内臓治療

内臓調整 心臓テクニックが神経的に頸部と関連がある話

内臓調整テクニック 心臓編

 

from 山口拓也 整体院 デスク より

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、 ありがとうございます!

本日は、「内臓調整 心臓の神経的に頸部と関連がある話」について

というテーマでお話をさせて頂きます。

 

皆さんは、内臓調整

している人もいるかと思いますが

心臓に対してのテクニックをしっかり行っているでしょうか?

私の臨床では、ほぼ毎日使っています。

不整脈や高血圧など循環が問題の患者さんは多いですからね。

 

では、心臓は神経のつながりで非常に重要な部位があります。

それはなぜか?

 

1つ目のポイントは横隔神経です。

横隔神経は、上部頸椎(C3〜5)の頸神経叢から出ています。

そして、胸膜と心膜に分かれます。

横隔神経を介して頸椎と心臓が繋がっているということですね‼︎

 

さらに・・・

腕神経叢は第5頸椎の部分で横隔神経と重なっています。

なので、心臓の異常→横隔神経→頸椎・腕神経叢と状態の悪さが続くサイクルが起きてしまいます。

 

そして、3つ目に頚椎と関連する神経として

迷走神経・交感神経があります。

上記の自律神経は、すべての内臓に分布しておりますが

迷走神経・交感神経は、同じ頚椎から出ておりますので頸椎の状態悪化に関連しています。

 

結果、心臓の状態は頸椎の悪化を引き起こし

ストレートネックや肩こり、首こり、ヘルニアなどに強く関連することが分かると思います。

 

そして、上記の神経たちは動眼神経などに分布するので

心臓の悪化は目の疲れなどにも強く影響します。

蝶形骨と心臓のつながりもあるので、目の疲れがある人はぜひアプローチしてくださいね。

 

他にもDFLの関係で

心膜の硬さ→頸長筋・斜角筋→頚椎の硬さの影響もあります。

 

(簡単な心臓セルフメンテナンス )

心臓と頸椎の関連が強いのは分かって頂けたでしょうか?

なので、実は簡単な心臓メンテナンスがあるのですが

反射点マッサージをするだけで心臓メンテナンスができます。

 

反射点は私のメルマガでたくさん紹介させて頂きましたが

最も効果があるのが頸椎(1〜3)の横突起と左第2肋骨です。

 

動画でマッサージ方法について解説しておりますのでぜひ実践ください。

(心臓調整は、最初にやるべき内臓)

心臓テクニックは、全身の血流を流すための重要なポンプです。

しかし、心臓の状態に緊張があると

全身への血流がうまく循環せずに筋膜アプローチをしても緩み切らないという問題が発生してしまいます。

内臓調整でも筋膜を緩み切りたいなら心臓をしっかりアプローチしておきましょう。

筋膜アプローチの前に心臓調整が王道ですね。

 

プレミアムコースなどのセミナーですべての内臓調整のテクニックをお伝えしております。

どの団体よりも分かりやすく効果のあるテクニックをお伝えしてますので

ご興味ある方は、お待ちしております。

 

最後まで記事を読んで頂き誠に有難うございました。

ALLアプローチ 代表 山口拓也

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【一般社団法人 ALLアプローチ協会認定プレミアムコース】

【代表のSNSはこちらから↓】
【代表 ツイッター】

【代表 インスタグラム】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 呼吸が浅い方へのアプローチ方法とセルフメンテナンス について
  2. 【骨格調整】脚長差が体に及ぼす影響(腰痛)(股関節痛)
  3. 【肩こり治療】内臓と感情が肩こりへ与える影響
  4. 【頚椎症】首の痛みの改善に重要な筋・筋膜アプローチ
  5. 【エネルギー療法】エネルギーを使うといつももらってしまうあなたへ

関連記事

  1. ALLアプローチ協会
  2. 山口拓也

    心理学を用いたラポールの作り方

    皆さん、こんにちは! ALLアプローチ協会代表の山…

  3. ALLアプローチ協会

    認知的不協和テクニック【 簡単に相手の信頼を得られる方法!】

    認知的不協和テクニック【簡単に相手の信頼を得られる方法…

  4. 山口拓也

    治療テクニックの順番は何からやるのか?

    from 山口拓也 整体院 デスク よりいつもALLアプローチ協会…

  5. 内臓治療

    内臓治療VS頭蓋仙骨療法 どちらが効果が高い・・・?

    内臓治療VS頭蓋仙骨療法についてFrom 山口拓也埼玉県 越谷…

  6. 内臓治療

    【内臓治療セミナー事前学習】 肝臓アプローチのイメージをより明確にする 前半

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. セルフメンテナンス

    【自律神経アプローチ】自律神経セルフケアの重要性
  2. 内臓治療

    内臓治療 心臓編 【生理学 テクニック マニュピレーション 効果】
  3. ALLアプローチ協会

    触診の極意「触診の在り方」とは?
  4. ALLアプローチ協会

    腰部脊柱管狭窄症で治療すべき内臓治療とは…?【病態~特徴~治療まで】
  5. ALLアプローチ協会

    グランフェルト三角について・・・上腰三角の重要性!
PAGE TOP