内臓治療

内臓治療VS頭蓋仙骨療法 どちらが効果が高い・・・?

内臓治療VS頭蓋仙骨療法について

 

From 山口拓也

埼玉県 越谷 整体院より

 

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、本当にありがとうございます!

本日も勉強熱心なあなたに
「内臓治療VS頭蓋仙骨療法 どちらが効果が高い?」
というテーマでお伝えしていきたいと思います。

内臓治療と頭蓋仙骨療法ですが

もちろんどちらも効果が高いです。当たり前ですけどね。

皆さんは、どちらが効果が高いと思いますか・・・?

 

当初の私であれば、内臓治療って答えてましたね(笑)

内臓治療と頭蓋仙骨療法の特徴を1つづつお伝えしていきますね‼︎

 

【頭蓋仙骨療法と内臓治療について】

頭蓋仙骨療法ですが、私自身も初めてやったときは

頭蓋骨のアプローチで効果が出て驚きましたね。

 

ただ、非常に難しい・・・

私も自信を持って行えるようになるまで時間がかかった記憶があります。

効果は出ていましたが、臨床で使いこなせるようになるまでが大変でしたね。

 

頭蓋仙骨療法に比べると内臓治療の方が、使いやすくて内臓治療を中心に使っていました。

 

これを読んでいるあなたも、頭蓋仙骨療法を学んだけど「あまり使えていない」という人が多いのではないでしょうか・・・?

 

【なぜ、頭蓋仙骨療法が臨床に使いにくいのか?】

①単純に習得難易度が高い

セミナー受講生さんでよく聞かれるのが、頭蓋仙骨療法を別のセミナーで学びましたが

「1次呼吸が分からなかった」、「あまりしっかり教えてくれず臨床でも使わなくなってそのまま・・・」

なんて言葉をよく聞きます。

セミナーで学んで使わなくなったら、そりゃーそうなりますよね^^;

 

②メジャー(主要問題点となりにくい)部位となることが少ない

あまり、頭蓋がメインで痛みや症状を作っているということは少ないです。

少ないという表現はよくないですね^^;

痛み治療に関してのみ言えば、少ないって感じです。

自律神経系はとても重要ですよ。

 

③時間がかかりすぎる

頭蓋仙骨療法の最大の弱点ともいっていいですね。

頭蓋骨っていうのは、28個の頭蓋骨で構成されています。頭蓋仙骨療法は極力全部の頭蓋骨をアプローチした方が1次呼吸をベストな状態に持っていけます。

蝶形骨をメインのギアとして動いているので、1個のアプローチでは弱いってところですね。

時間によっては、1個だけ絞ってやるときもありますがそれでも時間がかかる人が多いと思います。

頭蓋治療やるなら、内臓治療や筋膜・骨格治療に時間を当てた方が良いケースが多かったりするのも事実ですね^^;

 

【結局、どちらが効果が高いの?】

内臓治療と頭蓋仙骨療法どちらが効果が高いのか・・・?

それは、治療するセラピストによって変わります。
(注意:患者さんの症状によっても効果は変わりますが、それは省いてます^^;)

そのセラピストが、頭蓋仙骨療法の精度によって変わってくるんです。

なので、ほとんどの人が頭蓋治療より内臓治療の方が効果が高い結果になっていると思います。

 

ですが、私は違います‼︎

内臓治療より頭蓋仙骨療法の方が大きな効果を与えられます。

内臓治療が下手というわけではないですよ(笑)

 

私も昔は、だんぜん内臓治療の方が効果が出てましたし

頭蓋仙骨療法は時間もかかったし効果も乏しかったです。

 

だからこそ、頭蓋仙骨療法を最大限効果が出るように

色々試行錯誤しました。

 

最終的にたどり着いたのは・・・

①エネルギー治療×頭蓋仙骨療法

②頭蓋仙骨療法×軸圧法

を使い1つの頭蓋骨に対して、3秒〜5秒で全ての頭蓋骨を調整するテクニックで臨床に落とし込みました。

さらに、もどりを無くすことと1次呼吸を最大化させるためには

③頭蓋に付着している粗大筋にアプローチすることも分かりました。

 

このテクニックは、難しすぎてプレミアムコースでも教えていないので、興味ある人は聞いてくださいね^^;

最後まで記事を読んでいただき誠にありがとうございました。

本日の記事は、これで以上となります。

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

【FBページ「いいね」を押すと定期的に最新情報を確認することができます。】

 

 

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです↓

ピックアップ記事

  1. 触診の達人になるための「タッチのコツ」【内臓治療等で重要なタッチとは?】
  2. 膝裏の解剖学・血管・筋肉・リンパについて
  3. 【変形性膝関節症】立ち上がり時の痛みへの対策~運動療法・セルフメンテナンス~
  4. 【筋膜×経絡】頑固な側腹部の硬さを効率的に緩めるには?
  5. 理学療法士・作業療法士の開業って実際どうなの?開業の本音!

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【脊柱管狭窄症】排泄システムが腰痛の原因となっている人の特徴とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき誠にありがとうございます。…

  2. ALLアプローチ協会

    内臓評価時間を短縮する問診スキル「東洋編」

    おはようございます。 オールアプローチ協会  鈴木 正道です。…

  3. 内臓治療

    【内臓治療セミナー事前学習】 肝臓アプローチのイメージをより明確にする 前半

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  4. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】心膜リリーステクニック セルフメンテナンス

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカル…

  5. ALLアプローチ協会

    細菌と血液の質が、自己治癒力を高める

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  6. ALLアプローチ協会

    【内臓アプローチ応用】 バランス機能改善と内臓アプローチ

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 内臓治療

    花粉症に対する内臓治療・頭蓋仙骨療法について
  2. ALLアプローチ協会

    内臓治療を内臓以外からアプローチする秘密の方法とは・・・?
  3. 内臓治療

    内臓治療を2倍早く緩める3つのポイントをご紹介【ALLアプローチ協会】
  4. 協会ブログ(セミナー、イベント、情報)

    理学療法士・作業療法士の開業って実際どうなの?開業の本音!
  5. ALLアプローチ協会

    内臓の機能・役割・システムを全解説‼︎ 内臓アプローチをうまく使うためのコツ
PAGE TOP