内臓治療

心臓反射点一覧~治療まで、筋膜の関係性 【心臓₋反射点₋筋膜】

心臓反射点一覧~治療まで、筋膜の関係性 【心臓₋反射点₋筋膜】

皆さんこんにちは!

ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、

ありがとうございます!
 
前回は、どんな人でも行動できるようになる秘密のルールとは?
というテーマでお伝えしました。
 
復習はこちらからどうぞ
https://goo.gl/Cctmz5
 
 
今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
心臓の反射点一覧~治療 筋膜の関係で
というテーマでお伝えしていきます。

【心臓の反射点一覧】

・頭蓋骨……蝶形骨

・左母指球中央

・上腕骨内側

・下肢の腓腹筋アキレス腱移行部

・体幹左第2肋骨中央

・胸椎1番

心臓評価~治療で使う反射点一覧です。

ここに圧痛や硬さを見て心臓を評価します。

【心臓治療どんな人に使うのか?】

主に循環器系の問題です。

・冷え性

・自律神経障害の問題

・左肩・首の痛み⇒横隔神経の関係で腕神経叢と重なりがあり痛みが出現しやすい!

・頭痛(こめかみ)⇒蝶形骨と関与している

・高血圧

・ストレスにも注意!

・DFL(ディープフロントラインにも関係しているので見てください。)

・大腰筋と関係性があり腰痛ンの方にも行います。

【心臓の経絡アプローチについて】

心経は、上腕の内側内側を通っています!第4指外側をマッサージしましょう!

ここの井穴か経穴のアプローチを行いましょう!動画でご紹介しているので是非ご覧ください!

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!
それでは、また明日!

山口 拓也
本日の記事はいかがでしたか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. あなたの人生の価値基準知っていますか?
  2. 腰痛といえば、腸腰筋アプローチ(触診・機能・役割)
  3. 内臓治療を患者様から怪しまれずに上手く説明するには?
  4. 魔法の脳内伝達物質エンドルフィンを治療に生かす方法とは・・・?
  5. ラポール形成テクニック① なぜ、苦手な患者さんに対応できないのか?

関連記事

  1. 内臓治療

    【経絡・内臓治療】東洋医学における脾臓と肺

    みなさん、こんにちは。ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。本…

  2. ALLアプローチ協会

    セラピストが最低限知るべき栄養学の知識とは?

    セラピストが最低限知るべき栄養学の知識とは?皆さん こんにちは…

  3. 山口拓也

    ラポール形成テクニック② オウム返しの重要性

    皆さんこんにちは ALLアプローチ協会代表の山口拓…

  4. ALLアプローチ協会

    【症例報告】リウマチの症状に圧倒的な結果を出した2症例

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  5. ALLアプローチ協会

    知るだけで治療効果があがる内臓治療の基礎知識

    みなさん、こんにちは。ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。…

  6. ALLアプローチ協会

    【内臓治療に必須】食事を食べてから排泄されるまでの時間経過・流れについて

    from 山口拓也 整体院 デスク よりいつもALLアプローチ協会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    大腸の解剖学的特徴(トルツ筋膜ってなんだ?)
  2. ALLアプローチ協会

    年間コミニティー×オンラインサロンについての話
  3. 内臓治療

    【体質改善】内臓治療で周波数の調整をする治療が大変だというあなたへ・・・
  4. ALLアプローチ協会

    【頭蓋×筋膜】顎二腹筋・後頭下筋 リリーステクニック&セルフメンテナンスを公開し…
  5. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】立ち上がり時の痛みへの対策~運動療法・セルフメンテナンス~
PAGE TOP