ALLアプローチについて

大網、小網の機能って知ってる?内臓治療に活用する!【免疫】

大網、小網の機能って知ってる?内臓治療に活用する!【免疫】

皆さん こんにちは 
ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
大網、小網の機能って知ってる?内臓治療に活用する!
というテーマでお伝えしていきます。

皆さん、あまり大網や小網の重要性を認識されていない方が多いと思いますので
大網や小網について書かせて頂こうと思います!

【大網や小網の機能って何?そもそも何なの?】
まず、大網や小網は腹膜です!腹膜は他にも多くありますが、その中で大きい腹膜がこの2つです!

大網の付着している部位は、胃の大弯から下方に向かって付いていて腸まで幅広くあります。

小網の付着している部位は、胃の小弯と十二指腸に続いております!

どちらも、通路の役割もあり迷走神経や固有肝動脈などが通っています!

私も内臓治療を始めたばかりはあまり重要視していなかったのですが非常に重要な部位ということに気付きました!

それは・・機能を知ったからです!

【大網の機能って?】
一言でいうと
腹部をパトロールし守ってくれているのです!
※すいません!簡単に言いすぎましたね。

しっかり説明すると……

腹膜である大網は、内臓などの炎症や損傷後の炎症もですが、その部位の箇所を大網が包んでくれて
炎症を腹膜内全体に波及しないように防いでくれているのです!包み込むんですよ!

移動性に優れていますからね!

この際に、大網は脂肪の貯蔵とも関与しているのですが
炎症を抑える際にも使われるそうです!脂肪を利用して包み込むんですね!

具体的に話すと、

内臓疲労からくる炎症以外にも、手術後などの炎症や傷が他の内臓に影響しないように固定目的で包み込みます!

ということは・・・

他にも大網にはリンパ球・形質細胞・脂肪組織が集まっており抗炎症作用に長けており

免疫にも非常に関与しております。マクロファージが集まるところですから!

小児は、腹膜が発達していないので炎症すると厄介ですね。炎症が広がりやすいので注意しなければなりません。

ちなみに大網は胆のうに集まりやすいということが分かっています!

これは、胆のうから出る胆汁が発がん性物質であるからと言われておりますね!

なので……

腹膜が硬いと内臓のパトロール隊がいなくなってしまうので

ぜひ、腹膜の治療もしてみてください!硬い人多いですよ!

治療内容は、セミナーにて詳しく解説しておりますので楽しみにしてください!

本日の記事はこれで以上となります!
毎日知識や治療についての知識がたっぷりのせたメルマガを配信しておりますのでご登録よろしくお願い致します!
ユーチューブも行っておりますので、そちらのチャンネル登録もよろしくお願いします!

【前回の復習はこちらから↓】
副腎の重要性について
https://goo.gl/Qar9Ep

【治療の関連記事はこちら↓】
心臓 解剖学的特徴 膜について
https://goo.gl/YmJ2UR

頭蓋治療について
https://goo.gl/FaARp6

それでは、また明日!
山口 拓也

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 坐骨神経痛で見るべき筋膜・骨格・内臓治療とは…?【病態と特徴を踏まえて】
  2. 臨床・治療場面で使える良い油の選び方、指導方法【内臓に負担をかけない方法】
  3. セラピストのためのタッチの精度を極限まで上げる3つのポイント
  4. 【筋骨格治療】階段昇段時の膝の疼痛でアプローチすべき筋は?
  5. 患者さんはこれを求めている! 自己重要感の大切さ……

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】内臓由来の関連痛 背部の痛みと痺れ

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  2. ALLアプローチ協会

    冷え性改善治療【内臓アプローチや筋骨格テクニック】

    冷え性改善治療【内臓アプローチや筋骨格テクニック】From 山口拓…

  3. 山口拓也

    頸椎の重要性【筋膜・ジンクパターン・内臓治療との関連】

    頸椎の重要性【内臓治療との関連・ジンクパターン】皆さん こんに…

  4. セルフメンテナンス

    赤血球の質と冷え性・血流障害

    おはようございます。all アプローチ協会 鈴木 正道です。本…

  5. 五十肩

    経絡+キネシオロジー 肝経を使って筋にアプローチ 五十肩 頚椎症 猫背

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

  1. 内臓治療

    膵臓治療について【反射点一覧・内臓治療 膵臓編】
  2. 健康・体質・栄養

    花粉症に対する、内臓・頭蓋治療+食事指導
  3. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法セルフメンテナンス指導【1人で行える頭蓋治療編】
  4. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】内臓のマルチタスク・内臓治療の禁忌と留意について
  5. ALLアプローチ協会

    知るだけで治療効果があがる内臓治療の基礎知識
PAGE TOP