを見てても内臓治療に集中しすぎて呼吸を止めてしまっていることが非常に多いです。

治療するときは、自分の呼吸をしっかり行うことも意識してみましょう。

 

 

②内臓の構造・生理学・位置・重さの把握+内臓の緩んだイメージ

 

内臓治療で次に重要なのは、解剖生理学です。

特に周波数や同調を意識して治療する場合は、内臓のイメージが非常に重要となります。

 

内臓治療を行うと様々なメリットがありますが、それが内臓の基礎知識がないと効果が半減すると私の師匠からも聞いたことがあります。

同じ治療をしても、肝臓の生理学を知って行うのと知らないのでは大きな差があるということです。

知っている知識でしか、内臓治療の効果が反映されない・・・と思っているといいと思います。

 

内臓治療をする時は、内臓が緩むイメージを足すことも重要です。

ちなみに私は、内臓治療をする際は振動刺激のイメージを追加しています。

1個の内臓に対して、7〜10秒以内に緩み切るという設定をかけて治療しています。

 

毎回、内臓治療を行う際は内臓を緩みきるイメージを毎回使って頂ければと思います。

 

③治療者側の体調を万全にしておく

これは、内臓治療に限らないことですね。

オススメは、瞑想やグランディングをしておくといいです。

治療者側がボロボロの状態で治療すると悪い情報が患者様にも伝わってしまいます。

日々、自分の体をメンテナンスすることも行って行きましょう。

 

本日の記事は以上となります。

ご興味あればユーチューブチャンネル登録やメルマガ登録よろしくお願い致します。

もしよければ、FBなどでいいねやシェアをしていただければと思います。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

ピックアップ記事

  1. 【症例報告】胃の治療で「寝違え」の痛みが改善した症例
  2. 仙腸関節アプローチ・テクニックの重要性について
  3. 赤血球の質と冷え性・血流障害
  4. 【膝OA・TKA】膝伸展可動域改善に有効な筋ランキング ベスト5
  5. 脳卒中片麻痺に対する姿勢コントロールの重要ポイント

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【症例報告】内臓治療 腸の調整によりリウマチの左肘痛が改善した症例

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  2. マインドセット

    2018年新年あけましておめでとうございます!1年間振り返ってみました!

    皆様新年明けましておめでとうございます!ALLアプローチ協…

  3. ALLアプローチ協会

    【脊柱管狭窄症】排泄システムが腰痛の原因となっている人の特徴とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき誠にありがとうございます。…

  4. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】便秘に対する内臓アプローチ(大腸の奇形や変形パターン含め)

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  5. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】胸骨・縦隔・胸膜にアプローチ(肺・心臓のつながり)

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  6. 内臓治療

    内臓治療の精度・効果を更に上げる3つのポイントとは?

    内臓治療について・・・From 山口拓也埼玉県 越谷 整体院よ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

 

 

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【筋膜治療】全筋膜ラインのまとめとその活用方法
  2. ALLアプローチ協会

    肋骨と内臓の関係性【内臓治療‐反射点一覧】
  3. 経絡治療

    【経絡】経絡治療の圧倒的メリットとは?
  4. 内臓治療

    内臓治療・感情との関連とは?(上級者向き)
  5. ALLアプローチ協会

    「もどり」が早い人の問題となりやすい内臓システムとは?
PAGE TOP